Heading


こんなことでお悩みの社長はぜひご参加ください!

  • 感覚で経営をしている
  • 経営の見える化ができていない
  • 見える化するためにExcelでグラフを作るが時間がかかりすぎる
  • 数字が蓄積されていない
  • 今すぐ欲しい数字が出てこない
  • コックピット経営をしたいがなかなか実現できない
  • そもそもどんな数字を把握したほうがわからない

このようなお悩みを抱えている社長に、特にオススメのセミナーになります。


自社の経営の状態を的確に把握しているか?


自社の状態を的確に把握するということは、経営においてとても大切なことです。
かの有名な京セラ・KDDIの創業者である稲盛和夫氏がビジネスハーバードレビューで
経営を把握することの大切さを力説している記事がありました。
その記事にはこのように書かれておりました。

経営者とは操縦席に座っているパイロットみたいなものです。飛行機のコックピットに座ると前に計器がズラリと並びます。

パイロットはそれをみて操縦します。同様に経営においても、経営判断の指標となる数値が経営者に
把握できるようなシステムがなければ、いくらすばらしい着想を元にビジネス展開を図ろうとも、
経営はうまくいくはずはありません。


また、どういう指標が経営者の前に出てくるようにするかというのも大変重要になります。
もし、経営に必要な指標がすぐにわからないようになっていたらそれは目をつぶって飛行しているのようなものです。


引用

自社専用のコックピットを作ろう!

優秀な経営者の方ならもうすでに
コックピット経営の重要性を
把握していると思います。

しかし、その必要性を理解しながらも
やっておられない経営者の方が
多いのも事実です。


ほとんどの会社がコックピットを作れない理由

  • 集めたデータをExcelで加工するのにも時間がかかる

  • やっとの思いで集計したがリアルタイムではない

  • そもそも、どの数字を集めればいいかわからない

  • データがバラバラで集めるだけでも一苦労

  • 営業部と経理部で数字が違う


上記の問題などがあり、コックピット経営を実行できないケースが多いです。

今回、我々ビジネスバンクグループが1万5千人の経営者をみてきた中で経営における
必要な指標の作り方、見方、社長が抑えるべき数字についてお話させていただきます。
特に今回はわかった小さな会社、創業5年以上の会社に必要なものに焦点を絞りました!

本セミナーに参加していただきますと下記のような効果が見込めます!

  • あなたの会社の見るべき指標がわかり自社専用のコックピットが作れます
  • コックピットをリアルタイムで表示する方法をお伝えします
  • 感覚ではなく、事実にもとづいて経営できるようになります
  • やるべきことの優先順位が明らかになり経営効率が上がります
  • 事業の成長やリスクが見える化されます

あなた専用のコックピットを作り感覚で行っていた経営から脱却していきましょう!

FAQと満足保証は入れてもいいかも
あと講師プロフィール