Nikon Z6
オールドレンズの

嗜み

レンズを楽しむ写真生活

ミラーレスが出てからにわかに活気づいてきたオールドレンズ。
オールドレンズ母艦機として存在感を放つNikon Z6とともに、
現代的なレンズとは違う雰囲気の描写を楽しんでいただければと思います。
多くはないですが、手持ちのレンズの作例をお楽しみください。
また、購入を考えている人の参考になればとも思います。

なお、機材の写真はNIKKOR-P Auto 105mm F2.5(Ai改)にて撮影しています。

作例を含め、すべてオールドレンズでの撮影になっています。

掲載レンズ一覧
Nikon Fマウント
Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4 / Nikkor-H・C Auto 50mm F2
Ai Nikkor ED 180mm F2.8s

Nikon Sマウント
NIKKOR-S・C 50mm F1.4 / 
Voigtlander S SKOPAR 50mm F2.5
W-Nikkor 3.5cm F1.8 / NIKKOR-P・C 10.5cm F2.5

MINOLTA SRマウント
New MD 50mm F1.4 / MC ROKKOR-PG 58mm F1.2
MC TELE ROKKOR 100mm F2.5 / New MD Macro 50mm F3.5

Canon FD(FL)マウント

FD 50mm F1.4 S.S.C / FD 100mm F2.8 S.S.C

MAMIYA645マウント
SEKOR C 80mm F1.9 / SEKOR C 110mm F2.8 N

M42(プラクチカ)マウント
ASAHI PENTAX Super-Takumar 50mm F1.4



※リンクのないレンズは今後掲載予定です

使用マウントアダプター一覧
Nikon Fマウント
Nikon FTZアダプター
MINOLTA SR(MC/MD)マウント
MD-L/Mアダプター(メーカー不明)
M42(プラクチカ)マウント
手配検討中
M42(プラクチカ)マウント
手配検討中
Nikon Sマウント(レンジファインダー)
SHOTEN LM-NZ M (EX) (B)
Amedeo Adapter Nikon S - Leica M
Canon FD(FL)マウント
FD-L/Mアダプター(メーカー不明)
MAMIYA645マウント
RAYQUAL  MYA645-NF
Nikon FTZアダプター
MAMIYA645マウント
RAYQUAL  MYA645-NF
Nikon FTZアダプター

Photo

~レンズ作例紹介~

Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4

このレンズは、Nikon Fが出た当初に、開放F1.4の標準レンズとして発売された。
 当時の光学設計・硝材ではF1.4で50mmの一眼レフ用レンズを来ることができず、5.8cmという妙な焦点距離になった。
 この2年ほど後、Nikkor-S Auto 50mm F1.4が発売され、短命の内にラインナップから姿を消した。
日本の光学設計の歴史を垣間見る、貴重なレンズスペックともいえる。


 微妙に長い焦点距離と相まって、ボケを活かしたポートレートレンズとして重宝されている。


 このスペックでは典型的な6群7枚のガウスタイプのレンズだが、レンズの構成枚数は絞りの前の方が多いというちょっと変わったレンズ構成になっている。

Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4

 この段はF2で撮影している。
 古い神社にて。

 物静かな雰囲気がゆったりと撮影するオールドレンズとマッチする。
 思いを込める絵馬は、設計者がレンズに思いをこめるのと同じもののように見えてくる。
 華美な色もモノコートだと存在感を保ちつつ、落ち着いた発色になる。
 この段は開放で撮影している。
 ズラリと並ぶ鳥居だが、前後のボケ味は悪くない。
 ただ、最新レンズと比べるとトーンにやや不器用さが感じられるが、気にするほどでもないと思う。
オールドレンズ好事家に人気のぐるぐるボケだ。
 開放だとこれが出て背景がうるさくなるので、僕はF2に絞って撮るのが好きだ。
 開放なので、やはり明るいところは淡くにじみが出る。
 緻密な描写は苦手だが、白昼夢のような、そんなトーンを活かせれば鬼に金棒かな。
 華美な色もモノコートだと存在感を保ちつつ、落ち着いた発色になる。

NIKKOR-S・C 5cm F1.4

 このレンズは、1950年代に作られたレンジファインダーのニコンSシリーズ用の標準レンズとして作られていた。
 もとはF1.5で作られていたが、その後F1.4へとスペックの改良がなされここに至る。

 3群7枚のゾナータイプのレンズで、本家本元のツァイスゾナーを手本にして作られている。
 鏡筒はシルバー(前期型)とブラック(後期型)とあり、細かなバリエーションも多く存在する。

