稲垣由香の今月発売の新刊を
期間限定無料プレゼント

2016.9.19発売のAmazon書籍を、PDFで無料プレゼント


あの人のことを絶対許せない!
自分を許すことなんてできっこない!

解決できないイライラを抱え込んでいませんか?

Amazonにて販売中のKindle本
『許せない』から自分を解放する5つの鍵

PDF版を期間限定プレゼント中です。
(iPhone・スマホで読めます)

Amazonでの販売ページはコチラ
https://www.amazon.co.jp/

お申込みいただいた方には、自動返信でダウンロード先をメールでお届けします。もしメールが届かない時には、ご面倒ですが迷惑メールなどに入ってしまってないかご確認下さい。

お申込みいただいた方には、天使力コーチング☆稲垣由香のメールマガジンを配信させていただきます。メルマガでも、てんちゃん&ちーちゃんが大活躍。さらに自分との向き合い方をお伝えしていきます。もちろんいつでも配信解除できますので、ご安心してご登録ください。


こんな症状はありませんか?

どうしても許せない人がいて
夜も眠れない
ダメな自分、できない自分に
怒りを感じてしまう
相手に間違いを認めさせたくて
イライラしてしまう
自分を許せるなら許して
この苦痛から解放されたい
許したら負けだと思ってしまう

その症状を解決します!

『許す』ことって、とっても難しいと思ってませんか?

『相手が悪いのになんで許さなきゃならないの?』

あなたのその気持ち、よーくわかります!

でも
『許さない』ことで損をしているのは
他でもないあなた
なのです。


その損をこれからも続けていきますか?

実は、『許す』ことにはコツがあります。
もし、あなたがそのコツに少しでも興味があるのでしたら、
ぜひ続きをお読みください。

『許せない』から自分を解放する5つの鍵とは?

    • 『正直な自分』と『本当の自分』
    • 『勝ち敗け』と『しあわせ』
    • 『許せない』と『許さない』
    • 『悲劇のヒロイン』と『人生の主役』
    • 『本当に大切なこと』

私、稲垣由香が伝えたい『許す』ということ

許すという言葉を聞くと

「自分の気持ちは犠牲にして
相手のために我慢すること」
と想像する方が多いかもしれません。

また、逆に
許すという発想自体が
上から目線で好きじゃないという方も
いらっしゃるかもしれません。

でも、天使力として
『許す』を一言で表すとしたら

自由に解放すること

なのです。

そして、
何を許すのかと言えば
まず自分自身なのです。

思い出したくない過去の挫折や、
隠しておきたい感情など、
見たくない自分のいない人なんて
いませんよね。

でも、あなたのお気に入りのあなたも
弱点に感じられるあなたも

全部まとめて、あなたなのです。

自分の人生に「ありがとう」を言うことを許しませんか?
「大丈夫だよ」と励ましてあげませんか?

コツは
あなたの視点で
あなたの人生を評価して
許すか許さないか裁くのをやめて

存在そのものを
ありのままで許してしまうこと。

頭で裁かずに
心で受け容れていきます。

あなたの性格のでこぼこに
足し算、引き算して
素晴らしくなったら
存在が許されるのではなく
 
存在そのものが
可能性の塊で
素晴らしいから愛すべき存在なのです。

許すと
今のあなたの発揮しているチカラより
はるかに大きなチカラを発揮することができるようになるのです!

「なぜ、あなたの本来の力が出ないのか?」
という大きな原因の一つは、

あなたが、あなたを縛っていることにあるのです。

あの人が許せない、という固くなった心。
そして、最後は、他人がどんなに許してくれても、
自分で自分が許せなくて羽ばたけずにいるのではありませんか。

この小冊子では
あなたの可能性を解放するために許すお手伝いができたら、
うれしいと思って

てんちゃん&ちーちゃんを通じて
誰の心の中にもある素直な声を語っています。

読んでみてくださいね。

気になる書籍の内容は?


