ミャンマー特定技能
ビルクリーニング
説明会 
Myanmar To Japan MTJ

コロナウイルスの影響により、次回開催予定は改めて告知いたします。


ミャンマーにセンターオープン!

MTJ Myanmar To Japan とは

    • 特定技能を活用したミャンマー人材の採用と養成プロジェクト
    • ミャンマー現地で採用と教育を行い、特定技能ビザを取得
    • 多くの意欲的なミャンマー人材と面談。20人以上の候補者との面談
    • 日本語教育
    • 特定技能テスト対策
    • ビザ取得のサポート

ミャンマーの特徴

・若い人材が豊富で、人口も多い(左図) 

・国内の産業が発展途上で、他国で働く関心が高い

・日本車のシェアが圧倒的に高いなど、日本への親密度がある

・日本語と語順が同じなので、日本語習得力が高い

・敬虔な仏教徒で奉仕精神が高い

・心が純粋な人々が多く、勤勉で真面目、犯罪が少ない 

・親日国であり、強い自己主張をしないため、日本人と価値観が合う

・技能実習などの既得権益が少なく、特定技能を展開しやすい

・特定技能のテストの予定があり、今後も拡大される国になる

YSパートナー独自のメソッドと強み

POINT
1

安定的で豊富な人材の確保

当社は東南アジア各国で独自の手法で人材を集めてきた実績があります。
今後の人材獲得競争も視野に入れて、圧倒的な母集団を形成していきます。
POINT

諸外国の慣習や法制度への見識と対策

国によっては、特定の機関を使わなくてはならなかったり、機関によって、悪質な手数料が本人に課せられたりしています。
当社は、現地密着の独自のスクリーニングでトラブルを防止します。
POINT

ビザ取得へ向けたサポート

特定技能ビザの取得にはテストに合格する必要があります。テスト対策、日本語教育等は当社のセンターにて行います。

POINT

入国入社サポート

当社は他の業種での受入れサポート実績が豊富な、全国で一番乗りの認定登録支援機関です。
オリエンテーション、入居から転入届手続きなど、必要な受け入れ支援を全て行います。

POINT

入社後サポート

特定技能は母国語による相談や日本語教育も義務付けされています。
当社のネイテイヴィブスピーカーと日本語教育の独自の仕組みにより入社後の定着と成長を支援します。

MTJ開催概要

ミャンマー ヤンゴン
名 称 ミャンマー特定技能説明会 2020
日 時 未定
場 所 YS Flora Myanmar Center
主 催 株式会社YSパートナー
参加費用 無料(航空代やホテル代など実費がかかります)
お問い合わせ support@flora-ami.co.jp
お問い合わせ support@flora-ami.co.jp

スケジュール

1日目 成田発
ヤンゴン着→夕食
2日目 説明会、質疑応答、昼食、面談、レビュー、夕食

3日目 観光
ヤンゴン発
成田着

※航空代、ホテル代は貴法人手配とご負担になります
※あくまで、説明会日以外の日程は参考までに過ぎません。
 実際は法人様ごとの日程調整となります。
※現地での移動は弊社が手配します(空港からホテル)
1日目 成田発
ヤンゴン着→夕食

タイムスケジュール

9:00
~
10:30


説明会
一日の流れについて、面談についての説明を致します。
10:30
~
11:00
質疑応答
説明会の内容に対しての質疑応答を行います。面談の前に、疑問点を解消します。
11:30
~
12:30
昼食
ホテルにて昼食を取ります。
13:00
~
15:30
面談
実際に優秀な候補生に会っていただきます。
11:30
~
12:30
昼食
ホテルにて昼食を取ります。
15:30
~
16:00
レビュー
面談の振り返りを行います。
18:00
~
20:00

夕食
ミャンマー料理をお楽しみいただけます。
20:00
~
20:30

空港へご移動

弊社代表より

ミャンマービルクリーニング説明会について

昨年4月から入国管理の法律が改正され、就労を目的とした特定技能のビザが誕生しました。ビル・建物清掃員の有効求人倍率は年々上がっております。業界の全国平均有効求人倍率は2.95倍という非常に高い数字になっています。人材確保は年々難しくなっていく一方で、清掃が必要な建物は年々増加しています。そこで日本のビルクリーニング業界を救うのはこの特定技能ビザです。


ビルメンテナンス業界は、清掃機械・ロボットの開発による生産性向上、高齢者・女性・若年者雇用に向けた取り組み、賃上げのための取り組みなどを行なっているものの、人手不足は年々拡大傾向にあり、新たな人材確保の手段として「特定技能」外国人の活用が注目されています。


この特定技能の受け入れについて、当社は日本の人材会社の中でもいち早く着眼して、現地調査や、現地の拠点の開発を行い、特定技能専用のセンターをミャンマーにオープンしました。すでに日本での就労意欲が高いミャンマーの若者が集う場所として大盛況の状態です。 


