第19回
図書館総合展

株式会社有隣堂
ブース番号[53]

本は心の旅路 ~ようこそ横浜へ~

2017年度も
“まちの本屋” として
ブース出展いたします
お土産さがしにも、参考図書さがしにも

図書館総合展は、図書館に携わる方だけでなく「本や読書が好き」「図書館が好き」という皆様にもお楽しみいただける展示会です。
招待券をお持ちでないお客様も、会場入口前にございます「ご来場者登録カード」のご記入で、無料でご入場いただけます。
ぜひお気軽にご来場ください。

出展概要

トークイベント

共同開発研究報告や、横浜・神奈川の出版人による座談会、「地元本ビブリオバトル」など、注目イベント盛りだくさん!

もっと知る

展示

有隣堂の自己紹介をはじめ、図書館運営の実例紹介、時代の変遷を昭和の児童書で振り返る「あの日の本棚」など当社ならではの取組をお伝えします

もっと知る

販売

本に携わる方へのおすすめ書籍・読書グッズのほか、横浜のお土産選びで楽しいひとときをどうぞ。図書館総合展オリジナルグッズもご用意!

もっと知る

トークイベント

慶應義塾大学×有隣堂のパターン・ランゲージ共同開発研究報告や、横浜・神奈川の出版人による知的飲ん兵衛座談会、本に携わる玄人がすすめるイチオシ本決定戦「地元本ビブリオバトル」など、注目イベント盛りだくさん!

主催フォーラム
慶應義塾大学×有隣堂『Life with Reading』~読書のコツや楽しみ方を伝える27個のことば

パターンランゲージ手法を用いた慶應義塾大学SFC井庭研究室と書店・有隣堂の 共同研究報告

 

慶應義塾大学 井庭崇研究室と有隣堂は共同で、読書のコツや楽しみ方をまとめたランゲージ『Life with Reading』を制作しました。

『Life with Reading』は、読書のコツや楽しみ方、
そしてこれからの時代で求められる「創造的読書」(クリエイティブ・リーディング)の考え方を言語化し、27個の言葉にまとめたものです。

『Life with Reading』を用いた読書推進は、これまでとは全く異なる視点からの新しいアプローチであり、図書館・学校教育などの現場でも創造的読書を促す非常に有効な手段となるはずです。ぜひ足をお運びください。

※会場では『Life with Reading』の一部を掲載したカードをフォーラム参加者に限定して配布します。

対談

井庭 崇(慶應義塾大学総合政策学部 准教授)
渡辺 泰 (株式会社有隣堂 経営企画本部 社長室 室長)

プレスリリース全文こちら(2017年11月1日付)

パターンランゲージ手法を用いた
慶應義塾大学SFC 井庭研究室と書店・有隣堂の
共同研究報告

日時
11/9(木) 13:00~14:30

受付
事前予約の方は12:30~
(当日参加の方は入場までお待ちいただくことがございます)

会場
展示会場内 特設 フォーラム会場
  
登壇
井庭崇(慶應義塾大学 総合政策学部 准教授)
渡辺泰(株式会社有隣堂 経営企画本部 社長室 室長)
 
当日のご参加はもちろん、事前のご予約も承ります

※椅子は事前予約の方を優先させていただきます※

ビブリオバトル

Bibliobattle of the Year 2017 大賞受賞記念!
おすすめ本を紹介しあうコミュニケーションゲーム
ビブリオバトルが熱い!

スペシャル対談 & ビブリオバトル

ビブリオバトル発案者にして人工知能研究者 谷口忠大氏×編集工学機動隊ギア代表 太田剛氏のめくるめく脳内サーバーフル稼働トーク!