大丈夫!!


あなたはもう
ラクになっていいんです♪

第1の鍵

『正直な自分』と『本心の自分』を受け容れる

感情というのは、自然に湧き上がってくるものです。

目の前でおもしろいことが起きているのに
こみ上げる笑いをこらえるのは一苦労ですが
同じように涙や怒りといったマイナス感情は
特に消すのが難しいものです。

まさに、湧き上がってくるものです。

キレイじゃない人間臭いマイナスな自分の中にとっぷりと浸かってい生きるのは
決して心地よいものではありません。

けれども
ふつふつと湧き上がる否定的な気持ちを
出てこなくさせることはできません。

では、どうしたらよいのでしょうか?

まず、知っていただきたいのは、

正直な自分(嫌な感情)と、本心の自分(天使性)は違う


ということなのです。

ですから
何か大きく感情が揺さぶられるようなことが起きた時
その大きな感情の波に自分自身が飲み込まれてしまわないように
「なんでこんな感情が起きたのかな?」って
いったん自分のココロに聴いてみるのです。

今、まるで子供のように困っている自分が
本当に頼りになる温かいお母さんから答えをもらうように
自分のココロに聴いてみてください。

耳を澄まして聴いてみれば
必ずあなたが本当に望んでいる人生を贈るための言葉が響いてきますよ。

それが天使性の自分です。

本心の自分です。

第2の鍵

『勝ち敗け』より『しあわせ』を選ぶ

心がもやもやしている状態は、しあわせではありません。

では、どんな時にもやもやするのでしょうか?

ここでは許すという観点からモヤモヤの原因を考えていきますね。

まずは
相手が悪い、相手が間違っている、といくら心の中で裁いても
モヤモヤが晴れることはありません。

たしかに、相手が悪いかもしれません。
そうかもしれません。

ただ、実際にそうであっても
相手をやりこめる方法をどんなに長時間考えても
すっきりすることはないのです。

なぜかと言えば
そうやって相手を責めている時は
あなたの人生の主導権は相手の存在に支配されている状況だからです。

自分で自分をコントロールできない状態が、一番モヤモヤするのです。

客観的に見ても『私は正しい!』って思う気持ちもあるでしょう。

だから、誰かにわかってほしい!証明したい!と思う気持ちもよくわかりますが
実は、その心のつぶやきや、心の叫びが
一人ひとりの人生の運転手にあたる潜在意識に命令を与えているのだとしたら、どうでしょう?

誰かの言葉によって自分の感情が大きく右に揺れ
左に揺れすることによって人生もまたコントロールを失い
運命が左右に大きくぶれていくことになっていくとしたら、どうですか?

そんなこと、納得できますか?

第3の鍵

『許せない』のではなく『許さない』だけと知る

たとえ
相手がどんなに悪いことをしてきたとしても、
だからと言って全員がその相手に対して
『許せない』と思うわけではありません。

たとえ
それがどんなに理不尽な出来事であっても

たとえ
それがどれほど心ない言葉であっても

それに対してとる態度は人それぞれ違います。

つまりポイントは
目の前の許せない人や、許しがたい出来事によって
あなたがモヤモヤしているのではないというのとなのです。

これ以上は許さない
と判断し裁くことで心の中にモヤモヤがでてきているのです。

これは、重要なことなのです。

実は
許せない相手がそこにいるのではなくて
許さないという心が自分の中にあることが原因で
大切なあなたを苦しめ続けているのです。

許さないという感情は
実は
あなたの勝手な思い込みによって生まれてくるのです。

『ふつうは、ここでこんなことはしないよね?』

『これは、こうするべきだよね?』

本当にそうなのか?

本当にそれは、そうしなければならないことなのか?

