ゆめのわ展とは

インタラクティブアート研究室三年次の集大成として「子供の夢」または各々で考えたテーマをもとに、
タブレットを使用した作品を展示しています。
それぞれ個性豊かな作品をぜひ体感してみてください。

日程
:2017年02月19日(日) 14:00〜21:00
          20日(月) 10:00~16:00
会場:中野コミュニティ広場

研究室紹介

東京工芸大学芸術学部
インタラクティブメディア学科
インタラクティブアート研究室(浅野研究室)
インタラクション、コミュニケーションを通して互いに行動を起こすきっかけを創出する研究室。
コンピューターを中心とした狭義のメディアアート、インタラクティブアートの他、ワークショップや
アナログ的手法なども含めた広義の意味のインタラクションを様々な角度から研究し、作品の制作を行っています。

2016年度の当研究室3年生は、スマートイルミネーション横浜2016(FutureCity Yokohama スマートイルミネーション・アワード2016学校部門入賞)、東京行灯祭(東京都中野区川島商店街)への参加など、体験型大型作品の展示も行っています。

展示作品

指先で巡る湯船旅

池田雛乃
浴槽の湯に触れると
様々なお風呂に変化します。
あなたが辿りついたお風呂はどこでしょう?

ボタン

石塚茂幸
中々、押す機会のない
あのボタンを押してみてください

ホッチビル

内田匡哉
ホッチキスを押してみたくなる感触を
作品にしました。
ホッチキスの芯をビルに見立てています

魔法の花

佐藤春香
妖精に守られた不思議な花。
触れようとすると・・・

ポケットを叩くと

澤橋美紀
懐かしのあの曲のように、
あなたの手でビスケットを増やしてください

たっぷでがくふ

島村瑞穂
楽譜の音符をタップすると
音符が音を出します。
続けて押すと一つの曲が演奏できます

ふわふわおそら

早坂咲輝
風船につかまって、
ふわふわとお空の旅へいってらっしゃい

興味

三上玲奈
ガラス窓に触れてみてください。
一枚のガラスを隔てた空間から
あなたに興味を持ったものが
現れるかもしれません

Little Drop(f-apple01)

浅野耕平
イマージュモビール。
風に揺らぐ杖から落ちるりんご

会場

JR中野駅南口から徒歩5分

お問い合わせ

〒164-8678
東京都中野区本町 2-9-5
東京工芸大学 芸術学部 浅野研究室

facebook : https://www.facebook.com/asanolab
twitter : @asano_lab
mail : interactlab@gmail.com