なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

あゆみんの”ざっそう” 体験カフェ

~大阪から50分の里山で、ゆったりと草を楽しむ~

日時:平日 10:00~15:00
(※ご都合の良い日時を、お気軽にご相談ください。)
費用:お一人あたり500円+投げ銭制。
定員:1名~(お子様含む)5名まで

申し込み
※イベント概要欄にジャンプします。

※ご来店前に、「イベント概要」欄の内容は必ず全て読んでからおこしください。
(上記ボタンからジャンプできます)

ざっそうカフェ開催への想い

【なぜ、「ざっそう」なのか?】

雑草という名の植物は、ありません。

雑草という言葉には、
邪魔なもの
取るに足らないもの
そんなニュアンスが含まれています。

でも、ちょっと考えてみてください。
私たちは、どんな草たちのことを、
「雑草」と呼んでいるでしょう?

何処にでも生えることができる適応能力と、
そこでぐんぐん繁る生命力。
そして、まだその利用価値に、多くの人が気付いていないこと。
この条件がそろっている、それが「雑草」です

こんな特徴が、いつも食べている「野菜」に当てはまったら…、
とっても嬉しくありませんか?
そして、雑草の中には、様々な薬効があるものが沢山あるのです!

気軽に利用できて、
身体にも嬉しく、
何より
とっても美味しいこれらの草たちを、
私は愛着を込めて、
ひらがなで「ざっそう」と呼んでいます。

彼らは、ほとんどの人には見向きもされず、
気付けば草刈り機で刈られてしまっていることもあるほど…。
「ただの草でしょ?」と切り捨てるには、
あまりにもったいない価値を秘めているのに…。

しかし、そんな私の哀愁をよそに、
あっちこっちで芽吹き、ぐんぐん伸びる、「ざっそう」たち♥

そんな「ざっそう」たちの魅力を、誰かと共有したい。
野草食に興味のある人に、
お庭の素敵な「ざっそう」たちを紹介したい。

そんな想いで、ざっそう体験カフェを始めることにしました✨

春~初夏はヨモギやクレソン、カラスノエンドウ、ハルジオン、
夏はオオバコ、ツユクサ、スベリヒユ、
秋はイヌビユ、ハキダメギク、葛、
冬はナズナ、ハコベ、フランス菊、ミミナグサ…などなど。
それぞれの草たちの効能や利用法など、楽しくおしゃべりしながら
実際に摘み、一緒にざっそうフルコースランチを作って食べましょう。
(チンキやお茶づくりもできます。ご予約時ご希望内容をお知らせください。)


【ざっそう体験をすると、こんなイイコトがあります!】

1.日々の疲れを癒せる。
 土の上にしゃがみこんで、柔らかい草たちを摘む作業は、
なぜだか癒し効果抜群!
都会のアスファルトに疲れ、土や草が恋しい人は是非
体験してみてください。


2.食べられる野草の知識があれば、災害時も少し安心。
地震などで物流が止まっても、「最悪あの草が食べられる」と
思える、心の余裕が身に付きます。(笑)


3.今まで気にも留めていなかった道端の草を見て、
 トキメキを感じることができるようになる…かも✨
ざっそうをご紹介してよく言われるのが、「道端を見る目が変わった!」
というもの。今まで素通りするだけだった景色も、ざっそうレーダーを
搭載するだけでワクワク楽しいものに変わります。
そんなレボリューションが体験できる…かもしれません!(笑)

4.「面白い人が集まる場所」を知れる。
ざっそうカフェの拠点は2つ。
 メインは、店主あゆみんの住処でもある豊能町の「里山ベースハナビ」
「ワクワクから始まるナリワイづくり」をコンセプトに、田舎と町を
つなぎ、面白~いコミュニティができています。
 そして希望があれば、茨木市千提寺の「にんげん小屋」でも開催可能。
こちらは「おもろくサバイバルできる町を作ろう」というコンセプトで、
クセの強い面々が古民家を改修し、いろんな活動を始めています。
 どちらの拠点も、ざっそう好きのあなたならきっと気に入るはずです💕



【ざっそう体験カフェをお勧めする人】


ざっそうカフェでは、以下のような方をお待ちしています。

☆食べられる野草に興味のある方
☆「循環する暮らし」に関心がある方
☆店主あゆみんの生き方に興味がある方
☆「変」が好きな方


【ざっそう体験の流れ】
1.会場に到着したら、荷物を下ろし、さっそく草を摘みに行きましょう。

2.近所の畑や川などに行き、どの雑草が食べられるか、
 見分け方や、どんな風に食べたらおいしいか、などのお話をしながら、
 一緒に材料となる草を摘みます。

3.拠点に戻って、キッチンで一緒に調理開始!