大切なことは


自分で気づかずに自分を縛ってしまっている
勝手な思い込みによるマイルールが自分を苦しめているならば
このルールを修正できればあなたの人生は変わる


ということなのです。

この事実を受け容れることができると
自分の人生のコントロールが
とても楽に、楽しくなります。

なによりうれしいことは
自分自身で自分のしあわせ度をコントロールできるということです。

あなたがなにかの出来事や投げかけられた言葉によって
『どんな感情になるか?』という影響をあなたに与えられる人は
あなた以外には誰もいないのです。

あなたの心は、あなたのものです。

あなたの人生は、あなたのものです。

相手を変えることはできませんが
許すか許さないかは
自分で自由に決めることができます。

第4の鍵

『悲劇のヒロイン』ではなく『人生の主役』と自覚する

たとえそれがどんなに素敵な期待であれ、切なる願いであれ
相手を変えることはできません。

ですから
何とかして相手の言葉や行動を止めさせられないか
と考えることは、本当は不毛なのです。

が、外側から入ってくる刺激にぐらぐらと揺れやすいと
その刺激そのものを止めたくなるものです。

でも、相手の心も身体も100%相手の自由なのです。

ですから
こちらでどんなに勝手に筋書を考えたとしても
その通りに相手を変えることはできません。

できないことにチャレンジするのでエネルギーがムダに奪われて
そこには徒労感が生まれてきます。

なにもかも自分の思い通りにならないジレンマによって
ココロの中は被害者意識でいっぱいになってしまい
自分で自分を被害者へと追いやってしまうのです。

あなたの目から見ると
自分の思い通りにならない相手は
悪役を演じるているかのように見えます。

では、どうしたらいいのでしょう?

悪役に見える相手を変えようとするのではなく
自分が主役になると決めることです!

ただ、それだけなのです。

とにかく


自分が主役になると決める
そして、最大限に可能性を発揮すると決める!

ただこれだけです。

ここが決まらないと

あなたの望みどおりにならないと
『あの人が邪魔するからだ』と相手のせいにしてみたり、

夢の実現の途中で障害が出てきたら
『もう、無理だ』と環境のせいにしてみたりしますが

それは、あなたが勝手にそう思い込んで
そういう考え方をクセにしてるだけではないですか?

第5の鍵

『本当に大切なこと』だけを大切にする

あなたにとって
しあわせとは、どんな状態でしょうか?

外側から与えられた評価や言葉が
今のあなたにとってうれしいものであれば
しあわせなのでしょうか? 

たしかにそれもあるでしょう。

ところが
外側から与えられたしあわせは
実は不安と表裏の関係なのです。

人からの評価だけでなく
お金、地位や名誉など、外側から与えられる喜びはすべて
いずれ状況が変わって失うかもしれないという不安や
奪われるかもしれないという恐怖と表裏一体なのです。

なんと
表面上ではしあわせを味わいつつも
心の奥底では同時に恐怖や不安を味わっているのです。

ある意味では、ふしあわせと同じ状態とも言えます。 

もし
その状態や環境が許されなくなると
もろくも崩れ去ってしまう不安定なしあわせなのです。

そうです!

ここまででお気づきのように
実は

本当のしあわせとは
外側から与えられるものに依存した不安定なものではなく
自らの内から湧き上がる願いに基づいた不動のものなのです。

この内側からの願いに基づいて行動できる人を
自立した人、と言います。

目には見えない、手には触れることができない
心の中から湧き上がる願いは
目には見えない、手には触れることができないから

ともすると
その願いは実体のない不安定なものに感じるかもしれませんが
そういう透明なものだからこそ真の意味では他人によって
壊されたり、汚されたり、傷つけられたりすることなどあり得ないものなのです。

なぜなら、自立しているからです。

このしあわせは、100%自分でコントロールすることが可能です。
それは、あなたに人生の主導権があることを意味します。

そのためには
『自分にとって本当に大切なこと何であるのか?』
とココロの声にじっと耳を傾けてよく聴いて
聴き取れたなら、本当に大切なことを大切にする生き方を選択しましょう。