 時期によって微妙に設計が変わっているのか、すべて同じではないという話も聞くが、それは日本の工業技術発展の歴史との関連もありそうで興味深い。

 開放では球面収差によるフレアが出てコントラストが落ちるが、絞り込めばキリッとした描写へと変化する。
 作例はすべて開放です。

NIKKOR-S・C 5cm F1.4

 開放ならではのコントラストの落ちた発色。
 柔らかな発色で緋色の鳥居も落ち着いた雰囲気に仕上がる。
 昔使われていた台車の車輪か。
 境内の片隅で過ぎた時間を思い起こすのは、レンズの古めかしさと似たもの同士。
 開放での背景描写は、オールドレンズならでわのざわつき感。
 開放での背景描写は、オールドレンズならでわのざわつき感。

Voigtlander S SKOPAR 50mm F2.5

 コシナ・フォクトレンダーがベッサ用に発売したLマウントの同名レンズのニコンSマウント版
 もともとのスコパーはテッサータイプだが、これはそれを発展させ構成枚数の多いレンズだ。

 開放値も明るくないため、絞り込まずとも描写は安定している。
 オールドレンズに部類には入りづらいが、最新レンズの設計とはひと味違うと思うので、敢えてラインナップへ。
 Sマウント版自体は数も少ないため、Lマウント版が入手性良くて良いと思います。
 絞りリングを回すと距離リングも回るのは使いづらく、絞りリングもやや軽めのため、使い勝手は決して良くはない。

 しかし、個人的にはこのコンパクトさは好みです。

Voigtlander S SKOPAR 50mm F2.5

コーティングが新しいこともあり、発色は適度なコントラストがありストレートだ。
 淡い色彩を丁寧に描き出している。
像のシャープさは文句なしだが、カリカリとするような現代的なシャープさはない。
 とても軽いレンズだから、ボディにつけっぱなしでも重さは負担にならない。
前ボケも悪くない。
 ソツなくこなすレンズだと思う。
前ボケも悪くない。
 ソツなくこなすレンズだと思う。

W-Nikkor 3.5cm F1.8

 レンジファインダー機が成熟した1956年発売、当時の対称型大口径広角レンズ。
 ライカの35mm F2よりも早く、ニコンとキヤノンが発売したF1.8レンズ。
 ニコンは軽金属の鏡筒を用いて軽量化、また構成レンズ7枚の内4枚に新種ガラスを使用して積極的な収差補正を行った意欲作。
 ニコンSマウントレンズの、ひとつの完成形だと思う。
 絞りリングが鏡筒先端(首絞り)になり、レンズ前面にあった従来レンズよりも使い勝手が向上しているのが良い。


 一眼レフのレンズではレトロフォーカスで大きくなりがちだが、このコンパクトな姿がつつましくも、存在感のある前玉レンズおかげで見栄えがいい。
 ガラスが大きいため、サイズの割には重めの印象だ。


 ヘリコイド付のアダプターを介しているので、一眼レフ並みに寄れて使い勝手が良い。

W-Nikkor 3.5cm F1.8

 開放で焦点像を見ると、中心はハロが出るものの解像感は高い。
 さすがに周辺は甘くなるが、独特な滲み方が現代的な設計とは明確な一線を引き、個性を放っている。
 色再現も悪くないが、ややコントラストは低めだ。
 前ボケも変な形崩れなくボケている。
 周辺光量の落ちはやや目立つが、レトロフォーカスではないからこんなものだろう。
 昔はレンジファインダーレンズなら35mmくらいで周辺の流れや色づきがあったが、今はもう昔。
 周辺像も割ときれいだ。
 ただ、ボケはモチーフによってややざわつくときがあるので、背景の処理は気を使った方がいいかもしれない。
 昔はレンジファインダーレンズなら35mmくらいで周辺の流れや色づきがあったが、今はもう昔。
 周辺像も割ときれいだ。
 ただ、ボケはモチーフによってややざわつくときがあるので、背景の処理は気を使った方がいいかもしれない。

NIKKOR-P・C 10.5cm F2.5

 3群5枚で典型的なゾナータイプのレンズ構成
 明るさは抑え気味だが、その分収差はうまく抑えられており、開放から破綻なく使える。
 決して軽くないレンズだかボディバランスは良いため、取り回しは良好だ。
 粗いローレット入ったの各リングがイマドキのアッサリ系レンズ外観とは異なる雰囲気で、触るほどに造りの良さを実感できる。
 2群は大きなレンズを接合したガラス塊のため、持つとずっしりする印象だ。

 amedeoのアダプターとの相性はイマイチなのか、距離リングの回転が渋くなる時がある。
 Sマウント外爪レンズは、外爪だけのアダプターを用意した方がスムーズかも知れない。
 それでも、一眼レフのレンズ同様に近接できるようヘリコイド付のマウントアダプターは必須かな。

