肥満を引き起こすホルモン「ビーマルワン」に要注意

どう頑張っても肥満が解消されないという人は多くいます。

小食にしても運動してもなかなか思うように痩せないというのです。

しかし、肥満を解消するには、肥満を引き起こしている原因を潰さなければいけません。

その原因となるものは人それぞれで、まず正確に原因を突き止めなければいけません。
ベルタこうじ生酵素

肥満因子「ビーマルワン」とはいったい何?

基本的に肥満は、摂取したカロリーが消費するカロリーを上回る生活を続けることによって起こります。

しかしながら、不摂生な生活リズムも肥満の大きな原因となるのです。

特に遅い時間に夕食を食べる生活リズムは、かなり高い確率で肥満を引き起こします。

原因は「ビーマルワン」と呼ばれるホルモンです。

ビーマルワンと呼ばれるホルモンは、分泌量が時間によって増えたり減ったりするホルモンで、夕方~夜10時くらいまでは少ないのですが、それ以外の時間帯は多く分泌されます。

このホルモンは、脂肪を体内にため込む働きを担っており、多く分泌されている時間帯に食事を摂ると、脂肪に変換されやすくなるのです。

ビーマルワンは夜10時以降、急激に分泌量が増えますから、肥満を防止したり解消したりするには、夜10時には食事が済んでいる状態が好ましいわけです。

ただ、夜10時までに夕食を完了するということではなく、できれば9時くらいまでには済ませる方がベストでしょう。
そうすれば、ビーマルワンの影響をより少なくすることができます。
https://ameblo.jp/kouka-ku/

肥満を解消したり防いだりするにはビーマルワンとうまく付き合う

肥満を防いだり解消するためには、ビーマルワンというホルモンをよく理解し、うまく付き合っていくことが必要です。

ビーマルワンは肥満因子として敬遠されがちですが、ヒトの体にとって絶対に必要なホルモンなのです。

なぜかというと、ビーマルワンが脂肪(体にとって必要なエネルギー)を蓄えてくれるおかげで、万が一のときに生き延びることができるからです。

ビーマルワンはヒトの体にとって大切なホルモンでもあるわけです。

生活リズムは腸内環境にも影響する

早めに夕食を済ませる食生活は、腸内環境を良くするので肥満に効果的です。

実は、腸は副交感神経が優位になるとよく働く仕組みになっているのですが、その副交感神経は夕方から優位になっていくのです。

ですので、副交感神経が活発になるピーク時にだらだら食べ物を食べていると、腸が食べ物の消化に終われ、自分のメンテナンスができないわけです。

そうすると、悪玉菌が腸内に増えてしまい、腸内環境が悪化して肥満になる可能性があるのです。