この選択が人生の満足度を決めていきます。

第1の鍵

『正直な自分』と『本心の自分』を受け容れる

感情というのは、自然に湧き上がってくるものです。

目の前でおもしろいことが起きているのに
こみ上げる笑いをこらえるのは一苦労ですが
同じように涙や怒りといったマイナス感情は
特に消すのが難しいものです。

まさに、湧き上がってくるものです。

キレイじゃない人間臭いマイナスな自分の中にとっぷりと浸かってい生きるのは
決して心地よいものではありません。

けれども
ふつふつと湧き上がる否定的な気持ちを
出てこなくさせることはできません。

では、どうしたらよいのでしょうか?

まず、知っていただきたいのは、

正直な自分(嫌な感情)と、本心の自分(天使性)は違う


ということなのです。

ですから
何か大きく感情が揺さぶられるようなことが起きた時
その大きな感情の波に自分自身が飲み込まれてしまわないように
「なんでこんな感情が起きたのかな?」って
いったん自分のココロに聴いてみるのです。

今、まるで子供のように困っている自分が
本当に頼りになる温かいお母さんから答えをもらうように
自分のココロに聴いてみてください。

耳を澄まして聴いてみれば
必ずあなたが本当に望んでいる人生を贈るための言葉が響いてきますよ。

それが天使性の自分です。

本心の自分です。

ストーリーだから読みやすい

この書籍は
全5章のてんちゃんとちーちゃんの会話形式プラス解説
という形式になっています。

ストーリーだからスラっと読めて
スッと頭に入ってくるのです。

さらに章の終わりと最後には解説があり
そこでポイントをまとめてありますので
あとから必要なところを確認することも簡単です。

きっと、あなたのチカラになってくれるでしょう。

それでは、会話の一番最初の部分をごらんください。

PDF書籍 第1章の始まり部分

ちーちゃん
「てんちゃーん!
 相談、相談。
 ちょっと、許せないことがあるの~。

 実はね、職場の同僚でちょっと困った人がいてね、
 陰で私の悪口を言ってるんだ。。。

 この前部長から急に呼ばれて

 『ちょっと、
 一応確認しておきたいことがあるんだよ』
 って言われて

 『君が陰で、竹澤くんのほうが部長職にふさわしいと思うと
 言っている、とわざわざ私に報告に来てくれた人がいて
 まあ、一応確認なんだけど
 そういうことを言ってるのかい?』って。。。

 はぁ~?そんなこと、言ってないしっ!
 ってもうびっくり」


てんちゃん
「なにか心当たりはある?」


ちーちゃん
「ちょっと前に、お昼の休憩中に、
 『〇〇さんって素晴らしいよね』っていうお話になって
 相槌はうったよー、確かに。

 でも、その話をふったのは私じゃないし、
 まして、部長より素晴らしいなんて
 比べて話してないしっ。」


てんちゃん
「それはちーちゃんが上司にかわいがられているから、やっかみかな?」


ちーちゃん
「うーん、そうかも~。

 なんかね、みんな上司に好かれたいのかな?

 私が上司に媚びを売っていると
 思われているような気がするー。

 他にも、飲みに行くのに最近
 私だけ声がかからなかったりするし。。。

 単なる噂話とかは、いずれは消えるだろうし
 いろいろと気にしないようにしたいと思うけど
 毎日、顔を合わせるので会社に行くのも気が重くて。。。

 どうしたらいいかな?」

てんちゃん
「そりゃ、いやだよねー。

 誰だっていやだよ、
 そんないわれのない悪口言われたら。。。

 で、また、多いのよね。
 だいたい、たいした根拠がないのにね」


ちーちゃん
「そうなのよー!

