このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
Kindle

電子書籍プロデュース

誰でも簡単に作家に!
突然ですが、電子書籍をご存知ですか?

Webマーケティングで培ったITナレッジを活かし、皆さまに沿ったメリットある電子書籍出版をプロデュースいたします。


急激なテクノロジーの進化によって様々なモノが電子化されて、私たちは色んな端末で場所を選ばずに様々なコンテンツを利用できるようになりました。

私たちに知識を与えてくれていた『書物』も、電子化され携帯端末等で利用することが出来るようになりました。
この電子書籍の市場は現在著しく成長しており、2017年までの7年間で約4倍にまで成長し、2200億円以上の市場規模になっています。

さらに2020年頃には3000億円以上になると見込まれており、この3000億円市場を圧倒的な規模で大きく牽引しているのが、Amazonが展開している電子書籍サービス「Kindle」なのです。

正確なデータは公開されていませんが、電子書籍ユーザーの半数以上がKindleユーザーであるという説を裏付けるデータもあります。

電子書籍を使ったことがある、なしに関わらず「電子書籍」や「Kindle」という言葉を一度は聞いたことがある方がほとんどではないでしょうか。

ですが、ほとんどの人には「Kindle」の裏に潜んでいる驚愕の事実がまだまだ認知されていません。
その驚愕の事実とは、誰でも「Kindle」に電子書籍を『無料』かつ『何冊』も出版することができるということです。

今までは個人で「本を出す」ということを実現するためには出版社に100万円単位のお金を支払い自費出版をするという方法が基本でした。

しかし電子書籍、「Kindle」の誕生はこの常識を完全にひっくり返したのです。

エクスタブックでは、この「Kindle」という電子書籍プラットフォームを利用することで、一切費用をいただくことなく、あなたの作家デビューを完全プロデュースすることすら可能です。(※その場合は売上の中から双方に分配という形になります)

とは言え、今まで壁の高かった「本を出す」ということを考えていた、いう方は決して多くはいないと思いますので、まずは電子書籍を出版すことで得られる3つの大きなメリットを紹介いたします。

電子書籍版3つのメリット

巨大権力Amazonを集客メディア化

電子書籍はメルマガやLINE@への誘導が効果的にできます。
紙媒体の書籍では、登録しているページに移動するためにはURLを手打入力しなければならず、その煩わしさが登録の障壁になっていたと言えるでしょう。

ですが、電子書籍であればURLを手打ちせずともワンクリックで登録ページへ誘導することができるため、紙の書籍と比べて顧客リストの取りこぼしが圧倒的に減ります。

これにより、読者のリスト流入率を大幅に上げる手法をシェアすることができます。それらを使用することで、ただでさえリスト取得が見込める電子書籍の集客効果を2倍・3倍に向上させることが可能になります。

つまり電子書籍というのは、世界最大のECサイト「Amazon」の圧倒的集客力をタダで使える最強の集客ツールといっても過言ではありません。

例えるならば、ショッピングモールの中に家賃無料で自社ブランド店舗が出店できるということなのです。

集客から営業まで一貫した訴求力の向上

電子書籍はあなたに「作家」という社会的地位を与えてくれます。
「本を出している人」といったらどんな人を思い浮かべますか?

大学の研究室の教授・ビジネス塾の講師・CEO、著名タレントなど、世間のイメージは「雲の上の凄い人」ではないでしょうか?

つまり、出版をすることであなたもその「凄い人」の仲間入りができます。

また、人は自分よりも社会的地位の高い人や、その道の専門家、などの肩書きを持つ人に対して盲目的に従ってしまう「権威性」という心理が働きます。

「本を出している」という実績は、この「権威性」が非常に強く働く要素の1つなのです。

したがって、成約率や訴求力の大幅な向上が見込めます。

さらに、SNSプロフィールやブログのサイドバー等に自身の出版した本の表紙画像やリンクを載せることで、「本を出版している」というブランディングを持ってプロフィールを構築することができるようになります。

そのことにより、これまで使用されていた集客メディアからの訴求力も向上し、更なる集客力増強を見込めます。

今まで夢だった印税収入

書籍の出版となると、出版=印税という権利収入のイメージが付いてくるでしょう。

当然、Kindleでの電子書籍出版においても印税は発生します。

それでは、紙媒体の書籍の印税率をどれくらいかはご存知でしょうか?

