「新宿琵琶」は琵琶の演奏を気軽にお楽しみいただけるイベントです

日本の楽器、琵琶は「源氏物語」や「平家物語」などにも登場し、古来より日本人の文化の伝承に寄り添ってきた、日本人にはとても大切な楽器です。
今回はその琵琶の音を、芥川龍之介の名作『袈裟と盛遠』のお芝居とともにお楽しみいただきます。


『袈裟と盛遠』は琵琶法師が歌い継いできた「平家物語」にも登場する、歴史上実在の人物である、文覚上人の若い頃のエピソードのお話です。

芥川が題材とした『袈裟御前』は落語など古典芸能にも取材された古典の文学作品です。

もとの作品では、乱暴な若侍(盛遠)に横恋慕された袈裟御前の純潔を守るがための決断が、日本女性の理想像として描かれていました。しかし芥川龍之介は、そのような解釈を否とし、彼の鋭い人間の洞察力により、袈裟の女性としての内面を強烈に炙り出した作品に昇華させました。
今回はこのような『袈裟と盛遠』と女優、灯月いつかの一人芝居と、妖艶な琵琶の音色と共にお楽しみいただきます。


2016年12月4日(日曜日)
14時会場
会場 Con Ton Ton(新宿区新宿5-10-23 山路ビル1階)

出演
お芝居 灯月いつか
琵琶 史絃

ご予約 ¥3,500(ワンドリンク込み)
当日 ¥4,000(ワンドリンク込み)

お子様連れのお客様はお子様分は無料となります(ドリンクオーダーをお願いします)
※ご予約時にお連れのお子様の人数をお伝えください


ご予約はFacebookのイベントページにて「参加」と押していただくか、下記アドレスまでご連絡くださいませ。
https://www.facebook.com/events/599692250216954/
お申込みアドレス:minamotm@gmail.com(アドレスにお間違えないようご注意ください)


ご注意

・未就学児童のご参加も歓迎いたしますが、会場にはオムツ替えのスペースや授乳室などはありませんので、ご注意ください。

・お連れのお子様は何名でも無料となりますが、ワンドリンクオーダーをお願いします。




ページ下部のボタンよりお申込みください

出演者

灯月いつか

史絃

筑前琵琶奏者
クラブイベント等を中心に活動
2014年より韓国での活動も行う

会場

CON TON TON

東京メトロ丸ノ内線、都営地下鉄新宿線
新宿三丁目駅C7出口から徒歩5分ほどです

お店のサイトはこちら