NIKKOR-P・C 10.5cm F2.5

 開放で芯がありキリッとした印象で、EVFで拡大していてもそれがハッキリとわかる。
 ゾナー特有の大きなホケ崩れもなく、背景の雰囲気も綺麗だ。
 絞らなくても安定して使える一本だ。
 開放で安定感のある描像。
 石造のエッジのある掘り込みを、程よい鋭さを残して描く。
 それでも必要以上に固くならないのは、わずかな甘さを内包するからなのか。
 神社の銘木ともいえる並木、その樹皮の質感を克明に描く。
 立体的な幹の描写に背後のボケも綺麗に描く、失敗しない1本だと思う。
 神社の銘木ともいえる並木、その樹皮の質感を克明に描く。
 立体的な幹の描写に背後のボケも綺麗に描く、失敗しない1本だと思う。

MAMIYA SEKOR C 80mm F1.9

 マミヤ645シリーズの初期からラインナップにあるガウスタイプの標準大口径レンズ
 中判レンズを見渡しても、もっとも明るいレンズ(この次に明るいのはコンタックス645のプラナー80mm F2)。
 知り合いのツテで譲っていただいたレンズだが、その理由はこの開放F値の明るさだった。
 見れないものを見せてくれそうな、そんな気がしたからだ。

 開放F値が明るいことと相まって、フィルム一眼レフでは135判同様の感覚でピント合わせができるのは嬉しい。
 小柄な80mm F2.8もあるが、こちらの見た目は大口径レンズだけあって存在感十分。

 中判レンズだけあってフランジバックが長いため、全長が長くなってしまうのが難点・・・

MAMIYA SEKOR C 80mm F1.9

 開放ではさすがにハロを伴う結像だが、芯を持った柔らかさ。
 ただ、像が滲むまでの派手さはないので、全体的な印象はすっきりしている。
 背後のボケはさすがに古めかしさを感じる。
 キリリとしたシャープさはないものの、柔らかさで語りかける描像。
 開放から鋭い絵を吐き出す現代レンズに、そんなに張り詰めなくてもいいんじゃない、と語りかけるよう。
 そう考えると、ボケの崩れも愛嬌になる。
 開放からでも、葉脈の細かな線をきちんと描ききる。
 手は抜かない、という描像への設計者のこだわりを垣間見る気がする。
 Nレンズではないが、緑のトーンは綺麗に出ている。
 開放からでも、葉脈の細かな線をきちんと描ききる。
 手は抜かない、という描像への設計者のこだわりを垣間見る気がする。
 Nレンズではないが、緑のトーンは綺麗に出ている。

MAMIYA SEKOR C 110mm F2.8

 マミヤ645のレンズの中で、標準レンズよりも少し長い135判の画角換算で70mmに届かない程度の中望遠レンズ。
 135判ユーザーからすると、中判でのこの画角はやや中途半端に感じるかもしれない。


 しかし、フルサイズで使用すると取り回しの良い望遠レンズへと早変わり。

 もともとの画角だとポートレートを意識していると思うが、撮ってみると実際、開放からのキレとボケの良さにうなづける性能だ。
 80mm F1.9よりも小柄で軽量になり、持ち歩きは楽になる。

MAMIYA SEKOR C 110mm F2.8

 路地に停めてあったバイク、光沢感は綺麗に出ている。
 ハイライト部は拡大すると色にじみが出ているが、それ以外は特段気になるところはない。
 平面的にならない圧縮感で、扱いやすい画角だ。
 このスペックは135判のレンズでもポピュラーな一方、中判画角のおいしいところを中抜きするので、画質はより良くなる。
 唐辛子の赤に葉の緑と色の発色が綺麗だ。
 葉や実の光沢感もうまく拾っていると思う。
 Nレンズだけあって、色はいいのだと思う。
 程よい圧縮感もあって、すっきりとしたまとまりで切り取れる。
 開放から解像感は高い。
 花の中心部はキチッと解像していて、ポートレートならまつ毛がシャープに写りそう。
 背後の葉のボケも綺麗で、マミヤ645シリーズでポートレートレンズとして重宝されていただろうことが伺える。
 MFレンズ時代の成熟したレンズ設計を垣間見る気がする。
 開放から解像感は高い。
 花の中心部はキチッと解像していて、ポートレートならまつ毛がシャープに写りそう。
 背後の葉のボケも綺麗で、マミヤ645シリーズでポートレートレンズとして重宝されていただろうことが伺える。
 MFレンズ時代の成熟したレンズ設計を垣間見る気がする。

