NPO法人 ペラウォーター TEL. 03-0000-0000
社会をより良くしたい大学生に送る
最高の機会とコミュニティ
社会をより良くするつながりは、ここにある。
東京大学で6年、SFC院で2年、「人と人とのつながりで社会をより良くする」をテーマに、僕は100余りのコミュニティやネットワークを作ってきました。それらは政治、教育、農業、国際協力、起業、医療、アカデミック、、、様々な分野で社会の第一線の人達と繋がっています。そういった人たちとの出会いは、僕らの人生を豊かにしてくれるし、社会をより良くするためには不可欠です。僕はこの場で、そのつながりを可視化したいと思います。
この場のルールはただ一つ。「仁義を守ること」
ここから先は、「魔境」です。社会で活躍すればするほど、いつ誰が自分を貶めようとするかもわからないような、生き馬の目を抜くような世界が広がっています。それでも、あらゆる誘惑に負けず、「社会をより良くしたい」と願うなら、僕らは持てるものを全て、未来を担う君たちに授けます。その際に、守ってほしいことはただ一つ。貰ったものを必ず周りや後輩に引き継ぐこと。志や、信用や、財産を、自分のためだけに使わないこと。そうやって人類は前に進んできたはずです。聖火を自分の代で消さないでください。それが唯一のこの場のルールです。
この場のルールはただ一つ。「仁義を守ること」
ここから先は、「魔境」です。社会で活躍すればするほど、いつ誰が自分を貶めようとするかもわからないような、生き馬の目を抜くような世界が広がっています。それでも、あらゆる誘惑に負けず、「社会をより良くしたい」と願うなら、僕らは持てるものを全て、未来を担う君たちに授けます。その際に、守ってほしいことはただ一つ。貰ったものを必ず周りや後輩に引き継ぐこと。志や、信用や、財産を、自分のためだけに使わないこと。そうやって人類は前に進んできたはずです。聖火を自分の代で消さないでください。それが唯一のこの場のルールです。

社会をより良くしたい大学生には4つのステージがある。



詳細
1 社会の様々な分野を見たり、実際に興味のあるところで活動してみるSTAGE。ここで幅広い知見と最低限の仕事スキルを取得。半年から1年くらいかける。
2 目標を掲げて、一つの物事を、半年くらいかけて形にするSTAGE。形にするのは、イベントでも、アートでも、長期インターンでも、旅でも、なんでも良い。自分が掲げた目標を達成すべく様々な苦労を乗り越えることが大事。
3 一度やりきったことを振り返り、次に挑戦するフィールドを見つけるのが、このSTAGE。いろんな社会人や先輩に相談したり、短期インターンシップで様々な業界を見たり、やってきたことを学問に落とし込んだり、留学してみたり。半年以上。
4 様々なものを見た中で、自分が「これだ!」と思ったものに、コミットしてみる。起業でも、インターンでも、院進学でも、就職でも、演劇でも、何でもいい。多くの価値観や世界に触れたキミの直感は研ぎ澄まされているはずだから。周囲に反対されても、その直感を信じて飛び込んでみよう。
2 目標を掲げて、一つの物事を、半年くらいかけて形にするSTAGE。形にするのは、イベントでも、アートでも、長期インターンでも、旅でも、なんでも良い。自分が掲げた目標を達成すべく様々な苦労を乗り越えることが大事。

タンザニアってどんな国?

タンザニアは東アフリカに位置する国です。北東部にアフリカ最高峰のキリマンジャロ山、北部にアフリカ最大の湖、ビクトリア湖があります。
タンザニアの子どもたち
タンザニアの子どもたち
タンザニアについて
タンザニアは、人間開発指数(国連開発計画2011)によると対象187ヶ国中152位に位置付けられ、最貧国の一つとされています。貧困層の人々のほとんどは農村地域に住んでいます。
タンザニアが抱える問題
・出生登録を行っていない人々が多く、就学率が低いこと
・飲料水へのアクセス、衛生設備が整備されていないこと
・労働者の低い賃金と低い農業生産性により、安定的な収入のないこと
などがあります。
タンザニアが抱える問題
・出生登録を行っていない人々が多く、就学率が低いこと
・飲料水へのアクセス、衛生設備が整備されていないこと
・労働者の低い賃金と低い農業生産性により、安定的な収入のないこと
などがあります。
タンザニアデータ
小児死亡率 日本の約17倍の子どもたちが5歳未満で命を落としています
安全な水 半数近くが安全な水を利用できていません
衛生施設 9割が安全な衛生施設を利用できていません
識字率 識字率は68%です(女性の識字率は19%低い)
貧困率 7割近くの人が1日1.25米ドル未満で暮らしています
貧困率 7割近くの人が1日1.25米ドル未満で暮らしています

STAGE1

「キャリア大学」

有名企業に、一日だけ職場体験ができるプラットフォーム。世の中にどんな職業があるのかを、実際に体験してみよう。

水タンクを設置 し、
何キロも先から水を運ばなくても
水を利用できるようになります
水タンクを設置 し、
何キロも先から水を運ばなくても
水を利用できるようになります
水タンクを設置 し、
何キロも先から水を運ばなくても
水を利用できるようになります

STAGE2

水タンクを設置 し、
何キロも先から水を運ばなくても
水を利用できるようになります
水タンクを設置 し、
何キロも先から水を運ばなくても
水を利用できるようになります
水タンクを設置 し、
何キロも先から水を運ばなくても
水を利用できるようになります
水タンクを設置 し、
何キロも先から水を運ばなくても
水を利用できるようになります
タンザニアからの手紙
タンザニア在住 エミリー(12歳)

私達の村では、雨水がたまってできた池や衛生的に問題のある蓋のない井戸で生活に必要な水をまかなっていました。特に乾季には数キロも離れた隣村の井戸まで水を汲みに行かなくてはなりませでした。水汲みは女の人や子どもたちの仕事で、何度も往復しながら重い水を運ぶことに多くの時間を毎日費やさなくてはなりませんでした。
今回、村に新しい給水のしくみができたことで、水汲み労働から解放され、もっと勉強ができるようになりました。プロジェクトでは勉強だけではなくて、病気にならないように手洗いをすることや、歯磨きの方法まで学ぶことができます。最近は、絵を描く方法を教えてもらいました。 一年中安全な水が使えるのは何物にも代えがたいことです。水汲みの労力と時間を省くことができます。私はいま毎日学校で勉強しています。これからも勉強を続けて、大人になったら先生になれたらいいなと思います。
このプロジェクトを支援してくれた人たちに幸福が訪れますように!

2016年3月30日 エミリー

支援者の方々の声

子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 女性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 女性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
プロジェクトを支援する
ご自由にお決めいただいた金額を月々の自動振替によって継続的にご協力いただく募金プログラムです。
継続的なご寄付により、長期的な視野で子どもたちの成長と自立を支援します。

よくあるご質問

ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。