ミャンマーは豊富な人材を擁している反面、軍事政権や国の立地の問題などから、経済の発展が遅れ、雇用状況が芳しくないために多くの人材が埋もれている状態です。このミャンマー人のポテンシャルをいち早く活かせる国は、ミャンマーと対局の立場にある日本だと思います。


ビルクリーニング清掃の特定技能ビザは、本来のメインの仕事であるビルのクリーニングや清掃が可能で、外国人に学歴がなくてもビザの申請ができるというのが、最大の利点でしょう。


日本に来れる外国人の数は、ある程度決められていますが、このビルクリーニングの特定技能ビザは、5年間で最大3万7千人もの外国人にビザの許可を出す見込みです。


経済発展を遂げた日本は、今や若年層の減少に見舞われて、多くの業界で、慢性的な人手不足となり、それが経済や経営にも影響を及ぼし始めています。 


ミャンマー人が日本で働くことで、日本の会社の経営も健全となり、ミャンマーの経済発展にも貢献することが当社のビジョンです。 
一部、在日留学生からの特定技能へのビザの切替が行われていますが、特定技能の性質上、長期的には海外現地からの受け入が増えていくことは間違いありません。



当社は、募集や教育などの現地での圧倒的な強さに加えて、ビザのサポート、入国時の支援から、入社後の管理まで、フルサポートで御社をバックアップしますので、初めての特定技能の受け入れでもご安心ください。 まずは、一度、ミャンマーへ足を運ぶことをお勧めいたします。皆様との素敵な出会いをお待ちしています。

                                                                                                              

株式会社YSパートナー        
 代表取締役 前田 智之  

ビルクリーニング特定技能ビザとは?

    –ビルクリーニングの特定技能は2024年までに3万7000人の受け入れ計画

    –対象は14業種

    –直接特定技能ビザを取得する場合と技能実習経験者の二つ

    –直接ビザを取得する場合は、日本語試験とビルクリーニングの特定技能評価試験の合格が必要

    –試験対象国は9カ国(中国、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、モンゴル、フィリピン、ネパール、インドネシア、タイ)

    –特定技能1号は家族帯同が認められない

    –ビルクリーニングは特定技能1号のみ(他業種は2号もあり)で最長5年

    –転職・退職は本人の自由

    –生活面のサポート(母国語対応、日本語教育)なども必要

    –生活面のサポートも含めた支援計画作成と実行が必要

    支援計画の作成と実行は登録支援機関への委託が可能

特定技能の候補生を養成中
毎年、優秀な人材確保へ向けた取り組み
コストは実習生より大幅に低下

特定技能サポートの流れ
*スケジュールはテストの合否、ビザの取得などにより変動する可能性があります

1

外国人材の募集

当社が事前に人材を集めて、ビルクリーニング候補者の母集団を形成しています。

説明会ツアーの実施

御社の求人条件をヒアリングして、多くの候補者と面談して御社に選抜してもらいます。

トレーニングの実施

選抜された人材の日本語レベルによって、3−6ヶ月のトレーニングを行います(日本語、特定技能受験対策)

特定技能テスト

ビザ取得、入国受入などの必要なサポートを行います。

ビザの手続き

支援計画の作成、事前ガイダンスの実施、ビザの必要書類の準備と入国管理局への提出(提出は各法人か行政書士への委託となります)

6

入国

住居の手配、入国直後の手続きサポート(転入届、金融機関、生活面の準備)など特定技能で必須のことと任意的な準備も含めてサポートを行います。

7

入職後のサポート

支援計画の実施、日本語教育、生活サポートなど、登録支援機関として、当社がサポートを行います

1

外国人材の募集

当社が事前に人材を集めて、ビルクリーニング候補者の母集団を形成しています。

特定技能の構造

特定技能は、2国間協定にもとづき、海外で採用を行い、日本語とビルクリーニングのテストの合格をすることを条件に付与される就労を目的とした在留資格です。

当社YSパートナーは、海外現地で採用活動を行い、特定技テストの対策を行います。特定技能は業務だけではなく、生活面、日本語教育、母国語による支援体制も必要となります。これらを含めた支援計画を作成してビザ申請を行い、入国後に実行する必要があります。支援計画と実行は登録支援期間に委託することが可能です。

YSパートナーの日本語トレーニング体制

YSパートナー 海外トレーニングセンター
ベトナム、ミャンマー等で展開

下記の考えをお持ちの介護事業者へ

将来へ向けた国際ビルクリーニング人材を真剣に考えたい
多様性のある文化や価値観を取り入れたい
会社の雰囲気を若くて意欲的な外国人とともに明るくしたい
外国人と公平に働く意思と考えがあり、お互いの文化を尊重することに関心がある
中長期的に人材と施設の経営を考えたい
これまでの慣習を大事にしながらも変えていくところは変えていく

エントリーフォーム

下記を記載の上、送信ボタンを押してください。数日以内に担当よりご連絡させていただきます
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信