「障がいがあっても
自分で住まいを探したい!」

ゆるり不動産は、
あなたのお手伝いができます。


契約を交わす場合、一番の素人は「借りる人」です。
障がいの程度によって借り難さはあるでしょう。
しかし、不安は誰にでもあります。

退去する時のことを考えて契約書の内容を読んでいますか?
意外と知らない内に契約は交わされてしまいます。
分からない時に質問したとしても、
それが自分の為の「親身」の回答かどうかわからないです。

それは、お部屋探しだけに限らず、
借りている間も、退去する時も、
不安は残ります。

私、「ゆるり不動産」の瀬戸口は、
障がいがある人に寄り添って
問題解決のお手伝いを致します。

また、福祉の支援の方にお願いがあります。
ご利用者さんが自立してお独りでお部屋をお探しの際は、
グループホームといった施設、或いは
県営、市営住宅などが選択対象となりますね。
しかし、
施設入所を望まない方もいます。
県営、市営住宅に入りたくても
すぐに入居できるわけではありません。
民間の賃貸住宅も選択肢に入るでしょう。
その際は、ご連絡下さい。
お部屋探しから、内見、契約から入居中のお困りごと、
退去時から次の転居先を探すお手伝いまで
「ゆるり不動産」の瀬戸口がお手伝い致します。

住まいに関わるどんな些細な事でも構いません。
気になったこと、聞いてみたい事、
相談したい事が御座いましたら、
お気軽にお問合せ下さい。

ゆるり不動産 ご案内

あなたの住まいを見つけるまで
「ゆるり不動産」は、諦めません

出会いを大切にしています。
だからこそ、対話が必要だと思うのです。

相談内容が全て契約に結び付くとは限りません。
無償で関わることもございます。
それでも関わる理由は、
「住まい」に不安を抱えている人を
一人でも減らしたい想いがあるからです。
「相談できる人がいる」
そんな存在に私はなりたいです。

わたしは、以前、介護の仕事をしていました。障がいを持つ人のお世話をした事があります。
現在は、手話の勉強も始めています。いろんな人に寄り添える不動産屋さんになれるように日々努力しています。



プロフィールなど