無痛分娩のメリットやデメリットは?
横浜でおすすめのクリニックについて

出産には痛みが生じますが、近年は軽減できる方法が確立されてきています。無痛分娩を推奨するクリニックなどもあるようです。今回は、無痛分娩のメリットやデメリットだけではなく横浜でおすすめのクリニックについても見ていきましょう。

無痛分娩の基礎知識

無痛分娩と言っても、これまでのスタイルとは異なるので不安が残る人もいるでしょう。こちらでは、無痛分娩の基礎知識について見ていきましょう。

 ・海外で積極的に行われている

日本では最近聞き覚えがあるような出産方法ですが、アメリカやフランスなど海外では積極的に推奨されているスタイルなのです。海外と比較すると浸透率は低いですが、若い世代を中心に無痛分娩を選ぶ人も増えてきています。

 ・無痛分娩は痛みがまったくない?

無痛という表現から勘違いする人もいますが、痛みがまったくないわけではありません。痛みの感じ方は個人差があるので、ほとんど痛みを感じない人もいますが生理痛程度の痛みを感じる人が一般的です。麻酔が切れた後に、後陣痛の痛みが強く出るケースもあるようです。

 ・無痛分娩の費用

無痛分娩を選んだ場合、健康保険を使えないのですべて自己負担となります。主流となっている硬膜外無痛分娩の場合は20万円前後を考えておきましょう。クリニックによって設備なども変わってくるので、20万円以上になる場合もあります。

無痛分娩のメリット

こちらでは、無痛分娩のメリットについて見ていきましょう。全額自己負担となっても無痛分娩を選ぶ人が多い理由が見えてくるはずです。

 ・痛みのストレスから解放

出産時の痛みも個人差がありますが、人によっては耐えきれないほどの痛みがあります。特に痛みに弱い人にとっては不安や恐怖が強くなるでしょう。そういった人にとって、無痛分娩は完全な無痛ではなくてもほとんどの痛みから解放されるので、ストレスなく出産に臨むことができるのです。

 ・産後の回復が早い

無痛分娩は体力の消耗が少ないため、産後の回復が早いと言われています。もちろん、回復も個人差はありますが通常出産と比較すると回復が早かった人の数は圧倒的です。

 ・産道が広がりやすくなる

無痛分娩の場合、副交感神経が優位になると言われています。痛みのストレスから解放されるからでしょう。そのため、産道が広がりやすくなるので出産しやすくなると言われています。

無痛分娩のデメリット

無痛分娩にはいくつかのデメリットがあります。こちらでは、どんなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

 ・保険対象外

先述したように、無痛分娩は保険対象外となります。そのため、全額自己負担なので金銭的な負担が出てくることもデメリットのひとつと言っていいでしょう。

 ・高度な技術力を求められる

硬膜外無痛分娩は特殊な部分に麻酔を打ちます。そのため、医師自身の技術力も求められる出産方法なのです。高度な技術力が求められることで、すべての産院で無痛分娩が対応しているわけではありません。

 ・副作用

ごくまれに麻酔薬の副作用やしびれ、かゆみ、頭痛などの症状が出ることがあります。基本的には一時的な症状ですが、とても稀な状態として命にかかわる場合もあるようです。こういったリスクを減らすためにも、産院の評判や医師の技術力はしっかりリサーチしておきましょう。

横浜で無痛分娩に対応しているクリニック

こちらでは、横浜で無痛分娩に対応しているクリニックについて見ていきましょう。無痛分娩を検討している人は、クリニック選びの候補にしてみてください。

 ・聖マリアクリニック

麻酔科があるので、硬膜外麻酔の専門医が常駐しています。通常出産だけではなく、緊急時にもスムーズな対応が期待できます。無痛分娩の実績が豊富なので、安心して任せられると高い評価を持っているクリニックです。

 ・東條ウィメンズホスピタル

無痛分娩を推奨しているわけではありませんが、対応しているクリニックです。ただし、無痛分娩は予約制となっているので希望する人は事前の予約をしておきましょう。午前9時から午後17時までは麻酔医がいますが、それ以外では不在なので注意しましょう。

 ・けいゆう病院

数十年前から麻酔医による無痛分娩実績があります。そのため、無痛分娩の実績や経験は他のクリニック以上のものを持っていると言ってもいいでしょう。鎮痛剤や笑気麻酔などにも対応しているクリニックです。

横浜で無痛分娩対応のクリニックについ知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

痛みに弱い人は無痛分娩を選んでもいいかもしれませんね。
ただ、リスクゼロではないので医師の説明などをしっかり聞いておく必要があります。
曖昧な説明をするクリニックなどは避けるようにしましょう。
金額などもクリニックによって異なるので、事前に問い合わせておくことをおすすめします。