New MD Macro 50mm F3.5

 MFミノルタレンズの標準マクロレンズ。
 控えめなF値だがレンズは4群6枚のガウスタイプと贅沢な構成、これなら性能は折り紙つき。

 同時期に出ていたこのF値だと、マイクロニッコールでは3群5枚のクセノタールタイプだった。
 当時からミノルタは高性能なレンズとして宣伝していたようだが、確かに撮影結果は高性能ぶりを発揮している。

 レンズ鏡筒を繰り出すと、レンズ単体でハーフマクロとして、延長リング併用で等倍まで寄れるのは、この時期のレンズならではの「お作法」だ。
 鏡筒に撮影倍率が刻印してあるのは、イマドキあまり見ない丁寧な造り
 鏡筒前面には撮影倍率に応じた露出補正が記してあり、とても親切な造りに感心する。

 なお、レンズ単体では白字、延長リング併用時は青字を使用することは、リングが青字で書かれていることから判断する。

New MD Macro 50mm F3.5

 フルーツタルトを1/3倍程度で撮影。
 スッキリとした発色に適度なコントラストがあり、開放で撮ってもピント面はシャープに。
 それでいて、背後のボケは程よく崩れ立体感の演出には文句なしだ。
 ガラスのお猪口。
 開放で撮っても、目立った色にじみもない。
 ピントを合わせていると、光と戯れる感覚が悦楽になる。
 光がこんなに表情豊かなものなのだと、改めて体感する。
 これを見ていると、ミノルタMFレンズの完成形として、十分に成熟していたレンズ設計なのだと感じる。
 撮影画像のファーストインプレッションとしては、まるでマクロプラナーのようだと感じた。
 最新レンズはいらない、そう思わせる一本だ。
 これを見ていると、ミノルタMFレンズの完成形として、十分に成熟していたレンズ設計なのだと感じる。
 撮影画像のファーストインプレッションとしては、まるでマクロプラナーのようだと感じた。
 最新レンズはいらない、そう思わせる一本だ。

FD 50mm F1.4 S.S.C

 FL時代から登場したF1.4が、FDマウント化されてマルチコートの対応したS.S.C(スーパースペクトラムコート)になって1973年に発売された。
 レンズ構成は典型的な5群7枚で一貫してガウスタイプである。

 色再現の良さから、標準レンズの中の標準とも言われる。

 MFレンズ時代は、標準レンズはボディとセット販売が慣例だったため、中古市場の玉数は豊富、リサイクルショップでもうまく選べば安価に手に入る。
 各社の標準レンズはオールドレンズ入門として、手出しやすいレンズでもある。

FD 50mm F1.4 S.S.C

 開放ではわずかに紗を纏ったようなトーンになる。
 絞り込めばキリッとした印象へ変化する、絞りにって像をコントロールできる、オールドレンズの代表格だ。
 開放でも柔らかいながらもピントには芯があり、ハッキリした印象を与える。
 ピントの合った眼とは対照的な下半身の柔らかさが、レンズの印象を柔和にする。
 相反する描写のコントロールが使いこなしの鍵か。
 古いコーティングだが、補色の描写は穏やかで印象が良い。
 トーンを飛ばさず、丁寧な色調で描く好印象だ。
 古いコーティングだが、補色の描写は穏やかで印象が良い。
 トーンを飛ばさず、丁寧な色調で描く好印象だ。

FD 100mm F2.8 S.S.C

 100mmのレンズは、レンジファインダーの頃からF4→F3.5と変遷し、一眼レフ時代になってF2.8へと改良された。
 以後、F2~F1.8の大口径化が進化の終着点となったが、F2.8は小型軽量(そして廉価)なレンズとして定番になった感はある。
 FDマウント化の後にS.S.C.化され、50mm同様に1973年の発売開始。
 5群5枚の全群分離(レンズタイプ不明)で、FLレンズ当初より変更していないようだ。

