目の下のクマが気になったら
やる対策と治療の相場

若い頃は問題なかったのに、年齢を重ねるごとに目の下のクマが気になることがあります。目の下のクマが気になったらやる対策をまとめてみました。自力で解消する方法から、プロの力を借りる方法まで解説します。

目の下のクマの原因

・加齢による問題
目の下のたるみの原因として挙げられるのが、加齢による問題です。年齢を重ねると、コラーゲンやエラスチンなど肌の張りを保つ成分が減少していきます。すると目の下の皮膚がたるんで、クマが目立つようになります。

・眼精疲労による問題
普段からパソコンやスマホをよく使う方は、目の下にクマができやすい傾向があります。目を酷使することで眼精疲労がおこり、血行不良になって代謝が悪いためです。代謝の低下は、目の周りの水分代謝が悪くなり、クマの原因となります。

・摩擦による問題
毎日アイメイクをしっかりやる方は、何もしない方と比べて目の下にクマができやすいです。アイメイクをしているとクレンジングで強く擦ってしまい、刺激がかかります。目の下の皮膚は薄く、強い刺激にも注意が必要です。

自分でやる対策

・ホットタオルで代謝アップ
目の下のクマが気になるなら、ホットタオルで解消できる可能性があります。目の疲れが気になったら、ホットタオルを目の上に当てましょう。電子レンジに濡らしたタオルを入れて、1分くらい加熱すると、簡単にホットタオルができます。

・アイクリームを使う
目の周りに使う専用のアイクリームは、張りに必要な成分が入っています。乾燥による目の下のたるみにも効果的です。アイクリームを目の周りに塗るときは、ゴシゴシ擦らないよう注意しましょう。指の腹で軽く馴染ませるように付けていきます。

・目の周りの筋肉を鍛える
年齢により目の下のクマが気になる場合は、目の周りの筋肉を鍛えて代謝を高める方法がおすすめです。毎日の生活で目の周りの筋肉は使うことが少なく、加齢とともに徐々に筋肉量が落ちていきます。目の筋肉は意識して使うようにしましょう。

目のクマにおすすめの成分

・コラーゲン
加齢により目の下がたるんでクマができた場合は、コラーゲン配合のスキンケアがおすすめです。20歳をピークにコラーゲンは減少していくため、スキンケアで補う必要があります。とくに紫外線を多く浴びる習慣がある方は、肌のコラーゲン量が低下しています。

・コエンザイムQ10
コエンザイムQ10も、加齢とともに減少する成分です。代謝に関わる成分で、活性酸素を除去します。スキンケアでコエンザイムQ10を取り入れたり、サプリで補給したりできます。活性酸素が増えると、肌が老化しやすくなるため、抗酸化作用がある成分を取り入れましょう。

・ビタミンC
ビタミンCは、コラーゲン生成に役立つ成分です。ストレスを抱えている方は消費量が多いため、意識して取り入れていくのがおすすめです。またビタミンCはシミ対策や、ターンオーバーの改善にも役立ちます。目の周りの色素沈着が気になる方にもおすすめの成分です。

クリニックでできる対策

・ヒアルロン酸注入
目の下がたるみクマができている方は、ヒアルロン酸注入が役立ちます。ヒアルロン酸は加齢とともに減少しやすく、もともと皮膚に存在する成分で、副作用が少ないのが特徴です。1回の注入で長期間効果を持続させることは難しく、定期的な注入で改善していきます。

・皮膚再生治療
PRP治療と呼ばれる、皮膚再生治療がクリニックで受けられます。自分の血小板を注入する方法で、肌の代謝を改善させるために役立ちます。血小板には成長因子が含まれており、代謝が低下した部分に入れると、たるみやクマ改善におすすめです。

・レーザー治療
色素沈着がおきているクマの場合は、レーザー治療が役立つでしょう。レーザーで茶色くなっている部分に働きかけ、代謝を高めていきます。シミのような茶クマに効果的です。

クリニックの費用相場

・5万円からのヒアルロン酸注入
低価格で施術を受けたいときは、ヒアルロン酸注入が役立ちます。1回あたり5~6万円程度で施術が可能です。効果は持続しませんが、注入すれば即効性の効果が得られます。皮膚がたるみやすく、クマができやすい方におすすめです。

・数十万円程度のPRP治療
自身の血小板を注入する方法は、十数万円からの費用で受けられます。一度に、シワ・たるみ・クマなどを改善させます。再生治療の一種のため、費用は多少高くなってしまうでしょう。ただし自分の血小板のため副作用はありません。

・数万円からのレーザー
レーザー治療は1回あたり数万円です。クマの範囲によっても費用が変わってきます。レーザーはオプションで顔への照射も可能で、顔のシミが気になる方におすすめです。
目の下のクマ対策費用を知りたい方は、下記リンクの情報が役立ちます。

まとめ

目の下のクマが気になったら、まずは自分でできる対策をしてみましょう。
普段の生活がクマをつくる原因になっていることがあります。
クリニックによる施術は、自分で対策がしにくい方や、効果が薄れてきた方におすすめです。