ゆうきゆう(安田雄一郎)の漫画紹介

ゆうきゆう(安田雄一郎)

ゆうきゆう(安田雄一郎)

作者プロフィール

『おとなの1ページ心理学』『マンガで分かる心療内科』などの漫画作品を手がけている。また精神科医として、安田雄一郎の名前で「医療法人社団 上桜会 ゆうメンタルクリニック」理事長および総院長を務めている医師業の傍ら心理学関係のサイトなども運営する。

ゆうきゆう(安田雄一郎)の代表作品


おとなの1ページ心理学

ゆうきゆう(安田雄一郎)原作のおとなの1ページ心理学

概要 少年画報社の『月刊ヤングキング』にて連載、『月刊ヤングキングアワーズGH』に改名された後も同誌にて2014年1月号まで連載された。舞台は「禁止町医科大学」で精神医学教室、小児科、病理学教室、皮膚科などがある。
主な登場人物
  • 大和 マヤ
精神医学教室の女医。心理学テクニックを駆使して、あらゆる男を手玉に取り、下僕にする。謎の話術でどう考えても不毛としか言えないアイデアを実行させた結果、潰した店舗はいくつもある。恋人もいたが、デートで話すようなものじゃない話題でも、思いついたら口にしてしまうため別れている。基本的にボケキャラだが、周囲の暴走にびっくりすることも割とある。

  • 結城 ユウ
精神医学教室の研修医。モデルは原作者の、ゆうきゆう。女性に全くもてず、いつも悩んでいる。毎度辛らつに断られており、それに対する慣れは「世界中で男があなた一人になっても嫌」と言われても許せるレベル。趣味は妄想。妄想を暴走させ、何度も警察の厄介になる。妄想の所為で女性に振られるだけでなく、同性の友人すら失う様になってしまう。教室内での立場も低く、他の登場人物たちから残念な人として扱いされている。最後の締めで突っ込みを担当することが多いが、制裁を受けることが目に見えているため、心の中で突っ込むだけに留めている。作中後半で突っ込み役を白井に取られる。

  • 結城 ユウ
精神医学教室の研修医。モデルは原作者の、ゆうきゆう。女性に全くもてず、いつも悩んでいる。毎度辛らつに断られており、それに対する慣れは「世界中で男があなた一人になっても嫌」と言われても許せるレベル。趣味は妄想。妄想を暴走させ、何度も警察の厄介になる。妄想の所為で女性に振られるだけでなく、同性の友人すら失う様になってしまう。教室内での立場も低く、他の登場人物たちから残念な人として扱いされている。最後の締めで突っ込みを担当することが多いが、制裁を受けることが目に見えているため、心の中で突っ込むだけに留めている。作中後半で突っ込み役を白井に取られる。

マンガで分かる心療内科

ゆうきゆう(安田雄一郎)原作のマンガで分かる心療内科

概要 Webコミックとしては、ゆうきゆう自身が代表を務める心療内科ゆうメンタルクリニックのサイトにて不定期連載が行われており、雑誌連載作品としては『ヤングキング』(少年画報社)にて2010年第2号より連載中である。単行本は2017年8月までに通巻で15巻、および番外で5巻が少年画報社から刊行されている。
主な登場人物
  • 官越 あすな(かんごし あすな)
ゆうメンタルクリニックに勤務するナース(看護師)。看護学校時代に卒業後の進路を心療内科かABK48で迷っていたが、占い師「秋葉原の兄」に「とりあえずABK48に入るのは遅すぎる」と言われたことがきっかけで心療内科へ進む。明るく快活な性格で、作品の狂言回しでありボケ役でもある。頭の右側で髪を束ねてサイドテールにしている。発想がオヤジ臭く下ネタ好きで、療による解説や発言について突飛な方向へ誤解し、それに対して療がツッコミを行う、というのが本作の基本的な流れとなっている。もっとも、それでも他の家族に比べれば常識人の部類であり、家族がボケたときや療が暴走した際にはツッコミ役に回ることも多い。本人いわく、ヒロイン扱いされていない。金銭欲が強いゆえに貯金額が3000円である。

  • 心内 療(しんない りょう) 
ゆうメンタルクリニックに勤務する心理士。 症例を分かりやすく解説する。基本的にツッコミ役であるが、テーマによっては逆に彼がボケ役に回ることもある。また、あくまで定義を前提に解説を展開させるため、時折常識を欠いた言動も見られる他、解説のために危険なパロディネタをたびたび使用する。 暴走する時のネタの傾向から、割とスケベ。時折ひめるに気があるかのような素振りを見せている。真面目で面倒見のいい性格で、あすなを始めとした人々に悩みを相談されることが多く、勝手に彼を友達だと思っている登場人物も存在する。眼鏡を着用しているが、近視ではなく遠視用とのことである(アフリカで育ち、視力は5.0)。 眼鏡を外すと、いわゆる「3」の字形の目(野比のび太風)になる。幼少時に過敏性腸症候群を患っており、その治療のために心理士を志した。家族全員心理士で、会話から互いの心を読み合おうとするため、食事中は無言である。 好きな飲み物はカルアミルクのミルク部分で、将来の夢はお婿さん。1コマ目にあすなと自己紹介から入るのがお約束だが、官越一家も1コマ目に登場して一緒に紹介するようになってきたため、吹き出しに潰されたりコマの外に追いやられたりなど、満足に自己紹介できていないという流れが定番となっている。

  • 心内 療(しんない りょう) 
ゆうメンタルクリニックに勤務する心理士。 症例を分かりやすく解説する。基本的にツッコミ役であるが、テーマによっては逆に彼がボケ役に回ることもある。また、あくまで定義を前提に解説を展開させるため、時折常識を欠いた言動も見られる他、解説のために危険なパロディネタをたびたび使用する。 暴走する時のネタの傾向から、割とスケベ。時折ひめるに気があるかのような素振りを見せている。真面目で面倒見のいい性格で、あすなを始めとした人々に悩みを相談されることが多く、勝手に彼を友達だと思っている登場人物も存在する。眼鏡を着用しているが、近視ではなく遠視用とのことである(アフリカで育ち、視力は5.0)。 眼鏡を外すと、いわゆる「3」の字形の目(野比のび太風)になる。幼少時に過敏性腸症候群を患っており、その治療のために心理士を志した。家族全員心理士で、会話から互いの心を読み合おうとするため、食事中は無言である。 好きな飲み物はカルアミルクのミルク部分で、将来の夢はお婿さん。1コマ目にあすなと自己紹介から入るのがお約束だが、官越一家も1コマ目に登場して一緒に紹介するようになってきたため、吹き出しに潰されたりコマの外に追いやられたりなど、満足に自己紹介できていないという流れが定番となっている。