4.できた料理を食べ、ざっそう茶を飲みながら、まったりお話したり、
 畳でお昼寝してもOK!✨ 自由に過ごしましょう♪


【最後に】
ざっそう体験カフェは、店主もなるべく自然体で、
お客様をお迎えしたいと思っております。
お家にお友達を呼ぶような感覚で、肩ひじを張らず、
できるだけお客様のやりたいことに寄り添う。
そんな時間にできたら良いなぁ、と思っております。

ですので、費用も、開催日程もかっちり定めず、
お問い合わせもらった人と、うまくタイミングが合えば開催、
というゆるゆる具合。(笑)
是非、お気軽にご連絡ください。

もし、今日はランチじゃなく、虫刺されに効くチンキを作りたい!など
ご希望があれば、事前に教えて下さいね。

このサイトにたどり着いた、縁あるあなたとの出会いを、
楽しみにしています♪

 イベント概要

◆日時:平日10:00~14:00(前日までに要予約)
※採取、調理を一緒にしますので、食べ始めたい時間の2時間前にはおこしください。
※にんげん小屋開催の場合、10時半以降にんげん小屋集合でお願いします。

◆定員:5名程度(子供含む)
 
※1名から開催可能です

◆持ち物:帽子、動きやすい服装、タオル
 
※畑や川のほとりでざっそうを摘みます。
  夏は日差しが強く、冬は寒いです。
  夕方には虫も出てきます。

◆お申込方法:
下記メールアドレス宛に、次の情報を送信下さい。
yamakkoamin@gmail.com
①参加者氏名(お子様は年齢も)
②希望日時
③希望拠点(ハナビorにんげん小屋)
※にんげん小屋開催希望の場合、開催希望日の3日以上前にご連絡下さい。
④お住いの地域
⑤興味のあること、当日やってみたいこと。
⑥ざっそうフルコースランチご希望の場合は、アレルギーの有無、苦手な食材。

◆費用:施設利用料500円+投げ銭(恩送り)制
※施設利用料は、全額開催拠点に支払います。
ざっそうカフェでは、なるべく環境にも身体にも良い食材、調味料をご用意するようにしています。
原価が高くなるため、通常の飲食店では到底使えないだろう、と思いながら購入していますが、自分やお客様の健康のため、引いては世の中のため、とても大切なことだと思っています。
今後も継続して活動できるよう、できる限りでよいので、金銭的なご支援も頂けると助かります。
(果物やキノコなどの食べ物、環境にやさしい製品、
講座やマッサージなど、モノやコトでのお支払いも可能です☆)

会場紹介

拠点その① 里山ベースハナビ

〒563-0101 大阪府豊能郡豊能町吉川67

阪急の川西能勢口駅から能勢電鉄に乗り換え、終点の妙見口駅から北へ徒歩6分。
大阪駅から50分というアクセスながら、昔ながらの広葉樹林が残る「日本一の里山」。
管理人たんたんが、”ワクワクから始まるナリワイづくり”を目指し、築200年の武家屋敷をコツコツ改修。下は19才、上は40代の個性豊かな住民が暮らしをシェアしている。
ゆる~く参加できるイベントや、がっつり楽しめる無人島キャンプなど、住民以外でも関わりたいように関われるオモロイ場所として、都会と田舎をつなぐHUBにもなっている。

拠点その② にんげん小屋 みずとわ

大阪府茨木市大字千提寺272

  1. 「千堤寺口」バス停下車 徒歩5分程度

”おもろくサバイバルできる町を作ろう!”をコンセプトに、クセの強いメンバーが集まり、古民家を改修。畑や、裏山をみんなで整備したり、いろんなものを手造りし、ゴミのワークショップや、ざっくばらんな政治の話など、いろんな個性から繰り出されるいろんな活動を楽しんでいる。
※にんげん小屋の駐車場については台数限定です。複数名ご参加の場合はなるべく乗り合わせるなど台数を減らしていただき、ご利用時には予めお問い合わせください。

