サラリーマンにおすすめされているのは
不動産投資って本当?

将来的な年金の不安から不動産投資を始めるサラリーマンも少なくありません。
今回はなぜサラリーマンに不動産投資がおすすめされているのか、
リスクやパートナー会社について紹介していきます。

〇不動産投資の特徴

こちらでは、不動産投資にどんな特徴があるのかを見ていきましょう。不動産投資を始めることで、オーナーはどんなことが得られるのか調べておくことで不動産投資への意欲も変わってくるのではないでしょうか。

・安定した資産運用

不動産投資の最大の特徴は安定した資産運用ができるということです。マンションやアパートなど住居投資の場合は入居者がいる場合に限ってとなります。コインパーキング経営などは入居者の代わりに利用者が多いかどうかで安定性が決まってくるようです。

・生命保険の代わりになる

不動産投資をする際、物件購入時に団体信用生命保険に加入することになります。もし、所有者が途中で亡くなっても残りのローンは保険から支払われるだけではなく、遺族にはローンのない物件が残されるので収入に繋がります。

・本業があっても始めやすい

サラリーマンの場合は仕事に影響のない投資しかできません。そのため、動きを常にチェックしておかないといけない株などは不向きです。逆を言えば、不動産投資は管理自体、管理会社に任せるため本業があっても始めやすい特徴があるのです。

〇サラリーマンにおすすめされている理由

サラリーマンに不動産投資がおすすめされている理由はなんだと思いますか? こちらでは一般的なメリットについて見ていきましょう。

・信用力があるから

サラリーマンは勤続年数が長ければ長いほど、それが信用に繋がります。個人の信用力だけではなく、企業の信用力も考慮されるので比較的融資してもらいやすい環境なのです。

・手間がかからない

仕事と片手間で投資をするサラリーマンにとって、手間がかかる方法はできません。しかし、不動産投資であればパートナー会社に管理を任せることができるので、自分ですることはほとんどありません。手間がかからずに安定した収入が期待できる不動産投資はサラリーマンにとって理想とも言えます。

・節税効果が期待できる

サラリーマンが不動産投資を行うことで、節税効果が期待できます。確定申告を行うことで、所得税や住民税などの節税につながることがあるのです。この場合、不動産所得と給与所得を損益通算することで節税につながると言われています。

〇不動産投資で覚えておきたいリスク

不動産投資はメリットばかりではありません。リスクについても考えておかないといけません。こちらでは覚えておきたいリスクについて見ていきましょう。

・初期費用が高いものもある

不動産投資は物件の種類によっては初期費用が高くなるケースがあります。特に新築物件の場合は初期費用が高くなると考えてください。費用を抑えたい場合は中古物件、もしくは立地条件を少し下げるといいでしょう。

・維持費がかかる

不動産投資の場合、維持費がかかります。入居者から電気、ガス、水道などのトラブル報告があったら対処しないといけません。それだけではなく、入居者が過ごしやすいように、空室リスクに見舞われないように掃除などもしておく必要があります。貸しっぱなしの状態で対応が悪いと入居者が出ていく可能性があるので気をつけてください。

・資産価値が下がっていく

これは不動産投資の中で仕方ないことですが、毎年資産価値が減少していきます。オリンピックなどの一大イベントがある時には資産価値が向上することもありますが、基本的に下がっていくのが当たり前だと考えましょう。そのため、売却タイミングを間違えると損をすることになります。

〇不動産投資でおすすめしたいパートナー会社

不動産投資をする際、重要となるのがパートナー会社選びです。こちらでは、おすすめしたいパートナー会社について見ていきましょう。

・日本財託

物件購入後はオーナー専用サイトで情報を管理できます。空室リスクを下げるために、不動産仲介業者向けのポイントカードなども発行していて自社物件を優先的にしてもらえるような工夫がされているのです。

・スカイコート

スカイコート賃貸センターで入居者の募集や家賃改修、スカイサービスで管理メンテナンスや清掃などを行っています。アフターフォローの良さに定評がある会社です。オーナー感謝祭なども行っていて評判が良いと言えます。

他の特徴などを知りたい人は下記をクリックしてみてください。

〇まとめ

不動産投資は失敗すれば大きな損失になることもあります。そのため、パートナー会社がしっかりとアフターフォローしてくれるところを選ばないといけません。不動産投資はパートナー会社の良さによって成功が左右されると言っても過言ではないのです。そのため、知名度だけにこだわらず、自分の目で見て納得できる会社とパートナーになりましょう。