なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

中川郁子(中川ゆうこ)の生い立ち、若い頃から現在の活動まで総まとめ

中川郁子(中川ゆうこ)とは?
日本の政治家で、自由民主党所属の元衆議院議員(2期)、元農林水産大臣政務官。
夫は農林水産政務次官、農林水産大臣、経済産業大臣、自由民主党政務調査会長、財務大臣、内閣府特命担当大臣(金融担当)を歴任した中川昭一氏です。

プロフィール

中川郁子

生年月日
1958年12月22日生まれ

選挙区
北海道第11選挙区

家族
一女一男

子供の頃の夢
冒険家

趣味
美術館めぐり

好きな食べ物
お蕎麦・野菜・スイーツ

健康法
ジョギング・ストレッチ・野菜をたくさん摂ること


中川郁子(中川ゆうこ)のマニフェスト

「いのち」をはぐくむ8つの柱プラス+1

①日本・十勝の安心を“かたち”に

『日本が危ない、十勝が危ない』は、中川昭一元衆議院議員が最後に訴えたことです。

さらに『国民全体で危機管理意識をしっかりと共有していかなければならない』と常々言っておりました。

今思えば、 新型コロナウイルス感染拡大もその一つだったのかもしれません。

感染防止対策には、三つの「密」(密閉空間、密集場所、密接場面)の重なりを避けることが重要です。

加えて、私自身は、三つの”守“として、皆さんに繰り返し呼びかけます。

第一に、生命(いのち)を守ること
第二に、生活を守ること
第三に、希望の光を守ること

今は、雪原の下で力を蓄え、春を待つ秋まき小麦のように、新型コロナウイルス終息後の景気回復に向けた準備を進め、経済対策を講じてまいります。

②経済・雇用対策の推進を“かたち”に

政治の原点は、「経世済民」すなわち「世を経(おさ)め、民を済(すく)う」ことです。

その実現のためには、地域に生活の糧となる仕事がなければなりません。

地域経済をささえてきた多くの中小企業・小規模事業者の振興を図るとともに、雇用の創出を講じてまいります。

③農林水産業の強化を“かたち”に

十勝における農林水産業は地域経済の基幹産業としての大きな役割があり、食の安全保障、国土保全、観光資源などの多面的機能を併せ持っています。

さらに十勝農林漁業を強靭なものとするために、農畜産物や海産物等の更なる付加価値向上などの諸課題の着実な解決を図っていきます。

④観光対策の充実を“かたち”に

新型コロナウイルス関連の終息を前提に、他地域の方々との経済・文化の交流は、十勝地域の活性化のためにも重要なことです。

既存の多くの観光拠点への支援を基本に、よりリピーターを増やし、観光の一層の活性化を図るために、十勝の自然や景観、文化、生活といった観光素材を磨いていく作業も進めていきます。

③農林水産業の強化を“かたち”に

十勝における農林水産業は地域経済の基幹産業としての大きな役割があり、食の安全保障、国土保全、観光資源などの多面的機能を併せ持っています。

さらに十勝農林漁業を強靭なものとするために、農畜産物や海産物等の更なる付加価値向上などの諸課題の着実な解決を図っていきます。

⑤子育て・教育の充実を“かたち”に

明るく希望にあふれる日本・十勝を継続的に維持・発展させるためには、21世紀を切り開く心豊かでたくましい子どもを育成していくことが必要です。

社会の基本単位である家族の絆を大切に、子育て・教育に切れ目のない支援を推進していきます。

⑥医療・福祉・年金の充実を“かたち”に

日本の総人口に占める高齢化率(65歳以上)は、OECD(経済総合開発機構)加盟国中でもトップクラスで、2009年に22.7%であったものが、2019年には28.4%と急激に上昇しています。

