一戸建てに雪折れなし

マイホームは資産にも負債にもなる

日本においては、「不動産は下がらない」という神話が昔はありましたが、それもバブル崩壊にて、崩れてしまったことは言うまでもありません。そしてそのことがもたらしたのは、マイホームを買ったは良いが、価値下落が大きすぎて、住宅ローンの借金苦だけが残るという地獄を味わう人が続出したということです。

近年は多少不動産価格も上昇してきましたが、やはり東京を中心とした都市部に限られ、しかも都市部でも利便性の高い地域に顕著という、本当に限定的な現象だとも言えます。何しろ日本全体を見れば、不動産需要はやはり昔に比較して落ちているのが現実です。

ただ、そうではあっても、やはり都市部の不動産需要における「中心部回帰」現象はこれからも継続するのは間違いありません。そういう場所にある物件であれば、価値下落は建築の経年数に比してかなり低いことになります。

ローンで買ったマイホームは資産ではなく、むしろ負債だと一時期流行った「金持ち父さん貧乏父さん」という本の中で著者が指摘していましたが、売ればかなりの元が取れる物件であれば、住んだ年数を考慮すれば、十分資産として扱えるレベルでしょう。やはり目先の安値だけで飛び付くのは、将来的な買い替えなども考えると微妙なのかもしれません。

目黒区 土地

button