 なんかね、
 『そう言えば、あの人、
 上司ににぴったりくっついて仕事していたもの。。。
 ちょっと、怪しくない?』
 とかって言われているらしいけど、

 あーのーねー、
 こっちからしたら、なんで私にばっかり
 難しい仕事がふられてくるわけ?
 っていう感じだったんだよね。

 で、難しいから、いちいち聞かないと
 わからない仕事が多かったわけ。

 ところが、
 あること、ないこと
 ないこと、ないこと
 いうでしょ?」


てんちゃん
「たいていね、悪口はいくらでも膨らむからね(笑)

 だけど、その悪口が事実がどうか、なんて
 本当はわからないでしょ?
 それなのに、わざわざ噂を広げて
 不幸を作るんだものね。

 どうせ、その話が事実かどうかわからないんだったら
 いっそのこと逆に

 『あの人って天使みたいだよね』

 って弘めてくれたらいいんだよね。

 陰口ならぬ、陰ホメね。

 そしたら、陰ホメしてくれた人は、
 その人にとって天使になれるのにね」


ちーちゃん
「おー、それは素敵!
 まさに天使だよねー。
 でも、私の中にも天使っているかなぁ。。。

 私、てんちゃんから見て、大丈夫そう?(笑)
 小悪魔とかに見えてないかな?」

てんちゃん
「ん?私の目には天使に見えるわよ。
 ちーちゃんは自分のことをどう思っているの?」


ちーちゃん
「私ねー、
 実は、みんなの前ではニコニコしてるけど、
 けっこう腹黒いかも。。。

 そんなにいい人じゃないんだよー

 もう、その悪口を言っている人たちが
 休むとホッとしている自分がいるもん。

 もっと休んでほしかったり、
 なんなら職場を辞めてほしいと思ってるもんね、
 心のなかでは、本当はね。

 それが、本当の私なんだと思うよー」

てんちゃん
「そうか、そうかー。

 それはね、本当のてんちゃんだと思うのは勘違いで、
 それは本当のてんちゃんなんじゃなくて、
 正直なてんちゃんなんだよ。」

ちーちゃん
「正直な私?
 本当の私と、正直な私って違うの?」


てんちゃん
「そう♪
 正直なちーちゃんっていうのは、
 『相手のことが嫌い』って揺れているてんちゃん。

 これはちーちゃんの正直な感情だよね。

 でもね・・・



PDF小冊子に続く♪

『許せない』から自分を解放する
5つの鍵

電子書籍無料ダウンロード
(PDF版98ページ・スマホで読めます)

お申込みいただいた方には、自動返信でダウンロード先をメールでお届けします。もしメールが届かない時には、ご面倒ですが迷惑メールなどに入ってしまってないかご確認下さい。

お申込みいただいた方には、天使力コーチング☆稲垣由香のメールマガジンを配信させていただきます。メルマガでも、てんちゃん&ちーちゃんが大活躍。さらに自分との向き合い方をお伝えしていきます。もちろんいつでも配信解除できますので、ご安心してご登録ください。




著者・稲垣由香プロフィール

神奈川県横浜市在住。個人セッション累計2千人以上の経験から、誰もが持つ『無限の可能性』を開花させる、天使力コーチングを確立する。地元横浜を始め、東京、静岡、大分など全国にクライアントを持つ。個人セッション&レッスン、法人セッション、グループワーク、セミナー、合宿など、様々な形で多くの人を導いている。

天使力コーチ☆稲垣由香公式サイトはコチラ

天使力☆コーチングとは 1

天使力☆コーチングって、いったい何なの?

そんな疑問を私、稲垣由香のメルマガ
【てんちゃんちーちゃんの天使会議】
の第一話からご案内です。

☆゚゙^~*_;-。☆゚゙^~*_;-。

ちーちゃん
「天使力コーチングって、そもそも何なの?
 聞いたことないし。。。」

てんちゃん
「よくぞ聞いてくれました!

 天使力って
 いろんな願いが込められてるんだよー!

