学びを最大化するための関係性づくり
ラーニングクリエイター@沖縄【親川友里】

フリーランスの場づくり人として、学校・企業・家族・個人に向けた、楽しく学べる関係性づくりプログラムを実施しています!
#関係性構築 #性教育 #キャリア共育 #PBL #自己他者理解

関係性づくりを大切にする
「まなび」×「あそび」の場づくり


自己と他者を知り、学びの環境を整える場づくり!
「心理的安全性」を実感できる、関係性づくりプログラム
目の前のことに関心を持ち、集中して学べる状態を作るためには“安心安全だと感じられる環境づくり”が大切です。「自分が他者にどう見られているか不安」「先生にどんな評価をされるか怖い」などジャッジされていると感じる雰囲気があると、素直な感情や思考を出すことができず、学びの相互作用を疎外してしまいます。そこで、アクティブラーニング(ワークショップや対話を主とするスタイルの学び)が上手くいくための土壌づくりとして、心理的安全性の高い場で信頼関係を築けるプログラムを実施しています。

〈場づくりをする上で大切にしていること〉
#グランドルールの共有
#フラットな関係性(学びを与える人ではなく、共に学びをつくる仲間)
#好奇心に火をつける
#YES,AND(すべてを否定せず受け止め、真ん中に置く問いを投げる)
#オープンマインド(わたし自身の自己開示)
遊びの中でコミュニケーションを学ぶ!
思考パターンや感情表現のクセに気づき、共有する楽しさを実感する

人にはそれぞれ特性があり、得意なこと苦手なことがあります。思考のパターンや学び方のスタイルにもその特性は現れますが、自分自身の特性を理解している人は大人でもそう多くはありません。特に、コミュニケーションを取る上で欠かせない“表現すること”は、自己/他者理解ができていないために上手くいかないことがあります。そこで、まずは遊びの中から自分の特性に気づき、どんな受け取り方/伝え方のクセがあるのかを知るプログラムを実施しています。
プログラムに興味がある、具体的に話を聞きたいなどお問い合わせはこちら。
《なぜ、遊びなの?》
一見すると勉強とは関係ないゲームに夢中になって楽しむ中で、伝わるための工夫を学び、気づきを共有する楽しさを実感することができます。遊びは、まず楽しむことが第一の目的です。何か正解のある課題とは異なるため、素直な反応が出やすいという魅力があります。感じたこと、考えたことをそのまま受け取ってもらえる安心感と、他者との「違い」は「間違い」ではないと実感できる経験は、表現をする上での自信となります。

《感じる→気づく→挑戦する》
言葉だけでなく表情や声のトーンなど、私たちは五感を使ってたくさんの情報を伝え合っています。正解のない個々人の「感じ方」に注目しながら「気づき」を得ることで、自分の特性を理解し、他者との違いを楽しむことができるようになります。
学びへの好奇心がますます高まり、アウトプット(自分の感情や思考を表現)することに挑戦的になれることを目指しています。

実践中のプロジェクト・導入事例

企業の課題解決プロジェクト(大学)
アイスブレイク・チームビルディング・キャリアを考えるワークショップ(中学校〜大学)
性について健康・リレーションシップ敎育(中学校〜大学、一般)
性について健康・リレーションシップ敎育(中学校〜大学、一般)

✨NEWプロジェクト✨

私たちの取扱説明書
人生のパートナーを求めている方・より良い関係性へアップデートしたいパートナー(カップルや夫婦)へ向けた、出会いと関係性づくりのプログラムを提供しています。自分と相手を知り、お互いが幸せになるためのコミュニケーションを探究できる、ふたりの取扱説明書づくりを行っています。
タブーに踏み込む
性教育プロジェクト
性教育はいろんな人が実践しているけれど、性の知識や性的同意について無知な人はまだまだ多い...課題はまだまだ山積み。伝えたいことではなく「伝わること」を意識してタブーに踏み込む、オリジナルのプログラム開発をスタート!
タブーに踏み込む
性教育プロジェクト
性教育はいろんな人が実践しているけれど、性の知識や性的同意について無知な人はまだまだ多い...課題はまだまだ山積み。伝えたいことではなく「伝わること」を意識してタブーに踏み込む、オリジナルのプログラム開発をスタート!