 一眼レフ時代には、望遠入門は135mmとなっていたので、100mmはあまりメジャーではないかもしれないが入手性は悪くないと思う。

FD 100mm F2.8 S.S.C

 無難なF値のため、開放から描写は安定している。
 渋い色調を丁寧に描く。
 歪曲収差も目立たない、物撮りにも適している感じだ。
 F値も明るいから、延長リング併用で物撮りも楽しそうだ。
 光の当たり具合のせいか、色再現はややのっぺりした印象だ。
 赤が強い被写体だが、嫌味なく緑と共存させる流暢なコーティングだ。
 光の当たり具合のせいか、色再現はややのっぺりした印象だ。
 赤が強い被写体だが、嫌味なく緑と共存させる流暢なコーティングだ。

Ai Nikkor ED 180mm F2.8s

 オリンピアゾナーから流れをくむ180mmという焦点距離が独特。
 過去には普通レンズで作ったものもあるが、こちらはそれらの最終的な完成版として登場した、EDレンズを使用したモデル。

 レンズの写りを悪くする「色収差」を排するため、EDレンズを使用して画質を向上させている。
 鏡筒に一重巻いてある金リングが高性能ニッコールレンズのシンボルだ。
 MFレンズの中で、手軽に高性能望遠レンズが楽しめる一本。 

 大柄だが持った感じはそんなに重くなく、バランスはいい。
 フィルムで撮っていたときは、よさこいでステージの踊り手を撮るのに活躍した1本だ。
 200mm F4よりもフィルター径は大きくなるが、1段明るくてピント合わせのしやすさも含めると、持っていて損をしないレンズでオススメだ。

 中古も数が多く入手性は良いが、普段使いには長すぎるので出番は少なくなりがちだと思う。
 この焦点距離になると、MFでピント合わせはちょっと大変になるので、AFの方が断然いい。

Ai Nikkor ED 180mm F2.8s

 鳥居の中に顔をのぞかせる枝葉。
 やや明暗差のある状態だが、穏やかにトーンを描いている。
 色の対比も嫌味がなくスッキリしている印象だ。
 前後のボケも、素直に形が崩れており、ボカし方に困ることも少なさそうだ、
 逆光で透かしてみる。
 ハイライト部にはわずかに色にじみが出ているが、気になるほどではない。
 全体的にうまく抑えられており、今でも十分使えるレンズだと思う。
 近寄ってみると、さすがに開放ではわずかにまとうベールのような柔らかい描写だ。
 アップで撮るポートレートに良さそうな雰囲気だ。
 背景を省略したいとき、このくらいの長さ以上の焦点距離だと、背景に悩まず撮れることが多い。

 背景に悩んだら、距離をとってこれでまとめてしまうのも良いかもしれない。
 近寄ってみると、さすがに開放ではわずかにまとうベールのような柔らかい描写だ。
 アップで撮るポートレートに良さそうな雰囲気だ。
 背景を省略したいとき、このくらいの長さ以上の焦点距離だと、背景に悩まず撮れることが多い。

 背景に悩んだら、距離をとってこれでまとめてしまうのも良いかもしれない。

管理者自己紹介

カメラ・レンズが大好きな機材派(笑)
主にニコンユーザーですが、フィルムカメラはニコンをはじめ
オリンパス、マミヤ、ブロニカなど135判から中版フォーマットまで
一眼レフにレンジファインダーと各種使っています。
レンズは主にMFを中心に数十本あり
フルサイズミラーレスでお遊びする日を待ち望んでいた。

モノクロフィルムは自家現像・焼き付けをお座敷暗室でやっています。

デジタルはニコン・富士フイルムです。

なお、このトップとプロフィール写真はゼンザブロニカS2に
接写用ベローズをつけてNIKKOR-P・C 75mm F2.8で撮ったものです。

更新履歴

2019年9月29日 【HP開設】ペライチ講座にて本HPを開設しました♪ 気ままに更新していきます。
2019年10月6日 【レンズ作例追加】ニコンSマウント3.5cm F1.8/10.5cm F2.5、マミヤ645 80mm F1.9の作例追加
         レイアウト等も変更しました。
2019年10月12日 【レンズ作例追加】マミヤ645 110mm F2.8の作例追加
2019年10月13日 【レンズ作例追加】ミノルタ New MD Macro 50mm F3.5の作例追加
2019年10月27日 【レンズ作例追加】キヤノンFD 50mm F1.4と100mm F2.8の作例追加
2019年11月24日 【レンズ作例追加】ニコンAi Nikkor ED 180mm F2.8sの作例追加
2019年9月29日 【HP開設】ペライチ講座にて本HPを開設しました♪ 気ままに更新していきます。