神様に願いが届く神社巡り

あなたは、神様への願いの届け方を知っていますか?
あなたは、もっともっと楽しくなる神社巡りを知っていますか?

神様は、どんな人でも、どんな願いでも、叶えようとしています。
でも、もしあなたの願いがなかなか叶わないのであれば、それはあなたの願いが神様にちゃんと届いていないだけなんです。

そして、神社のこと、神様のことをもっと身近に感じることができたなら、今までの神社巡りよりも、ワンランク上の楽しさを知ることができると思います。

神様への願いの届け方や神社巡りがさらに楽しくなるよう、この神社巡りを通して、お伝えできればと思っています。

あなたの願いが、どうぞ届けられますように。
あなたの神社巡りが、もっと楽しくなりますように。

はじめまして はとさとこ と 弥坂青龍 です

あなたの願いを届けるために必要なことってなに?

人とのお付き合いで、相手を知ろうとせず、相手にだけ何かを求めても、良いお付き合いはできません。

同じように、神社を知らないまま、神様を知らないまま、ご利益だけを求めても、神様に願いは思うように届きません。

今回の特別限定神社巡りでは、はとさとこ氏が神様の言葉を参加者のみなさんにお伝えし、弥坂青龍氏が神社参拝法と祀られている神様の解説をしていきます。

神社を知り、神様を知って、あなたの願いが届けられるような神社巡りになるよう、お伝えします。

神社参拝の基本を知っていますか?

ここ数年の神社巡りブームにより、神社へご参拝する方が増えましたが、一方で神社参拝の作法を知らない方、御朱印をスタンプラリーの様に扱う方、ご参拝する神社のことを知らない方、祀られている神様を知らない方なども増えました。

神様はご参拝する方がどんな方であろうと、時には優しく時には厳しくいつも見守っていてくださいますが、やはり人の世界と同じように作法をしっかり身につけている方の方が、神様から一目を置かれ、より多くのご利益を授かることができます。

神様のご神徳が違うことを知ってますか?

神様にはそれぞれにご神徳に違いがあり、お願いごとの種類によって、そのお願いにぴったりの神様を知った上でお伝えした方が神様も喜んで後押しをしてくれます。
この神社巡りでは、神様のご神徳についてのお話もさせて頂きます。

※ご神徳:「神の恵み」。神様から得られるご加護や神様によっておこされる奇跡的な事象

11月2日(土)
限定特別神社巡り

《スケジュール予定》
    
10:00:東京大神宮前集合 自己紹介
    
10:15:~ご縁良縁に恵まれる~
東京のお伊勢様 東京大神宮ご参拝

・東京大神宮主祭神様から参加者に向けたメッセージ
    
11:20:~行動力・運氣アップ~
東京大神宮のご利益をさらにアップ
赤城神社ご参拝

・赤城神社主祭神様から参加者に向けたメッセージ
    
12:00:~赤城神社の神力宿る摂社~
八耳神社、出世稲荷神社、東照宮、観音様、蛍雪天神ご参拝

・それぞれの神様から参加者に向けたメッセージ
    
12:45:飯田橋駅付近カナルカフェでランチ
    
14:00:解散

参加費:¥12,000(交通費・ランチ代などは自費)

各神社での神様メッセージが付きで、充実した4時間になることをお約束します。
東京大神宮
【東京のお伊勢様 東京大神宮】
ー主祭神ー
◉天照皇大神 (あまてらすすめおおかみ):伊勢神宮・内宮のご祭神。太陽を象徴する女神、高天原(天界)の主宰神、皇室の祖神、日本民族の総氏神
◉豊受大神 (とようけのおおかみ):伊勢神宮・外宮のご祭神。食物・穀物を司る女神。農業・産業・衣食住の守護神ー配祀神ー
●造化三神:
ー天之御中主神 (あめのみなかぬしのかみ):最初に出現した宇宙の根源の神
ー高御産巣日神 (たかみむすびのかみ):万物再生の神
ー神産巣日神 (かみむすびのかみ):万物生成の神
●倭比賣命 (やまとひめのみこと):大和から諸国を経て伊勢に入り、神託により伊勢神宮内宮を創祀した皇女、絶世の美女

ー神社の説明ー
東京大神宮は、伊勢神宮の東京遥拝殿として、明治13年に創建された神社です。伊勢神宮を東京に勧請した神社なので、東京大神宮の参拝は、伊勢神宮を参拝することにつながります。太陽の象徴である女神「天照皇大神」、男女のムスビを象徴する「造化三神」、絶世の美女といわれる「倭比賣命」が祀られているので、女性の縁結びのご神徳を授かることができる神社として東京一有名な神社です。ご神徳を授かり、良縁を得られた女性の口コミによって、全国各地から同じくご神徳を授かるために多くの女性が訪れます。

ーご神徳ー
★良縁・恋愛成就
★女性の魅力アップ
★対人関係・夫婦関係円満
赤城神社
【オシャレな神社 赤城神社】
ー主祭神ー
◉磐筒雄命(いわつつおのみこと):学問芸術の神、火防の神
◉赤城姫命(あかぎひめのみこと):女性の願い事を叶える女神様

ー神社の説明ー
女性の願いを叶えてくれるパワースポット。
主祭神の磐筒雄命(おおつついわおのみこと)は、火之迦具土命(ほのかぐつちのみこと)の血から生まれました。また、ご神徳は、産業振興、厄除、学問芸術、火除などがあります。
赤城姫命は、一説には大胡氏の姫君ともいわれています。群馬の赤城神社に伝わる伝承では、継母から命を狙われた国司の娘が赤城山中に逃れ、龍神の導きによって大沼の守護神となり赤城大明神になったというものがあり、これが赤城神社が縁結びや安産など、女性にご神徳がある女神の力といわれる由縁です。