過去の実績

学校
小学校
沖縄市立島袋小学校
・2019年度(2019年5月〜2020年3月) 放課後島っ子エディブル:カリキュラムコーディネート

中学校
那覇市立小禄中学校
・2019年5月24日 3学年クラス対象PBLキャリア教育:アイスブレイク・コミュニケーションワークショップ

高等学校
沖縄県立豊見城南高等学校
・2020年1月29日 1学年全体対象:自己・他者理解ワークショップ
・2020年2月19日 1学年クラス対象:自己/他者理解ワークショップ

大学
沖縄大学
・2019年度前期(4月〜7月) キャリア開発論:チームビルディングワークショップ・企業人講話ふりかえりファシリテート
・2019年度後期(10月〜1月) キャリア選択論:チームビルディング・PBL講義リフレクションファシリテート
・2020年度後期(10月〜1月) キャリア選択論:アイスブレイク・チームビルディング

沖縄国際大学
・2019年前期(6月24日、7月1日) 基礎演習Ⅲ:企業招聘授業内アイスブレイク・ファシリテート
・2019年後期(10月3日、10日、24日) キャリアデザイン論:アイスブレイク・自己/他者理解ワークショップ・企画づくりワークショップ・チームビルディング
・2020年後期(10月8日、22日、29日) キャリアデザイン論:アイスブレイク・自己/他者理解ワークショップ・チームビルディング
法人
塾・放課後の居場所
意進学院真志喜校
・中学3年生対象:自己/他者理解ワークショップ

NPO法人エンカレッジ嘉手納校
・小学生対象:アイスブレイク(初めての児童に向けた場づくり)中学3年生対象:キャリアを考えるワークショップ
任意団体・個人
イベント・勉強会
マイプロジェクト沖縄summit
・2020年1月26日 沖縄大会にてブースファシリテーター担当

学生団体_性教育をもっと楽しく「セク育」
・2020年4月18日 性の健康とリレーションシップ(性的同意について)勉強会_オンライン

高校生対象(個人)
・性の健康とリレーションシップ勉強会(2020年4月 1名)

社会人対象(個人)
・性の健康とリレーションシップ勉強会_オンライン(2020年4~5月 4名)

中学校
那覇市立小禄中学校
・2019年5月24日 3学年クラス対象PBLキャリア教育:アイスブレイク・コミュニケーションワークショップ

受講した学生の感想

私は人前で話すことや自分の意見を言うことがとても苦手ですが、今回の講義で少しだけ人前で話すことに慣れ、楽しいと思えるようになりました。すぐに相手の意見を否定するのではなく、まずは受け入れることが大事だなと思いました。今後、yes,andを活用していきたいです。
知らない人がほとんどの授業で不安でしたが、ゆりりんさんのおかげで楽しみながら仲良くできました。ありがとうございました!

(沖国2年 女性)
コロナの影響で前期の講義がほぼほぼリモートで友達・知り合いは大学の中で一切増えませんでした。後期に入り対面式の講義が増えるなかで、キャリアデザイン論はみんなとコミュニケーションをとる事と発表が多くて講義中は一切「寝る」の1文字も浮かばないほど凄く神経を使うものでした。
これからもなるべくチームワーク力と協調性を発揮して頑張っていこうと思いますのでよろしくお願いします。

(沖国2年 男性)
コロナの影響で前期の講義がほぼほぼリモートで友達・知り合いは大学の中で一切増えませんでした。後期に入り対面式の講義が増えるなかで、キャリアデザイン論はみんなとコミュニケーションをとる事と発表が多くて講義中は一切「寝る」の1文字も浮かばないほど凄く神経を使うものでした。
これからもなるべくチームワーク力と協調性を発揮して頑張っていこうと思いますのでよろしくお願いします。

(沖国2年 男性)
プログラムに興味がある、具体的に話を聞きたいなどお問い合わせはこちら。

ゆりりんが活躍できる現場とは?

#信頼関係を築きたいけれど、なかなか本心が出し合えない

学校の中にある学級や部活、会社や家族など...どんなコミュニティだったとしても、他者と関わる時には誰しもが少なからず「見せたい自分の姿」を考えながら発言・行動しています。「こう思われたい」「こんな風には思われたくない」など、今までどんな人と関わりどんな経験をしてきたかによって、先入観をもとに自分の振る舞いを決めていることも多くあります。心からの信頼関係を築くためには、一度その“先入観”を置いておくことで、今、目の前にいる人の感じ方・考え方にしっかり向き合うことが大切です。
わたしは、今ここにいる自分と他者に集中し、新たな/アップデートした関係性づくり(個人・組織)を目指したいという想いがある場で活躍します!
#こんなテーマと相性が良い!
《学校》
・初めましての人同士を温める!(オリエンテーション・チームビルディング)
・良いチームとは?(学級づくり、部活動、リーダーシップ研修)
・性の健康とリレーションシップ(性教育、キャリア教育)
・これからの人生、将来を考える(進路選択、インターンシップ事前研修)
・自分らしいプレゼンテーション(PBL、推薦/AO入試)

