第6回
誰でも必ず短編小説が書ける
ワークショップ


あなたの小説をつくってみませんか?

Hello,there !



文章を書いて、情報発信してみたい…。

SNSを利用する人が増えているいま、個人で情報発信ができる時代です。

ブログ、ツイッター、フェイスブック、Youtube…

さまざまなメディアを使って、誰もがネットの世界を楽しんでいます。

 
「私も、ボクも、何か書いてみよう」
そう思ってブログを開設してみても、いざとなると考えこんでしまう…
というようなことが、今までに何度もあったのではないでしょうか。


一体何を書けばいいのだろう…。

  • 自分の日常を書けばいいの?それ面白いの?
  • 平凡な日常しか送ってないので、特ダネ的なものが見つからない。
  • 書いても誰も読んでくれないかもしれない。
  • そもそもブログを書くなんて柄じゃない。
  • 3つ記事を書いたら、もう何も浮かばなくなった。
  • 炎上したらどうしよう?
  • 個人情報が洩れたらコワい。
  • 文才がない。
  • 自分の日常を書けばいいの?それ面白いの?


そんな時は小説を書いてみませんか?

ブログも書けないのに小説なんて……と不安になるかもしれませんが

そんな心配は全く無用なので、安心してください☆

 

当ワークショップでは、プラモデルを組み立てるような方法を使って

言葉を自動的に組み立てていきます。

今までに20人以上の方が参加くださり、1人残らず小説を書きあげました。

 

必ず1編の短編小説を持ち帰って頂きます。

なので、あなたが当ワークショップに参加された場合

2時間以内に1編の短編小説が必ず完成します。

誰でも必ず小説が作れる、自動的なシステムを取り入れているからなのです。

もし、次のような心配があったとしてもです。


  • ふだん文章を書かない
  • 子どものころ作文が苦手​だった
  • 本をあまり読まない
  • 自分の言いたいことがまとまらない
  • 筆不精である
  • 話すのは得意だけど書くのは苦手
  • 文章を書くのにとても時間がかかる
  • 小説のネタになるようなものを持っていない
  • 自信が全くない  


頭を抱え込んで悩む必要は、全くありません。

あなたオリジナルの短編小説を、必ず持ち帰っていただきます。

信じられないかもしれませんが、魔王に誓ってほんとうです。

第5回誰でも必ず短編小説が書けるワークショップ

【初級編】


日時: 8月5日(土)13時30分~15時30分

    8月8日(火)13時~15時

場所:元麻布・会員制ペントハウス
   (詳細は参加者の方へお知らせ致します)

人数:各回限定7名


受講料:3000円

参 加 す る

【応用編】

日時:8月5日(土)16時30分~19時00分
   8月8日(火)16時00分~18時30分
場所:元麻布・会員制ペントハウス

   (詳細は参加者の方へお知らせ致します)

人数:各回限定5名


受講料:5000円 



参 加 す る

参加者の皆さんの声

M.Sさん

本当に小説が書けました!
20年の願いが2時間でスッキリ解消です!子育てや日頃のモヤモヤした思いが沢山あり、どうにか表現する方法を模索中です。電子書籍の話も目から鱗です。今日は大きな出口を見つけることができました。

T.Kさん

ゼロから1を取り出す、最も大変な技術を教えて頂きました。ありがとうございます。堅い発想をもっと柔らかくしませんと!

J.Eさん

1つの言葉から派生する文が無限に広がること、他の人からの質問でイメージが広がることが発見でした。筋書きを立てて書く練習ができました。色々と話を発展させて広げていくきっかけになったので、とても面白かったです!

M.Kさん

意外でした!面白いのに実用的。これは早速アイデア出しに使わせて頂きます。facebookグループも楽しみにしています!

T.Tさん

今まで「人物」を主人公とした小説、短編を、学生時代に3編ほどしか書いたことがなかったのに、初めて「物」を主人公とした物語を書くことができて楽しかった。

N.Tさん

いつも社会の枠組みに縛られて窮屈なので、もっと自由な発想をしていいのかなと思いました。また、メンタル的な深いところでお話できて、気分がリフレッシュできました。今自分に必要なこと、問題点を書くことで、クリアになるのではないかと思いました。ありがとうございました。

K.Kさん

こんなやり方があるのか!と、目からウロコが落ちる思いです。遊び感覚でストーリーを創っていくのが、とても楽しかったです。創造をかき立てられて、もっと書きたいと思いました。

M.Hさん

とても楽しく勉強になりました。杉本さんの生き方自体がストーリーですね。どれだけ多くの方に元気や希望、夢を与えているのかなぁと驚かされました。今日の学びは、本当の自分の意外な面が出せてうれしかったです。今後ともよろしくお願いします。

杉本 ゆみ

作家、電子書籍コンサルタント。東京都大田区生まれ
大学卒業後、テレビ局勤務を経て結婚退社、二児の母に。
妊娠を機にベネッセの「たまごクラブ」、出産後は「ひよこクラブ」のママ記者として執筆。
マタニティライフ、子育てに関する記事を、約2年間20冊に執筆。
レポートサイトで恋愛論を書きまくり、人気ランキングの1~5位を独占。子供の不登校・引きこもりを機に、電子書籍を初出版、アマゾンキンドルの家庭医学部門で1位を獲得。
現在4冊を出版中で、すべてがアマゾンランキングの1位獲得。
人との出会い、人間観察が好きなことから、人の思いや体験を一冊の本に仕上げることへ魅力を感じ、電子書籍コンサルタントとして独立。
手がけてきた書籍は、イタリアン料理のシェフ、フォトグラファー、人材派遣会社の重役、カウンセラー、ビジネスマン、専業主婦など。
著者が言いたいことの裏、奥底に眠っている別の気持ちを引き出すことを得意とする。

桜さとこ

作家、編集者。北海道札幌市生まれ
2008年よりIT企業の企画チーフプランナーとして、WEBニュース記事の企画・執筆にあたる。
Yahoo!トップをはじめ、多数のメディアに掲載される。

その後、ライターとして手がけた書籍は2冊。
企画、構成、取材 、執筆、販売促進まですべての工程を担当。
一部上場企業の出版社から出版され、どちらも多数の大型書店ランキングと、
アマゾンランキングで1位を獲得。現在は、フリーで活動中。