「30%くらいは入るのでは?」と思っている方が多いのようですが、実際は約7%前後であると言われています。

「えぇ…やっぱり印税で暮らすのは難しいんだな」と思った方へ、驚くべき事実があります。

Kindleは紙の書籍とは異なり、紙や印刷などのコストが不要の為、エクスタブックで作家デビューをされた方には利益の20%分の印税をお渡しすることが可能です。(著者様には費用などは一切発生せず、販売促進の費用などはこちらが負担いたします)

ここでよ~く考えてみてください

ここまででお伝えしたように、Kindleというプラットフォームを使えば誰でも電子書籍を出版し作家になる事が可能です。

ですがはたして、「全く聞いたことのない作家が出した、なんだかよく分からない本をお金を出してまで読みたいと思うでしょうか?」

常識的に考えて、答えはNoであると言わざるを得ません。

更にはっきり言ってしまうと、全くの素人の方が独自の手法で電子書籍を出版するというのは大変な作業ですし、出版したところで早々には売れないのが実情です。

時間を浪費するだけの結果に終わってしまいます。

しかし、私たちにはトップレベルのWEBマーケティングナレッジや圧倒的なリサーチ力があります。このナレッジやリサーチ力と数千冊規模の出版データを最大限利用することで完成したノウハウを使えば、あなたが自分で出版するよりも多く販売することができます。

さらにエクスタブックでの電子書籍出版は、書籍のプロデュース料から販促費用まで全てこちらの負担で行いますので、あなたの費用の持ち出しは「1円」もありません。

出版しても売れるかどうか分からない先行投資型の自費出版とは違い、最悪全く売れなかったとしても、あなたが金銭的損失を被ることはありません。

また、出版コンサルタントの指示の通りに原稿をお渡し下されば、書籍の製本・表紙作成・本の説明文など、面倒な制作作業から、重要になる販売促進まで全てエクスタブック側が行います。

あなたにやっていただきたいことは、原稿をまとめること、たったの1つだけです!

更に…

知られざるサイト電子書籍化のメリット

流入チャンネル

電子書籍は本文の中にURLを挿入することが可能です。
紙媒体の書籍と違いURLを手入力することなくワンクリックでリンク先へ飛べるのは大きな強みとなります。
このシステムを上手く使うことで電子書籍は優秀な流入チャネルとなります。
本来WEBサイトへの流入を高めようとすると莫大な時間とコストが生じるSEO対策(検索エンジンで上位表示されるための対策)は避けることができません。

しかし、エクスタブックが出版に使用するKindleは、月間のPV数が3億を超えているECサイト「Amazon」の一部です。
このKindleというサービスに、WEBサイトのURLを貼った電子書籍を並べることができるということになります。
あなたのWEBサイトがSEO対策のされたPV数が多い場所に最初から露出することができると言っても過言ではありません。
アフィリエイト加速
電子書籍は書籍内にURLを載せることはできますが、ASP経由のアフィリエイトリンクを貼り付けることはできません。
しかし、電子書籍を使ってサイトアフィリエイトを加速させることは十分可能です。
無料で読めるブログとは違い、電子書籍は読者が金銭を支払って読んでいます。
そのため、書籍に書かれているであろうジャンルの内容に対しての読者の興味関心度は非常に高い、というのは容易に想像がつきます。

このような興味関心度の高い顧客を書籍内で育て、ご自身で商品を紹介しているWEBサイトに誘導できれば、かなりの確率での成果発生を見込むことができます。
もちろん、こちらからはアフィリエイト報酬から取り分を頂くことはいたしません。
例:美容品のアフィリエイトをやっている場合は、健康や美容等に関する電子書籍を作成し「そのためには〇〇が良い、詳細はこちら」といった内容でご自分のアフィリエイトサイトに誘導する。。

