豪邸のメリットやデメリットは?
豪邸を建てるに相応しい
エリアについて

誰であっても一度くらいは「豪邸に住みたい!」という願いを抱いたことがあるのではないでしょうか。しかし、豪邸にはさまざまなメリットとデメリットがあります。こちらでは、それらと合わせておすすめのエリアなどについても紹介していきましょう。

豪邸の基礎知識

「豪邸」と言っても人によって異なります。その理由は人の価値観がそれぞれで異なるからです。こちらでは、一般的な豪邸の基礎知識について見ていきましょう。

・理想を詰め込んだ家
豪邸と聞けば、やはり自分の理想を詰め込んだ家という認識の方が大きいでしょう。予算を気にすることなく、アレもコレもと理想を詰め込むことで豪邸と呼ぶに相応しい家が完成します。

・無駄に広い
豪邸のイメージとして、暮らす人と家の大きさが比例しない特徴があります。暮らす人数が少なければ家が広いこともあって寂しさを感じる人もいるようです。

・趣味を追求した家
例えば、映画鑑賞が趣味であればシアタールーム、ワイン好きであれば個人宅のバーなど自分の好きなものを追求することができます。そういった突き抜けた部分がある家を豪邸と認識する人が多いです。

豪邸のメリット

一般的な住宅にもさまざまな魅力がありますが、こちらでは豪邸のメリットを見てみましょう。将来的に豪邸を考えている人は、どんなメリットがあるのか知ることで明確なイメージを持つことができるかもしれません。

・開放感がある
先述したように、豪邸のイメージとして「広い家」というものがあります。そのため、家の広さだけではなく土地も広く活用した住宅が多いです。このことから、近隣との距離を広く取ることができるので開放的な雰囲気を得ることができます。

・四季を感じられる家が多い
豪邸のイメージとして、洋風スタイルを注文する人も多いです。しかし、日本家屋風の豪邸を建てる人も決して少なくありません。そういった人たちは「和」を求めている傾向があり、庭などで四季を感じられるようにしています。

・海外風のイメージがある
海外の住宅は豪邸ではなくても広い印象があります。土地を広く購入して、庭などを大きくすることで海外風の雰囲気を出すことができるのです。日本で建てている家なのに、まるで外国にトリップしたような感覚を得られます。

豪邸のデメリット

豪邸にはさまざまなメリットがありますが、デメリットがないわけではありません。こちらでは、どんな部分が豪邸のデメリットに感じるのかを見ていきましょう。

・飽きやすい
何かを目標に仕事やバイトを頑張っている人にはわかるかもしれません。意外と豪邸は「ゴール」に指定されることが多いのです。豪邸に住んだ後のイメージではなく、豪邸を建てるまでをイメージする人が多いので、実際に豪邸を建てても数年経たないうちに飽きてしまう人がいます。

・防犯面が大変
広い家であれば、防犯設備もしっかりしないと泥棒などが入る原因になります。豪邸を建てるための費用だけではなく、建てた後の維持に関する費用が大きくなるのもデメリットと言えます。

・掃除が面倒
豪邸をすべて自分で掃除するのは、なかなか大変なことです。そのため、掃除のためのヘルパーを雇う人もいるでしょう。自分で掃除をしないことで愛着感が薄れてしまう人もいるようです。

豪邸を建てるのにおすすめの場所とは?

高級住宅街に豪邸を建てることで、雰囲気とマッチして更に高級感を出すことができます。こちらでは、豪邸を建てるに相応しいエリアについて見ていきましょう。

・広尾
東京で高級住宅街と言えば、やはり広尾でしょう。ミシュランガイドの1つ星獲得店が存在すること、名門大学が多いなどさまざまな「高級住宅」のポイントを持っています。ショッピング環境も整っていることから、あまり気負いすぎない高級住宅街として有名です。

・南青山
ハイセンスなショッピングエリアが林立している場所です。ミシュラン2つ星獲得店もあり、憧れる高級住宅地として憧れる人も少なくありません。名門私立大学などもあるので、高級志向の人が集まりやすい場所です。

・田園調布
著名人が通う名店なども多く、名門小学校などが複数存在する場所です。駅前には複合商業施設も揃っているので、利便性の良さではトプクラスを誇っています。
豪邸の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

豪邸は「なぜ建てたいのか」ということを明確にしておかないと、
建てた後に飽きてしまう可能性があります。
建てるまでがゴールではなく、建てた後がスタートなのです。
他にも、どのようなエリアに建てるのかもしっかり話し合いましょう。
基本的に高級住宅街と呼ばれるエリアは治安なども良いので、
豪邸を建てるに相応しい場所ばかりです。
ただ、土地の価格などは場所によって異なるのでしっかり比較して決めましょう。