2017/11/8(水) 13:00~14:30
「ビブリオバトル発案者谷口忠大氏トーク&地元本ビブリオバトル」
@ 有隣堂ブース内

対談「本をすすめるということ 〜ロボットに本シェルジュがつとまるか?~」
・谷口忠大(ビブリオバトル発案者・同普及委員会理事・立命館大学理工学部教授)
・太田剛(編集工学機動隊GEAR代表・慶應義塾大学(SFC)講師・図書館と地域をむすぶ協議会チーフディレクター)

ビブリオバトル
「地元の本」にちなんだイチオシ本を本に携わる各地の玄人がご紹介!
皆さんの投票で「一番読みたくなった本=チャンプ本」を決定します!
バトラー(=本の紹介者) 
・乾總一郎(奈良県立図書情報館)
・河瀬裕子(くまもと森都心プラザ図書館館長)
・吉野滋記(金剛株式会社)

参加方法
開催時間にまでに有隣堂ブース[53]へお越しください。
※椅子のご利用は先着順とさせていただきます。お立見もOKです。

Bibliobattle of the Year 2017 大賞授賞式

11/7(火) 13:00~13:30
「Bibliobattle of the Year 2017 大賞授賞式」
@ スピーカーズ・コーナー

2013年からの継続的な取組に加え、地域と連携し様々に趣向を凝らした未来志向の活動を高く評価いただき、有隣堂が2017年度の大賞を受賞いたしました!
弊社のビブリオバトルをご支援くださる皆様へ、心より御礼申し上げます。
授賞式では僭越ながら受賞スピーチをさせて頂けることになりました。これまでの取組や今後の展望などお伝えさせて頂きます。

受賞スピーチ登壇: 松信健太郎(有隣堂 専務取締役)
主催: ビブリオバトル普及委員会

まだまだあります! ビブリオバトル関連イベント

会場内の各所でビブリオバトル関連企画が催されています。
この機会にぜひお気軽に足をお運びください。

ビブリオバトル・シンポジウム2017
教育におけるビブリオバトルの活用を考える
11/7(火) 15:30~17:00
フォーラム第3会場
主催:ビブリオバトル普及委員会、活字文化推進会議
共催:図書館総合展運営委員会

■出版とビブリオバトル
11/8(水) 11:45~12:30
展示会場内スピーカーズ・コーナー
主催:ビブリオバトル普及委員会

■全国大学ビブリオバトル首都決戦2017 関東Bブロック地区決戦
11/8(水) 15:30~17:30
展示会場内スピーカーズ・コーナー
主催:帝京大学・紀伊國屋書店

Bibliobattle of the Year 2017 大賞授賞式

11/7(火) 13:00~13:30
「Bibliobattle of the Year 2017 大賞授賞式」
@ スピーカーズ・コーナー

2013年からの継続的な取組に加え、地域と連携し様々に趣向を凝らした未来志向の活動を高く評価いただき、有隣堂が2017年度の大賞を受賞いたしました!
弊社のビブリオバトルをご支援くださる皆様へ、心より御礼申し上げます。
授賞式では僭越ながら受賞スピーチをさせて頂けることになりました。これまでの取組や今後の展望などお伝えさせて頂きます。

受賞スピーチ登壇: 松信健太郎(有隣堂 専務取締役)
主催: ビブリオバトル普及委員会

出版社×図書館×書店

書店の棚・図書館の棚
書店 - 出版社 - 図書館がともに本について考える場

11/9(木) 15:30~17:00
第5会場

出版社・図書館・書店がパネリストとして登壇するフォーラムです。
書店の陳列と図書館の配架は、棚に本を並べるというところで同じですが、目的も考え方もかなり違っています。それでも互いをみれば互いに感じるところがあって、その感想を言い合うことからこのフォーラムが始まります。

⇒事前のお申込みはこちら

パネリスト:下中美都(株式会社平凡社 代表取締役社長)、鈴木裕美子(横浜市中央図書館 調査資料課担当係長)、草彅主税(株式会社有隣堂 店売事業部商品戦略部統括)
主催:図書館総合展運営委員会

有隣堂ブース内イベント

毎日開催
"本を通して横浜を知る 横浜を通して本を知る"イベント
お気軽にお立ち寄りください
11/7(火)
16時~17時

■書を持ち酒場へ行こう ~知的のんべえ座談会・神奈川放浪編~
神奈川・横浜で出版活動をする本好き・酒好きな面々による“ハマの酒場”トーク!
ジモトにこだわる彼らの考えるメディアとは? 酒場での取材作法とは?