 この言葉はね
 天使メンバーとミーティングしてたら
 インスピレーションがきたの♪

 まぁ、一言で言ったら
 『天使視点のコーチング』
 です♪」

ちーちゃん
「天使視点ってどんなん?」

てんちゃん
「天使って自由に飛べるから、
 少し高いところから見るでしょ?

 その視点♪
 自分から離れて
 自分と相手をゆったり見る視点のこと。

 そうするとね、
 時間の流れや
 全体像から見たら、
 『そこにいる意味』や
 『その出来事の意味』がわかったりするのよ」 

ちーちゃん
「あっ。
 今、ちょうど、意味を知りたいよ~。

 職場で私は一応チーフなの。
 で、上司が異様に私に厳しいの!

 なんでこんなことになるの?って
 よく思うもん!

 一生懸命、やってるんだけどなー。

 そりゃ、私は、女性らしさにもかけるし
 かわいらしくないかもしれないけどさ。。。

 はっきり言って、
 私。かわいがられるタイプじゃないんです!」

てんちゃん
「それは、ちーちゃんの勘違いだよー。

 ちーちゃんががかわいくないんじゃないんだよ。

 天使視点で言ったら、

 ちーちゃんの立場に置かれたら、
 誰でもそういう扱いを受けるようになる
 というだけのことだ♪

 だって、厳し目の上司のもとで
 チーフなんでしょ?

 ちーちゃんの性格が、
 かわいくないわけでもないし、

 まして、
 ちーちゃんができない人なわけじゃない。

 あなたの立場に立った人なら
 誰でもが味わう経験。

 それをどう感じるか、
 それをどうとらえるか、
 それだけが、重要なこと!

 それが、自己イメージを作るからね。

 だから、
 まずは、
 天使視点で自分も他人もゆったり見つめて、
 温かい思いでがんばってる自分を
 ハグしてあげてほしいの。

 ダメなんかじゃないからね。

 天使視点は失敗も成功も温かく見守れるようになるのだ。

 それが、天使力コーチングの一つの特徴だよ。」


☆゚゙^~*_;-。☆゚゙^~*_;-。


このような天使の視点から
あなたを見守り
あなたが羽ばたくお手伝いをするのが
天使力コーチングです。

天使力コーチングが伝える
『許せない人』が『許せる人』になる天使の法則

ぜひこの機会に手に入れてくださいね!

 


『許せない』から自分を解放する
5つの鍵

電子書籍無料ダウンロード
(PDF版・スマホで読めます)

お申込みいただいた方には、天使力コーチング☆稲垣由香のメールマガジンを配信させていただきます。メルマガでも、てんちゃん&ちーちゃんが大活躍。さらに自分との向き合い方をお伝えしていきます。もちろんいつでも配信解除できますので、ご安心してご登録ください。

全国の天使力コーチング☆クライアント様の声

川口春美 様(静岡県)
職業:会社員
コーチ養成&セッション



 『天使力コーチ養成講座』のレッスンを受け始めて9ヶ月。思えば私はコーチングというものをよく知らないまま、信頼する方の紹介でお試しコーチングを受け、そのたった一時間のセッションのみで「自分がコーチになりたい!」と、いきなり受講を決意したのでした。

 ところが、コーチングというものがどういうものかという情報が他から入り始め、そして意外にも身近にコーチ経験者がいたことがわかり話を聞くと、私にはコーチになることや、コーチングを受けることさえ向いていないのではないかという、ショッキングな事実が判明。

 それは、私にとって型にはまった違和感のある質問は、する立場でも、受ける立場でも反発心が芽生えるだろうという理由からでした。 確かに、誘導されていると感じる質問は、それだけで素直に答えたくなくなるという経験はあります。

 私の決断は、間違っていたのか? そんな不安を抱きながら始まったレッスンでしたが、いやいや、私の決断は間違ってなんかいませんでしたよ。

 だってね、反発心どころか「稲垣さんの天使力コーチングにご縁をいただけて本当によかった」という気持ちが、セッションや、後に受け始めたレッスンの度に湧いてくるのですよ。 幅広く学ばれていることはもちろん、稲垣さんの在り方そのものに、毎回感銘を受けるのです。