出版までの流れ

STEP 1 契約

出版契約書をご確認頂き、契約を行います。
ご執筆いただいた原稿の買取りか(一件2000円~)、
出版後に印税を受け取れる提供か(この場合買取りはいたしません)お伝えください。(ブロガー様には原稿を提供していただくことをお勧めしております)
契約書はお問い合わせ頂いた際に、メールにてお送りいたします。
また、エクスタブックでは電子書籍に関わっていることもありペーパーレス化を推進しております。
そのため、法的拘束力を持つオンライン契約締結サービスを使用し、契約を結ばさせて頂いております。(オンライン契約サービスにかかる費用も私たちで負担いたします。)

STEP 2 原稿の制作

原稿を仕上げて頂きます。原稿のご提出は、テキストファイル形式(.txt)で、1冊あたり10000~15000文字程度でまとめて頂くようお願いしております。また、文字数がこれ超える場合はシリーズ化して複数冊での出版を提案させて頂きます。

STEP 3 弊社処理&確認

頂いた原稿を元に弊社側で表紙作成や出版処理を行います。もちろん、出版前に表紙をご確認頂くことは可能です。
しかし、弊社のノウハウを元にデザインのプロが作っておりますので、特定の文言を使わないで欲しいと言ったご依頼以外、基本的にデザインに対するNGはお断りさせて頂いております。
また、原稿を頂いてから弊社側の出版処理が完了するまで3日〜7日頂いております。
その後Amazon側の審査があり、1日〜3日後にはマーケットプレイス上に並ぶこととなります。

STEP 4 販売促進

マーケットプレイス上に本が並んだら、弊社側で販売促進活動を行います。
その際、ご自身のブログやSNSで書籍をご紹介頂ければ、更なる売上UPとブランディング効果によるご自身の訴求力UPが見込めます。

STEP 5 2冊目の出版へ

電子書籍を出版できる数の上限はありません。そのため、これまでに書いたブログの記事をまとめていけば2冊目・3冊目と短期間で増やしていくことも可能です。
また、シリーズ化できれば、過去のデータを見ても売上が増えることが多いと言えます。

