第3回 1月24日 開催


損しないため銀行目線を知る

初めまして株式会社K・サポート加藤と申します。
私自身、代表する会社の社長交代2年前から銀行との交渉をするようになりました。
「こいつわかってない」と思われたくないため
当時は銀行員と話すとき身構えて話をしていました。
損得勘定が強そうな銀行員だから
何を考えているのかわからない
その不安感が解消されたら対等に会話できますよね。

気になる銀行目線を
元銀行員が
教えます!

講師紹介

高岡 祐介
株式会社K・サポート 代表取締役
元銀行員。企業を永続することを目的とした融資を立案し、当時から銀行員を超えた信頼をよせる現クライアント多数。融資に必要な中長期計画を軸に目標数値の見える化する経営コンサルを得意とする。
加藤 忠昭(運営)
株式会社K・サポート 取締役
高岡の当時担当先、㈱環境システム社代表取締役。2代目として事業承継真っ最中。事業展開を模索中のタイミングで高岡と意気投合、パートナーとしてK・サポート設立。
加藤 忠昭(運営)
株式会社K・サポート 取締役
高岡の当時担当先、㈱環境システム社代表取締役。2代目として事業承継真っ最中。事業展開を模索中のタイミングで高岡と意気投合、パートナーとしてK・サポート設立。

勉強会概要動画

ページを見て下さった
あなたに銀行目線を
教えます




会社の現状を
数字も含めで話せるか


です!!


答えわかって安心しました?
でもこれ意外に難しいんですよ

まずは次の質問

答えられますか?


  • 自己資本比率は把握されていますか?


  • 前期決算の売上・営業利益を把握していますか?


  • 会社の必要な運転資金は把握されていますか?


  • 現在の借金は? 毎月の返済額は数字で話せますか?


  • 前期決算の売上・営業利益を把握していますか?



上に書いてあることは
銀行が気にする数字です
調べれば簡単に出せる数字です


では次に
その数字をもとに
銀行は何を評価しているのでしょう


・・・・


安心してください
加藤も知りませんでした
数字を把握することすら
独学で数年かかりました


回りくどくなりましたが


銀行交渉で損をしないために
最も必要なことは
コミュニケーション能力なんです


交渉の準備をせずに
その場に座っているから
臆するんです


銀行側から見た自社を
知っていれば
自社の弱点もわかります


弱点をカバーする
会話を準備できれば
余裕がでますよね


それは人の力借りた方が
圧倒的に早いです
しかも元銀行員に!!


目的は財務力を強化
永続経営の基盤確立


オール5のような
評価をもらえる優良企業なんて
ほんの一握りです


そうでない現実と向き合い
会社の存続を確立をあげていく


第一にお金が回ることです
ここの確立の上に
方針を固めていくべきです


この勉強会では
決算書をベースにおこなっていきます
決算書はすべてではありませんが
大事な指標です


それ元にどう経営に活かすか
その目的を伝えていないセミナーばかりだったから
応用が効かない
ただの試験勉強になっていたのではないでしょうか


例えば
会社も理念という目的が
定まっていることが重要ですよね
ここまで見て頂いたあなたに第1回勉強会の
一部公開をさせて頂きます

カリキュラム動画でもお伝えしているように
銀行交渉はあくまで導入です

開催日時

岐阜
名 称 財務勉強会 説明会
日 時 2020年1月24日
場 所 岐阜市柳津町梅松1丁目100番(環境システム社内)
主 催 株式会社K・サポート
参加費用 20,000(税別) 懇親会費込
お問合わせ takaoka@kankyosystem.com
お問合わせ takaoka@kankyosystem.com

タイムテーブル

18:00
決算書で判断する銀行の基準
融資 等

申し込みフォーム

財務勉強会 説明会
日時 1月24日(金)
PM 18:00
懇親会 20:30
参加費 20,000
(税別 懇親会費込)
場所 岐阜市柳津町梅松1丁目100番
(環境システム社内)
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信