【出演予定】
上野勇治(鎌倉ブックフェスタ主催・鎌倉の出版社「港の人」代表取締役社長)
鈴木啓二郎(神奈川の酒と農を伝えるフリー情報誌『ぐびっと』代表)
星山健太郎・成田希(横浜市民酒場を紹介する横浜民衆文化誌『はま太郎』の「星羊社」)
進行: 志村圭一郎(有隣堂 広報担当)

11/8(水)
13時~14時半

■ビブリオバトル発案者 谷口忠大氏トーク&地元本ビブリオバトル

11/8(水)
16時~17時 

『スキルアップ! 情報検索-基本と実践』出版記念トーク
日外アソシエーツ:刊/2017.9.22発売
「世の中は検索ネタで満ちている! 楽しくてためになる検索例題をどう作るか」

司書や教員の皆さん、検索例題作成に困っていませんか?
情報検索は役に立つ。でもそのメリットや楽しさを実感してもらうには身近で筋のいい例題が欠かせません。
ありきたりでなくマニアックでなく、日常生活から題材を拾って再現可能な例題に仕立てるには、どんな秘訣があるでしょうか。
とっておきの例題をご紹介しながら、検索ネタの見つけ方、例題の仕立て方のポイントを解説します。

【出演者】
中島玲子(慶應義塾大学文学部非常勤講師)
進行 : 渡辺泰(有隣堂 経営企画本部 社長室 室長) 

11/9(木)
15時半~16時半

パターンランゲージ体験ワークショップ
個人の頭の中にあるアイデアや経験則を「体系的なことば」にアウトプットし
課題解決のノウハウを伝える「パターン・ランゲージ」手法とは?
慶應義塾大学SFC井庭研究室の皆さんとともに
図書館運営の新しいヒントを見つけるワークショップに参加しませんか?
※先着順

ファシリテーター
慶應義塾大学SFC 井庭研究室のみなさん


各イベントとも、
・事前予約はございません
・開催時間に有隣堂ブース[53]へお越しください
・椅子のご利用は先着順、お立見OKです
11/9(木)
15時半~16時半

パターンランゲージ体験ワークショップ
個人の頭の中にあるアイデアや経験則を「体系的なことば」にアウトプットし
課題解決のノウハウを伝える「パターン・ランゲージ」手法とは?
慶應義塾大学SFC井庭研究室の皆さんとともに
図書館運営の新しいヒントを見つけるワークショップに参加しませんか?
※先着順

ファシリテーター
慶應義塾大学SFC 井庭研究室のみなさん

※敬称略
※座席数に限りがございます。場合によりお立ち見となる可能性もございますことをご了承ください。
※イベントの様子は写真や動画撮影をさせて頂き、当社ホームページ、または当社が運営・許可するメディアへ掲載させて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

展示

横浜の歴史とともに歩む百年企業・有隣堂の自己紹介をはじめ、図書館運営ノウハウを伝える指定管理者としての実例紹介、時代の変遷とともに昭和の児童書を振り返る展示即売「あの日の本棚」など、当社ならではの取組をお伝えします。

有隣堂の活動をご紹介


図書館運営
有隣堂の指定管理図書館や
横浜市内の図書館施設をご紹介

ビブリオバトル
有隣堂が店舗近くなどで定期的に主催しているビブリオバトルの取り組み

あの日の本棚
絵本から時代が見えてくる 永遠の定番児童書を発行年順に展示販売! 選書も承ります

隔月刊情報紙「有鄰」
有隣堂出版部が発行している無料配布の情報紙は、2017年で発行50周年

販売

本に携わる方への厳選おすすめ書籍、横浜・神奈川にちなんだ刊行物、洗練されたデザインの読書グッズのほか、横浜老舗の美味しいお弁当・銘菓・名産品でお土産選びにも楽しいひとときをどうぞ。
会場でしか手に入らない図書館総合展オリジナルグッズもあります!