 型にはまらず、潜在意識を大事にする愛のある天使力コーチングだから、そして、上から目線がとっても苦手な私がまるごと信頼でき、安心してゆだねられるお母さんのような稲垣さんだからこそ、私の羽根は喜んで成長しつつあるのだと思っています。

 数あるコーチングの中で、天使力コーチングを選択できたことは、私の自慢です。近い将来、大きな羽をふわっと広げて誰かの天使になること、そしてまた私のコーチングを受けて大きな羽で飛び立つ天使を想像しながら、残りの受講を楽しみたいと思います。

日高圭子 様(静岡県)
職業:セラピスト
コーチ養成&セッション



「天使力コーチングを受けたら、それまでは、ほわーんと、 なんとなく妄想していた夢が、現実に『本当に私がやりたいこと』として、 はっきりとイメージできるようになりました。

地に足がついた感じになったら、 まったく不思議なことに引き寄せが起きて計画していたよりも、 なんと! 半年も先取りした形で、 あれよあれよという間に 念願のお仕事を始めることになりました。

由香さんから 『心に映像が描けるようになると、 現実を引き寄せるからね』 と聞いてはいましたが、次から次へとお仕事を始めるために必要な人が 目の前に現れてきて それまでの状況とは一変しました。

12回のレッスンのうちの3回目で作成したプロフィールがしっくりきたことが きっかけで始まった引き寄せですが、成功への分岐点となったのは、ある方から、突然、『コーチングを使って、お一人おひとりにぴったりのアロマの香りを創るお仕事をしてみないか?』という依頼が舞い込んできた時に、その瞬間に、常識的に考えて 「今は、まだ、無理だ」 「自分には、このコーチングも卒業していない段階ではできるはずがない」 と判断せずに とにかく 速攻で由香さんに相談したこと!

自分の直感を信じて 相談して 『やってみる』という決断ができたことが なにより大きかったと思います。


穴見美由紀 様(大分県)
職業:会社経営
個別レッスン&セッション



コーチングを受けて、自分の心の傷になっていたものが、解けました。すると、いつの間にか、自分を好きになっていました。

他人の目が気にならなくなり、生きていくのが、楽になりました。私が話す言葉も、変わってきたと、人から、よく、言われるようになりました。

神様から愛されているという気持ちが強くなったので、happyな毎日です!!

今まで、マイナスの気持ちが出てきたら、「まずいな、どうやって消していこう」と思っていたので、結果として、気持ちの処理ができていなかったことに気がつきました。

コーチングをうけて、マイナスの気持ちも自分にとって大事なものだ、とわかったので、邪魔にならなくなりました。

自分の気持ちの整理がつけやすくなったことが、一番、嬉しい学びでした。

天使力コーチングとは 2

「天使力ってなんですか?」
って、よく聞かれます。

『天使力』とは
あなたの人生を新生させて
大きく飛躍させるあなただけの力のことです。

天使力との出逢いの瞬間は
命を守る生き方から
命を使う生き方へと
ポイントを切り替える瞬間となります!

あなたの天使力との出逢いの日は
新しいあなたの誕生日とも言える
運命を切り拓く日となるのです。

天使力は
すでにあなたの心の中にあります。

でも、発見されるまでは
あっても『ない』のと同じです。

まるで、透明で見えない天使のようです。

あなただけのオリジナルの
人生のチャームポイントに
まだ、あなたさえも気がついていないのです。

チャームポイントとは
人と違うから
チャームポイントなのです。

だから
あなたの人生のチャームポイントである
天使力に気づくことができれば
あなたの願いにぴったりフィットした
あなただけの人生をデザインすることができるようになるのです。