 ざっそうカフェ店主紹介

あゆみん

2018年、ふと「人生やり切って死にたい」と思い立ち、
13年間務めた上場企業を退職。

やりたいことを模索する中で、
「循環する暮らしに近づきたい」
「日々暮らしている環境を、ワクワクできる山に近づけたい」と、
里山シェアハウス暮らしを決意。

食べられる草の多さに驚き、効能や利用方法を確認し、
実際に調理して食べることに、日々ワクワクを感じ、
この楽しさを誰かと分かち合いたい!と、ざっそうカフェを始める。

狩猟免許を取り、鹿肉を自ら捌いて利用することも。

循環について考える中で「恩送り」や「経済中心主義からの脱却」を
目指したいという想いを持つようになり、「モノやコトでもOKの投げ銭」
という新たな形態にチャレンジ中。

その他の特徴
・「変」という言葉は、誉め言葉だと思っている。
・原っぱ大学大阪彩都サブリーダー。
・にんげん小屋 みずとわ 自治会創設メンバー。

ざっそう食の楽しさをより沢山の方にお伝えできるよう、youtubeチャンネルを開設しました。
①どこにでも生える、②食べやすい味、③毒草と間違えにくい という3つの条件を満たしたざっそうを
ご紹介する、「ざっそう食ことはじめ」シリーズや、似ている雑草の見分け方など、配信していますので
ご興味があれば是非ご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCBUBdvsl0Pr6CtW1IphAeoQ

ざっそうカフェ フォトアルバム

最近はビーガンのお客様も沢山いらっしゃいます。
出汁も含めて動物性食品を一切使用しなくても、とっても美味しいランチができるんです!
〜ランチおしながき〜
・大豆ミートとフランスギクのガーリック炒め
・ホトケノザの天ぷら
・クローバーの白和え
・ギシギシのおひたし
・クレソンのナムル
・ハコベ、ハルジオン、クレソンのサラダ
・オランダミミナグサの雑炊
・スギナ茶+おやつの切り干し大根

ざっそうカフェ、記念すべき最初のお客様✨ありがたいことに、その日に次回のざっそうカフェの予約をしていただき、投げ銭に、ランチ代にプラスで、畳カヤック体験と、キノコ狩り体験までつけていただきました!お金だけではなく、「楽しい!」をシェアするという体験をさせていただき、とっても幸せでした💕
・ササミとフランス菊のガーリック炒め・オオバコオムレツ・イヌビユのおひたし・味噌汁・庭の柿・吉野の葛そうめん

この日のざっそうフルコースランチメニューは、洋風ランチをイメージ✨
ざっそうを摘みながら、「これも食べてみたい」となり、たいてい当初想定していたよりメニューが増えます。笑
・柔らか胸肉と、フランス菊のガーリック炒め・セイタカアワダチソウの十六穀パンケーキ・イヌビユのチーズ焼き・シロツメクサとクローバーのコンソメスープ・スベリヒユとクレソンのサラダ〜葛の花ドレッシング〜・庭の柿

女性3名での開催✨初めましての参加者さん同士も、ざっそうを通じてとても仲良くなり、サラダにコムラサキをかけて「可愛い!」とテンションが上がったり、とっても楽しい会となりました💕
・ハキダメギクとエノキのにゅうめん(あとからヨモギを追加して味変!)・フランス菊の卵炒め・もちもちの豚バラ軟骨とイヌビユ煮込み・カラムシの胡麻和え・スベリヒユと、菊の若葉のサラダ〜葛の花ドレッシングとコムラサキをかけて〜

ハナビはゲストハウス、ADDressの拠点もやっています。
この日はADDressで宿泊のお客様から、リクエストをいただき、ざっそうカフェディナー版を開催しました✨
・ササミとフランスギクのガーリック炒め・イヌビユのおひたし・ハキダメギクのお味噌汁・スベリヒユ、クレソン、タネツケバナ、ハルジオンの若葉のサラダ・庭の柿