《企業》
・働きやすい組織をつくるためには?(企業文化、チームビルディング)
・信頼できる仲間づくり(内定者研修、スタートアップ)
・これからの生き方、働き方(キャリア設計、マネジメント)

プロフィール

氏名:親川友里(Oyakawa Yuri)

呼んで欲しい名前:ゆりりん

出身:沖縄県中城村

学歴:琉球大学附属小・中学校→普天間高等学校→琉球大学法文学部

所属:株式会社rokuyou(ラーニングクリエイター)
   AIFA認定プラクティショナー
   NPO法人ピルコン(フェロー)
   ウェルビーイング大学(2020年4月〜)

得意なこと:筆文字、言語化するための話し相手、恋バナを聞く

好きなこと:子どもとあそぶ、人の写真を撮る、お肉を食べる

−−どんな人?−−
いつでもポジティブに自分の人生を楽しみ尽くすことをテーマに、日々実験と思いながら生きています。大学在学中にサークル仲間と起業し「タニンゴトをジブンゴトに」をモットーに、タブーに踏み込む&遊び×学びのディスカッションプログラムを企画・運営していました。全国の中高生と「平和」についての学びを深める中で、自分にとっての平和を実現するためには「性教育」「自己/他者理解」「パートナーシップ」などがキーワードだと感じ、2019年からフリーランスの「破壊と創造の関係性づくりデザイナー」として活動しています。

破壊と創造のリレーションシップデザイナー
ゆりりん

ゆりりんの学び舎

様々な角度から学びを吸収し実践者として現場に立ち続けるため、以下のコミュニティで「学び×遊び」「行動特性心理学」「ウェルビーイング」「性の健康とリレーションシップ」などをキーワードに場づくりを探究しながらプログラム開発をしています!

よくあるご質問

  • Q
    高校の新入生オリエンテーション(学年全体)でチームビルディングをお願いしたいのですが、人数規模の制約はありますか?
    A
    一度に集まる人数が多すぎると、お互いから得られる学び合いの実感値が低くなるため、1クラス規模(〜40名程度)が良いと考えています。学年全体での実施が希望の場合には、クラス単位での時間+学年全体のように2ステップでのご提案をしております。時間の都合上、学年全体のみ実施したい場合も相談の上対応させて頂きます。また、オンラインでの実施も可能です。制約条件などを含めご相談ください。
  • Q
    料金はどのように設定されていますか?
    A
    実施する目的やテーマ、対象者の人数や時間に合わせてプログラムをオリジナル作成するため、現場ごとに変動がありますが【基本価格¥20,000(税別)/90分 ※旅費交通費別途】にて実施しております。
    特に学校現場ではじめて導入する場合には、十分な予算確保が難しい場合もあるため、継続した実践を念頭に置いた上で、1回目を交通費程度にて受ける場合もあります。一度ご相談ください。
  • Q
    大人と子ども、上司と部下など、年齢や立場が異なる対象を混ぜて実施することは可能ですか?
    A
    もちろん可能です。親子や、先生と生徒、上司と部下など異なる立場の方が混合して参加する場であれば、より多視点からの気づきを生み出すことができます。縦の関係性が強く出やすい環境であればあるほど、今ある先入観や関係性による思い込みを外し、素直な関わり方を再構築することができます。
  • Q
    大人と子ども、上司と部下など、年齢や立場が異なる対象を混ぜて実施することは可能ですか?
    A
    もちろん可能です。親子や、先生と生徒、上司と部下など異なる立場の方が混合して参加する場であれば、より多視点からの気づきを生み出すことができます。縦の関係性が強く出やすい環境であればあるほど、今ある先入観や関係性による思い込みを外し、素直な関わり方を再構築することができます。

ご相談・ワークショップ実施のご依頼

プロジェクトメンバーとして関わってほしい、授業の学び効果を高めるため生徒/学生の関係性を深めるプログラムを依頼したい、こんなテーマを扱ったワークショップ企画はできるか?…などのご相談はこちらからお問い合わせ下さい。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信