私が天使力コーチングを始めた理由は

生きている人であるならば
すべての人がもっている『心の力』と
その心の奥に潜む偉大な『天使力』を発見することができれば
命のもっているメッセージのままに自分らしく生きることができる

と知ったからです。

私自身が
私の心の中だけにあって
私さえも知らなかった
『天使力』という言葉と
はじめて出逢うことができたのは
2014年の11月。
約2年前のことです。

このレポートの編集をしてくださった竹澤英治さんが
私の中からこの魂の言葉を引き出してくれました。
潜在意識の深いところに届く質問によって。。。

この瞬間、
天使力コーチングが誕生しました。

それまでやってきたコーチングが
天使力コーチングへと生まれ変わったのです。

引き出されたということは
すでに、私の心の中にあった
ということなのです。

こんなに大切なものに
出逢えた瞬間は、感動でした。

無意識にではあるけれど
ずっと大切に心の中で育ててきたんだ、と思いました。


息子が命を懸けて教えてくれた

では、その天使力が
そもそも私の心の中に宿ったのは、いつなのかというと
さらにその20年前のことでした。

『天使力』そのものを
宿してくれたのは
22年前に亡くなった息子です。

ずっと温めてきたものが
20年の歳月を経て
たった一つの質問によって導き出され
その時から『天使力』は
私の命の代名詞になりました。

天使のように透明で
目には見えない魂の言葉
『天使力』を引き出すことは
無限の可能性を引き出すこと。

これが
天使力コーチングの始まりです。

息子は、言葉をしゃべることができなかった。
でも、全身を使って、いえ、命を使って
私に思いを伝えてきました。

私が病院に行って話しかけると
そのときは、明らかに心電図の「ピッ、ピッ」という音と波形が落ち着くのです。

全身で「お母さん、大好き」と伝えてくれている、と感じました。
「お母さんが元気な身体を作ってくれなかったから、、、」
なんて恨む心は微塵もないのです。

全身で大好き!と訴えてくる。
存在をそのまままるごと許されていると感じました。

なんの条件もつけない愛ってこういうこと。

条件は、他人と比較したときにはじめて生まれてくるのだと知りました。

そして、私も
息子の命は、この人生以外を生きることはできない!
この人生しか生きることはできない。

だから
他の人は五体満足だとか
健康だとか
そんな比較はまったく意味がなく

比べなければ、自分の100%の人生を生きることができると知りました。

そのときに
どの人生も本当にいとおしくなりました。

私のことを
まるでライバルのように鍛え上げるように厳しく育てた父に
私はそれまで葛藤を持っていました。

この父は、病院に来てくれましたが
病気で今にも壊れてしまいそうな初孫を抱っこできませんでした。

そのときに 

「あー
この父は情があつすぎて
人が傷つく姿を直視するのがつらすぎて
初孫を抱っこすることができないんだ!」

とそれまでの父に対する感情が真逆になりました。

それまで、厳しい人だと思っていました。
ともすると、自己中心で怒るように見え、冷たく感じることもありました。

でも
本当は
違った。

父は
情があつくて
愛しすぎて
その表現が私が望むような形ではないだけなのだ
と知ったのでした。

これが、太一が私に授けてくれた『許す力』なのです。

許すとは、自分で勝手に自分にかけた呪縛から自由になることなのです。

息子は、一切の言葉をしゃべることができなかった。
泣き声さえ聞くことはかなわかなった。

その、本当に小さな小さな身体に
どれだけ大きなメッセージを入れて来たのだろう!

罪悪感は、いらない。
伝えたいのは、ごめんなさい、じゃない。

ありがとう!!!って
伝えたい。

命のメッセージ『天使力』に気づき
ありがとう!に生きるとき

あなたも、必ず、誰かの天使として
生きています。

「あなたも、誰かの天使なんだよ」
天使としての命を生き切るお手伝いをさせていただくこと。

これが天使力コーチングの使命です。