プロデュース作品

よくあるご質問

Q
出版後の売上ロイヤリティはいくらですか?(原稿提供で契約された場合)
基本20%をお支払いしております。
他社様の出版代行システムの場合、初期アカウント費用やシステム利用料が課金されたりし、結局著者様に金銭的な負担が生じることが多々ありますが、弊社のサービスはお客様側で負担して頂く費用は一切ございませんので、この20%のロイヤリティーは著者様が全て受け取ることができます。
また、ブログ内でアフィリエイトをやっている場合、その記事に電子書籍から誘導し、アフィリエイトリンクを踏ませるといったことも可能です。もちろんのこの場合、発生したアフィリエイト報酬の一部を弊社が頂くようなことはございません。
Q
書籍は、何文字以上など文字数の規定はありますか?
文字数については、特に規定はございませんが、15000文字程度をおすすめしております。(※電子書籍の特質上、20ページから60ページのコンテンツを、数百円程度で販売されている方が多いです。)
Q
絵本や漫画のようなフォーマットでも、kindleで出版できますか?
はい、絵本や漫画、画像集などの出版も問題なく承っております。
Q
自費出版と比較して、どのような点が優れていますか?
出版までこちらが全て代行いたします。
紙の本ですと印刷代金などがかかってしまいますが、一切費用をかけずに出版することが可能です。
また、電子書籍を通じて自己ブランディングや集客の向上にも役立ちます。
Q
エクスタブックで出版しているということは、購入者から見て分かりますか?
基本的には、エクスタブックからの出版という形で出版させて頂きますが、ご希望があればエクスタブックという名前を伏せて出版することも可能ですので原稿提供の際にその旨お伝えください。
Q
販売促進活動の内容を教えて貰えませんか?
販促・売れるためのデータ・売るためのノウハウに関して内容をお伝えしてしまうというのは、情報流出による既存クライアント様利益減少の可能性を生じさせ、我々が膨大なお金と時間を使って得たノウハウを無料公開してしまう形になってしまいますので、詳細な部分までお答えできないことをご了承頂けますと幸いです。
簡単にいうと、弊社の販売促進活動では主にランキングを上げることに注力しており、Amazon内での露出が増えKindleユーザーが当該書籍を買うという選択肢を増やすという取り組みをしています。
Q
私は何をすれば良いんですか?
原稿を作成する手順に従って作成、又はブログの記事を元にまとめて頂くだけで大丈夫です。
その他の作業は全て弊社が行います。
Q
何を書けば良いですか?
基本的にはご相談の上、ジャンルとテーマを決めて書いていただくことになります。
又、書籍の中身を1から作って頂くのではなく、ブログの内容を書籍化するというご提案もございます。
そうすることによって、書籍の中身を新しく0から考えて頂く必要はほとんどなくなります。
Q
どれくらいの売上が見込めますか?
出版というと、著名人が紙ベースの書籍を出版してウン千万円稼いだという話がバラエティー番組などでよく取り上げられるので、そのレベルをイメージされてしまう方も多くいらっしゃいますが、正直な所そのレベルの売上が上がる可能性は低いと言えます。
過去に出版された方の最高額は年間で250万円ほどです。
しかし、既にある原稿を編集する形で書籍化を目指すこともできますので、時間的コストをかなり節約することもできます。
そのため、イメージ的にはブログのアフィリエイト報酬が違った形で少し増えるというような認識を持って頂く形が一番良いかもしれません。
もちろん、印税面に関心を持たれるクライアント様もいらっしゃいますが、PV数UP、アフィリエイト報酬UPの部分に関心を持って頂く方が多いです。
Q
イラストを混在させたデザインの書籍は作れますか?
可能なデザインと不可能なデザインがございますので、書籍内にイラスト等を挿入されたい場合はその旨お伝え頂ければ対応させて頂きます。
ただし、イラストをこちらで用意するといったサービスは行なっておりませんので、ご自身で準備して頂く形となります。
Q
原稿はいつまでにエクスタブックに納品すれば良いですか?また、これに間に合わない場合違約金などが発生しますか?
基本的に契約日から1ヶ月以内を目安に原稿を頂いておりますが、間に合いそうにない場合は多少お日にちを伸ばすことは可能です。
また、それに伴い違約金等は頂きません。
しかし、提出期限1〜2日前などの直前のご連絡や、間に合いそうにないから書籍の出版自体を取りやめるというようなこととなると大きな損失を被りますので、ご理解とご協力をお願いしております。
Q

原稿に使ったブログ記事は公開を取り下げた方が良いですか?

いいえ。取り下げる必要はありません。
しかし、ブログで無料公開している記事を電子書籍で有料にするということに抵抗を持たれる方が一定数いらっしゃいます。
純粋にブログの記事をまとめ直すだけでなく、+でブログには載せていないコラムのようなものを足して頂ければこの抵抗感を柔らげることが可能です。
Q
書籍は、何文字以上など文字数の規定はありますか?
文字数については、特に規定はございませんが、15000文字程度をおすすめしております。(※電子書籍の特質上、20ページから60ページのコンテンツを、数百円程度で販売されている方が多いです。)
エクスタブックは
『これからビジネスを始めようと模索している方』
『ビジネスが上手くいっていない方』
『現在進行中のビジネスを加速させたい方』
ビジネスに携わる全ての方にとって電子書籍出版が必ずお役に立つことが出来ると確信しています。
まずはお話を聞いてみるだけでも構いませんので、興味がある方はお問い合わせ欄から是非ご連絡をお願い致します。