この加速度的な高齢化時代に対応した医療・福祉・年金の姿にしていくことで、誰もが安心、活躍できる人生100年社会を築いてまいります。

⑦政治・行政・地方制度改革を“かたち”に

人口減少、高齢化が急速に進む中で、財政収支の均衡が求められており、21世紀に相応しい政治・行政・地方制度に改革していく必要があります。

⑧将来への投資を“かたち”に

「地方の創生と人口減少の克服」のモデル地域

わが国の重要課題である「地方の創生と人口減少の克服」について、

十勝においては、関係者の叡智により、農地をフル活用した農業が定着し、弛まぬ努力により過疎地域を脱却した町があり、

ふるさと納税の創意工夫で注目を浴びる町があるなど、モデルとなるような事例が豊富にあります。

これらの事例を十勝の総合力に発展させることができれば、全国のモデル地域になり得るのではないかと考えています。

十勝で、全国の模範となるような「地方の創生と人口減少の克服」への取組の実現を目指します。

+1“いのち”をはぐくむを“かたち”に(女性の視点でプラス+1)

十勝管内をきめ細かく巡っていますと、女性が多様な場所・場面において活躍している様子をお見受けします。

そういった女性の活躍を適切に評価し、女性がより活躍しやすい環境を整えることは、女性議員としての重要な責務の1つだと考えています。

「女性力」で絆の強化
女性のコミュニケーション力を活かし、”いのち”をはぐくむ十勝を作り上げるため、町内会など地域に根ざした活動や団体を支援していきます。

「女性力」で地域振興(1)
地方創生を着実に進めるためには「女性力」の活用が不可欠です。

食卓を守ってきた女性にはたくさんの叡智や工夫が集積されています。

豊富な十勝産食材を利用した「食」等を通じて、”いのち”を育む十勝をアピールしていきます。

「女性力」で地域振興(2)
また、十勝の主要産業である農畜産業の仕事等にも多くの女性が携わっています。

作業の省力化、機械化なども促進し、より活躍しやすい環境を整えていきます。

女性の就業機会の拡大
資格取得の支援、マザーズハローワーク(求人情報提供・職業相談)の充実等を進めます。

出産後の職場復帰・再就職支援
職場復帰や再就職に積極的に取り組む企業も増えてきていることから、加速化するとともに、より働きやすい環境づくりを進めます。

女性の起業支援
「女性ならでは」の柔軟な発想・視点で新たに起業する人々も応援していきます。

⑦政治・行政・地方制度改革を“かたち”に

人口減少、高齢化が急速に進む中で、財政収支の均衡が求められており、21世紀に相応しい政治・行政・地方制度に改革していく必要があります。

最新の情報

1月の活動内容
1月4日 メールマガジンを配信 vol.37 「2021年最初のゆうこう便」、「【感謝】と【思いやり】の一年」
1月11日 メールマガジンを配信 vol.38 「十勝でも積雪」、「再び緊急事態宣言」「18日から通常国会の召集」
1月18日 メールマガジンを配信 vol.39 「持続化給付金・家賃支援給付金の申請期限の延長」、「緊急事態宣言」、「DVの相談件数過去最多」、「緊急経済対策について」
1月25日 メールマガジンを配信 vol.40 「国会で論戦中の第3次補正予算案」、「マイナンバーカード・マイナポイント」、「とかちの冬の楽しみ」

12月の活動内容

12月8日 ブログを更新「菅総理大臣会見の重要ポイント」、「十勝の寒い冬に脱水対策」など
12月14日 ブログを更新「政府予算案は過去最大106兆6100億円」、「ゆうこさんの大掃除」など
12月22日 ブログを更新「暮らしの税制が変わる!?税制改正大綱の決定」など
12月28日 ブログを更新「大雨警戒レベル改定」
12月28日 厚生病院服部先生のインタビュー記事をホームページに掲載

11月の活動内容
11月2日 陸上自衛隊帯広駐屯地前でOBと街宣
11月4日 「十勝川西長いも」の収穫を紹介
11月7日 自民党広報看板設置デーを紹介
11月8日 ホクレン清水精糖工場のビート(てんさい)を紹介
11月9日 バルーンアートDreamy ミリィーさんの動画を紹介
11月17日 ブログを更新 新型コロナウイルスの対策についてなど
11月19日 帯広市で活躍するバルーンアート Dreamy バルーンアーティスト ミリィーさんをインタビュー
11月24日 ブログを更新 日本海の呼称についてなど
11月30日 ブログを更新 十勝の農家の声など

各種SNS