先着特典

熊田千佳慕 × 有隣堂 オリジナルグッズ

有隣堂ブースでお買い物をしてくださった方、各日先着100名様へプレゼント!

熊田千佳慕さんは “プチ・ファーブル” と呼ばれた横浜出身の絵本画家。2009年に逝去されましたが、昆虫や花を描いた緻密な作品を中心に、現在もたくさんの方に愛されています。
そんな熊田千佳慕さんのイラストをあしらった有隣堂オリジナルグッズです。

※種類はお選びいただけません。
※なくなり次第お渡しを終了いたします。
※画像はイメージです。実際の特典とは異なることがございます。

販売概要

オリジナルグッズ

図書館総合展
手ぬぐいやトートバッグなど、今年も有隣堂ブース[53]にて販売!

Library of the Year
バッグ・ステーショナリーなど

横浜民衆文化誌『はま太郎』の発行元「星羊社」グッズ、筑摩書房オリジナルトートバッグなども販売予定です。

学ぶ

・フォーラム登壇者 関連書籍
・本に携わる方向け厳選おすすめ書籍
・まちづくりに関する書籍

『LRG』全号

ライブラリアン必携の情報誌『ライブラリー・リソース・ガイド』を1~20号の全号販売

横浜の本

・神奈川・横浜の出版社刊行物
・有隣堂の刊行物
(出展出版社の推薦本も要チェックです!)

横浜・神奈川をテーマに書籍を刊行中
有隣堂 出版部の本

有隣堂は創業のころから出版物の発行を手掛け、現在も横浜や神奈川県の歴史・文化・自然などをテーマにした新書シリーズや単行本など、計200点以上の書籍を出版しています。

刊行書籍

読書グッズ

BIBLIOPHILIC読書用品

横浜みやげ

横浜銘菓「ありあけのハーバー」、馬車道十番館の洋菓子、名産品など横浜のお土産アイテム

軽食に浜っ子の味

横浜の老舗グルメをどうぞ!
お昼休憩に「勝烈庵」の特製カツレツサンド

有隣堂のブース番号は「53」
フォーラム会場のすぐ近くです

お気軽にお立ち寄りください

第19回 図書館総合展 開催概要

会期 2017年11月7日(火)~9日(木)
会場 パシフィコ横浜(展示ホール・アネックスホール)
入場料

無料
※招待券をお持ちでないお客様も、会場入口前にございます「招待券」へのご記入・ご提出でご入場いただけます。

公式サイト 図書館総合展 | 図書館とともに進める まち・教育・情報の未来
入場料

無料
※招待券をお持ちでないお客様も、会場入口前にございます「招待券」へのご記入・ご提出でご入場いただけます。

株式会社有隣堂は明治42年の創業以来、横浜を中心に神奈川・東京・千葉に現在54店舗を展開している書店です。
> 書店の店舗一覧

書籍以外にも文房具や雑貨、楽器を取り扱い、各地域に根差した専門店「あなたのまちの有隣堂」としてお客様に親しんで頂き、おかげ様でこれまで歩んでまいりました。
これからの新店舗ではカフェを併設するなど、本や文房具を気軽に楽しんで頂ける空間をご提供してまいります。

また、外商活動として、書籍やオフィス用品等の納品、学校のICT化や公共施設へのお手伝い、図書館や地区センターの運営を担うなど、さまざまなご提案・販売・受託業務を行っています。

図書館運営・選書に関するご用命は

有隣堂 書籍外商部