大阪でタクシードライバーになる疑問まとめ

タクシードライバーをやりたいと思っても、本当に稼げるのか不安ではないでしょうか。大阪にはタクシー会社が多数あるので、就職先で迷ってしまうことがあります。そのような不安を抱えている方向けに、タクシー会社に就職するコツや、転職先の選び方を紹介します。

タクシードライバーになるために必要な資格

・普通自動車第一種運転免許

自動車を運転するために必要になる普通免許は、タクシードライバーになる際に最低限必要な免許です。タクシードライバーは普通自動車第一種運転免許を取得してから3年経過しないとなることはできません。人を乗せて走る車のため、車の運転経験が必要なのです。

 

・普通自動車第二種運転免許

タクシードライバーになるには、普通自動車第二種運転免許の取得が必要となります。就職前に自分で取得するケースと、タクシー会社に入社して免許取得費用を会社に負担してもらう方法から選択します。補助制度は会社によって異なるので、事前に確認しておいてください。

タクシードライバーに向いている人とは

・コミュニケーション能力が高い人

タクシーにお客様を乗せる場合は、常に気を遣わなければなりません。タクシードライバーという職業はサービス業の一種で、対応の良し悪しによってその後の評判も変わってくるためです。お客様の要望を細かく聞き出し、必要であれば自ら車内の温度調節も進んでやる必要があります。運転中ずっとしゃべり続ける必要はありませんが、ある程度のコミュニケーション能力が必要です。

 

・自分で対応できる能力があること

タクシードライバーは社内から一歩出たら、個人として営業していかなければなりません。入社してからは研究制度で接客の仕方などは学ぶことができますが、通常の営業時間内は自分だけの判断に委ねられます。そのため、あらゆるトラブルにも対応できる柔軟性が必要となるでしょう。

 

・ストレスに強い人

タクシーはいろいろなお客様が乗ってきます。対応の良いお客様だけでなく、暴言を吐いてくる方もいるかもしれません。車内は密室で逃げることができないので、タクシードライバーはストレスに強くなければなりません。

タクシードライバーの働き方

・隔日勤務

タクシー会社の勤務体制は、多くの場合「隔日勤務」を採用しています。隔日勤務とは1日ごとに出社する方法です。タクシー会社によっても出社や退社時間は異なりますが、一例として8時に出社したら夜まで勤務を続けます。休憩時間は3時間までで、昼食、夕食、夜間と3回の休みが取れるのが特徴です。最終の勤務時間は個人によって異なるようで、早朝まで残業する場合もあります。

 

・日勤、夜勤

タクシー会社によっては働きやすさを考慮して、日勤と夜勤から選べる会社もあります。日勤は8時~17時までの勤務です。サラリーマンのような働き方を求める方に人気があります。日勤は女性ドライバーも活躍しやすいでしょう。夜勤は17時~夜中2時までで、稼ぎたいタクシードライバーに人気です。

タクシー会社の給与保証期間

・3~6ヶ月の期間が多い

タクシードライバー未経験の方は、最初から歩合給だと不安が残ります。そこで多くのタクシー会社では、入社から数ヶ月は給与保証期間を設けているのが特徴です。給与保証期間は会社によって異なりますが、3~6ヶ月程度が多くなっています。この間にタクシーの業務内容に慣れて稼げるようになっていきます。

 

・保障給から控除される

タクシー会社が設けている保障給とは、控除を含まない金額のことです。ここから健康保険や社会保険などの控除金額が引かれます。所得税や住民税などの税金類も引かれるので、保障給から貰える金額が減ると考えておきましょう。

それぞれのタクシー会社の特徴について

・歩合の高さを売りにする会社

タクシー会社の多くは歩合給を採用しています。歩合給とは売り上げに対し何%が給与として支払われる方法のことです。当然歩率が高ければ、それだけ稼げるタクシー会社だといえます。歩合給の場合は足切と呼ばれるノルマがあるので注意しましょう。自分の売り上げがノルマに達成しなければ、歩率が下げられてしまうことがあります。

 

・研修制度の充実差を売りにする会社

タクシードライバー未経験者の方は、研修制度が重要でしょう。多くのタクシー会社では研修制度を設けています。しかし、会社によって研修内容や期間が異なっているため、気になる方は事前に確認しておきましょう。

 

・車両設備の良さを売りにする会社

タクシードライバーは毎日車に乗って営業をしなければならないので、車内の設備の良さは気になる点でしょう。普段車に乗り慣れていない人でもタクシードライバーになりやすいように、カーナビ完備のところがあります。ETCやクレジットカード決算が完備しているタクシー会社や、脱臭機能を設けて快適な車内を保てるところもあります。

 

・人間関係を重視する会社

長くタクシードライバーを続けていくには、人間関係も重要です。社内の雰囲気を良くする会社もあるので、人間関係を重視する方も安心でしょう。しかし、人間関係は実際に見てみないとわからない点もあるので、会社説明会などで雰囲気をつかむ必要があります。


大阪でタクシードライバーになる方におすすめの会社情報はこちらから確認できます。


まとめ

大阪でこれからタクシードライバーを目指すなら、給与の額だけでなく、働きやすさも比較するようにしましょう。タクシー会社によっては寮完備のところや、定年後も長く続けられる制度が充実しているところもあります。自分の希望を明確にしながら、大阪のタクシー会社を比較してみてください。