ーご神徳ー
★縁結び・良縁成就・夫婦円満・安産など
★殖産興業・厄難消除
出世稲荷・八耳神社・東照宮
【出世稲荷・八耳神社・東照宮】
ー出世稲荷主祭神ー
◉宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ):古事記ではスサノオとオムオオヒメの子供、日本書紀ではイザナギとイザナミの子供 

ー八耳(やつみみ)神社主祭神ー
◉聖徳太子:本名 厩戸豊聡耳皇子(うまやどのとよさとみみのみこ)、一度に十名の意見を聞き分けるほど耳が良かった

ー東照宮主祭神ー
◉徳川家康公:戦国時代に終止符を打ち天下泰平の大願成就を成した江戸幕府初代将軍

ー神社の説明ー
元々稲荷神社は百済かの渡来人、秦氏が信仰していた神社でありました。秦氏は農耕、土木、鉄鋼などに長けており、秦氏を重用した豪族は大いに発展し、民もまた秦氏の教えのまま農耕に励み、五穀豊穣に恵まれました。

八耳(やつみみ)神社は聖徳太子をお祀りした太子堂で、耳の病気平癒にご利益があり全国から参拝者が訪れます。
八耳さまと3回唱えてお参りすると良い知恵が浮かぶというご利益があります。

東照宮は徳川家康公をお祀りしており、大願成就のご利益があります。

ーご神徳ー
★商売繁盛、産業興隆、芸能上達、家内安全、五穀豊穣
★耳の病気平癒
★大願成就、仕事運、上昇運、勝負運
出世稲荷・八耳神社・東照宮
【出世稲荷・八耳神社・東照宮】
ー出世稲荷主祭神ー
◉宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ):古事記ではスサノオとオムオオヒメの子供、日本書紀ではイザナギとイザナミの子供 

ー八耳(やつみみ)神社主祭神ー
◉聖徳太子:本名 厩戸豊聡耳皇子(うまやどのとよさとみみのみこ)、一度に十名の意見を聞き分けるほど耳が良かった

ー東照宮主祭神ー
◉徳川家康公:戦国時代に終止符を打ち天下泰平の大願成就を成した江戸幕府初代将軍

ー神社の説明ー
元々稲荷神社は百済かの渡来人、秦氏が信仰していた神社でありました。秦氏は農耕、土木、鉄鋼などに長けており、秦氏を重用した豪族は大いに発展し、民もまた秦氏の教えのまま農耕に励み、五穀豊穣に恵まれました。

八耳(やつみみ)神社は聖徳太子をお祀りした太子堂で、耳の病気平癒にご利益があり全国から参拝者が訪れます。
八耳さまと3回唱えてお参りすると良い知恵が浮かぶというご利益があります。

東照宮は徳川家康公をお祀りしており、大願成就のご利益があります。

ーご神徳ー
★商売繁盛、産業興隆、芸能上達、家内安全、五穀豊穣
★耳の病気平癒
★大願成就、仕事運、上昇運、勝負運
神様に願いが届く神社巡り

案内者紹介

はとさとこ
1978年11月19日生まれ 横浜市在住。
私の性格は、明るく、元気。
穏やかで全てを受け入れてくれる人、と言われます。

現在子育て中のママであり、2009年、2013年に2人の男の子を出産しました。
主人は7つ年上で、一年間の遠距離恋愛を経て結婚しました。

私がリーディングが出来るようになったのは、ひょんなきっかけからでした。
2010年、友達にレイキヒーリング(気功の一種)を流したところ、声が降りてきたのでそのメッセージを伝えたら、当たっていると驚かれました。

2014年、友達がネットでアクセサリー販売を始め、他と差別化したいと言ったので、
私がリーディングをして、アクセサリーと共に『今あなたに必要なメッセージをお付けします』というサービスをしてみては?と提案しました。

その後、練習も兼ねて友達の両親、姉、姉の友達など会ったことの無い方への遠隔リーディングを次々と成功させました。
それと並行してブログを作成。

流れる様に現在に至ります。

また、2018.11から悩みの根っこを根本から解決する、【マインド再構築メソッド】を並行して実施。ネガティブな方、3年以上自己啓発、心理学の勉強をしても変わり切れていない気がする方、とにかくラクになりたい方、現状を変えたい方に、今までと違った目からウロコのメソッドをお伝えしています!!
弥坂青龍
神社庁公認 公益財団法人日本文化興隆財団神社検定合格

《大好きなこと》
◉神社巡り
◉美しい景色を観る
◉人を笑顔にすること

《お役に立てること》
◉その人の道開き・魅力開花
◉その人の質に合った神社結び
◉その人の氏神様と産土神様を調べる
◉先祖から受け継ぐ才能を見極める家紋鑑定
◉その人の氏神様と産土神様と願い事を合わせて、その人だけの最幸神社を厳選する

千葉の八坂神社の側で生まれ、産土神として建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと:結び、繁栄、愛情、難除けの神)が守護神様としてついてくださる。

先祖代々の氏神様は、白髭神社の猿田彦神(さるたひこしん:道開きの神)であり、自分自身だけでなく、周りの人たちの道を開く力に恵まれている。

幼いころに村のしきたりの中で育ちながら、人の鑑識眼が養われ、その人の本質が見えるようになり、17歳の時から村の年上の方から様々な相談を受けるようになった。

それから30年以上、道開きの力と鑑識眼と様々な経験を経て、人の道開き、魅力開花の役目に務めている。

道が開けた人からは「御守りのような人」と言われている。
ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください