愛されていると感じていてほしい

自分がこどものころ、寂しさからくる孤独感というのを感じていたことが少なからず、ありませんか?

きっとお母さんはたくさんの愛情をもってくれていたと思います。
ですが、その愛情を十分に感じ取ることはできていなかったりします。


そこで大切なことは、その愛情や安心感がこどもに伝わっているか。


「どうやって愛情を伝えていますか?」
「どうやってこどもは愛情を感じていると思いますか?」


きっと思い浮かぶのは、
私たちが毎日使っているコミュニケーションではないでしょうか?

子育てにはコミュニケーションが必須なのです。

子育てに決まった正解はない

 子育てには決まった正解はありませんよね。

小さなこどもには、危険なもの や 社会のルールを理解させる必要があったり、「教える」べきことがたくさんあります。

お母さんとこどもの、2人きりの時間が長くなった現代では、こどもが見るもの・触れるもの・遊び方・人との関わり方についても、お母さんは一生懸命教えます。
こどもが間違ったことをしないように、常に見張って直し、いつでも用意周到に待ち構えています。

ですが考えてみてください、お母さんにとっての “ 正解 ” は、こどもにとっても “ 正解 ” なのでしょうか?

教えているつもりが、「管理」や「押しつけ」になっているお母さんが、少なくありません。


では、「正解はないのであればどうすればいいのか」と思うかもしれません。

そこで、お母さんのための「マザーズコーチングスクール」なのです。

なぜ マザーズコーチングスクール?

先ほども出てきましたが、子育てには正解がありません。

 

ですが、
マザーズコーチングスクールは、
あなたにとっての子育ての「正解」を見える化していきます。

こどもとのコミュニケーションスキルだけではなく、
お母さんが子供に言葉をかける その “前の段階”を、お母さん自身の心と思考に焦点を当てて、バランスを整えていくことから学びます。

そこを学ぶことで、お母さん自身の心の余裕や自信がうまれ、「子育てをより楽しむ」ということが期待できるのです。
 

マザーズコーチングスクールは、
こどもの将来のコミュニケーション能力の土台となる〈重要な4つの要素〉


●自己肯定感
●自分で考える力
●折れない心
●思いやりの気持ち


自己肯定感自分で考える力折れない心思いやりの気持ちを育てることを目的とした、お母さんのためのスクールです。

こどものコミュニケーション能力は

0~6歳の間にお母さんが

どう接するか?で決まります。

人間の脳は、5歳~6歳頃までに大人の90% 程度まで大きくなり、0歳からその頃までの経験によって「思考パターン」の95% が決まるとわかっています。

また、ハーバード大学育児研究センターによると、こどもの将来の学業成績やコミュニケーション能力の違いは、0歳~6歳の間に、「大人とどんな関わりをしたか?」 で決まると言われています。

このように、才能や学歴、そしてキャリアを活かす鍵となるコミュニケーション能力の土台は、幼少期の頃にほとんど決まってしまうのが現実です。

そしてその時期に、関わる時間がとても長く、また誰よりも影響力の強い存在は、お母さんです。

お母さんが、こどもとどのようなコミュニケーションをはかるかで、将来のこどもの能力が大きく変わってきます。子育ての質は、母と子のコミュニケーションの質で決まると言っても、過言ではありません。

とっさに こどもの心を蝕むNGワードをかけていませんか?

2011年の調査によると、「自分が価値のある人間だと思うか」との問いに、「全くそうだ」と答えた日本の高校生は7.5 %でした。

米国57.2%、中国42.2%、韓国20.2%という結果を見ると、日本の高校生は「自己肯定感」が著しく低いことがわかります。 思考パターンのほとんどが、幼少期のうちに決まるため、自己肯定感の高い子を育てるためには、その頃のお母さんの接し方が何よりも重要です。

そうと分かっていても、実は知らず知らずのうちに、自己肯定感をつぶしてしまうNGワードを、頻繁に使っているケースが見受けられます。 NGワードとは?なぜNGワードなのか?講座をうけながら理解し、こどもの自己肯定感を育む、コミュニケーションを身につけていきましょう。

明日からスグ使える
こどもとのコミュニケーションスキル

こどもを一輪の花にたとえた時、その花に、親はどのように関わるべきでしょうか。   水をあげる? 雨風から守る? いいえ、どちらも不正解です。   子育てにおいて、それらの行為は「干渉」であり、こどもの可能性をどんどん狭める危険性があります。

教育熱心なお母さんほど、「こどものために!」と一生懸命「干渉」するので、こんなに残念なことはありません。

親がすべきことは、根っこの成長を助けることです。丈夫な根っこがあれば、倒れたり踏まれたりしても、また立ち直ることができるのです。

子育てのよくあるシーンを例に、根っこを育てるコミュニケーションとは、具体的にどういうことなのか、繰り返しエクササイズで学んでいきます。

 

また、まだ未熟なこどもに対して、わかりやすい言葉や表現を使うことは大切ですですが、

「こどもには未熟な部分がある」と「こどもは未熟な存在である」とでは、大きく意味が違ってきます。

「こどもだから・・・」と、こどもを未熟な存在として捉えていると、心の安定に重要な、親子間の信頼関係を築くのが難しくなります。

こどもを「自立した1人の人間」として扱うことが、信頼関係においてとても大切になりますが、それは具体的にどういうことでしょうか。
親子間でのより深い信頼関係を築くために、「聴き方」「質問の仕方」「褒め方」「叱り方」の具体的なスキルを学び身につけていきましょう。

頑張るママを応援します

家事や仕事、子育てに何かと忙しいお母さん。

 

どんなに忙しくとも

「こどもに孤独感を感じさせたくない」

「愛情をたっぷり感じて育ってほしい」

と、どのお母さんでも思っていると思います。

 

その愛情をもっているだけではなく

こどもに伝え、

そしてこどもに届くような関係づくりをしていきませんか?

マザーズコーチングスクール
法人・団体様の導入実績

第一生命保険株式会社 / 株式会社パソナ / NECネッツアイ株式会社(代表講演として『子育てママのためのウーマンキャリアセミナー』) /  株式会社NTTドコモ WEBマガジン「ママテナ」/ 経済産業省 / 旭化成グループ / 杉並区子育て応援券サービス提供事業(講座名:子育てに役立つ!ママのための初めてコーチング)

他 多数
※公開にご了承頂いたお客様のみ掲載しております。

講座内容

 BASIC講座 


0歳~6歳のこどもとのコミュニケーションについて、「心」と「思考」のバランスによって言葉の大半が決まることを理解し、バランスを整える方法を学びます。

・ 子育てのゴールとは?
・ 親の役割とは?
・ コミュニケーションが成り立つ条件
・ 言葉の内容が決まる背景
・「言葉」の土壌を育てるエクササイズ
・ 伝わる言葉を決めるエクササイズ

 

〈こんな方におすすめです〉

・ こどもとのコミュニケーションに関心のある方
・ 0歳~6歳のお子さまの子育て中の方
・ 妊娠中または妊娠を希望している方
・ お孫さんがいる方
・ こどもに関わるお仕事をしている方
・ マザーズティーチャーを目指す方  など

 
■教材
テキスト


■料金
7,560円(税込)
※テキスト代含む

 ADVANCE講座 

0歳~6歳のこどもとのコミュニケーションについて、こどもに伝える、言葉そのものの選び方を学び、身につけます。・ 「見守る」コミュニケーションとは?


・ 使ってはいけない子育てNGワード
・ 自然な成長を邪魔しないためにすべきこと
・ 「自己肯定感」を大きく育てるためのエクササイズ
・ こどもが本音を隠さない聴き方
・ こどもの学ぶ力や責任感を育てる会話
・ こどもに愛情が伝わる褒め方
・ 怒ると叱るの違い


〈こんな方におすすめです〉

・ <必須> ベーシックコースを受講済みの方
・ こどもとのコミュニケーションに関心のある方
・ 0歳~6歳のお子さまの子育て中の方 (すでにこどもが成人している方にもオススメしております)
・ 妊娠中または妊娠を希望している方
・自分が親からどんな影響をうけたのか興味のある方
・ お孫さんがいる方
・ こどもに関わるお仕事をしている方
・ マザーズティーチャーを目指す方  など


■教材
修了証 ※ベーシック受講時にお渡ししたテキストを使います。

 
■料金
8,640円(税込)
※テキスト代含む

■受講方法

〈対面〉
  場所:愛知県・東京都 のカフェやラウンジ
     関東近郊の場合、ご希望であればご自宅やお近くで開講することも可能です。
       ※場所により、別途交通費を頂く場合がございます。

〈オンライン(ZOOM)〉
  場所:ご自宅やカフェ
     (通信環境が整っている場所でしたら、お好きなところで受講が可能です)

※ZOOMとは、WEB会議システムのことです。
 簡単に操作でき、ご自宅でも小さいお子様とご一緒に受講することも可能です。

■日程

日程に関しましては、こちらでご確認ください。

https://ameblo.jp/fukayukky/entry-12313790573.html

担当講師

マザーズコーチングスクール認定講師
マザーズティーチャー 深川ゆき

高校を卒業後、“食べることが好き” が転じて料理人を目指す。
フランス料理・イタリア料理を勉強するため、東京の料理学校へ入学。
その後フランスへ留学し卒業後、大手のウェディング会社の調理人として就職する。
自分の時間と身を削って働く生き方に疑問を覚え、わずか半年で退職。

とにかく生活のためのお金を稼ぐため、ワイン会社のスタッフとして約2年フリーターで働く。
ワインの資格を取得し、社員として働き始める。アルバイトで働いていたときの評価もありお店の2番手として働く。が、精神面を崩し異動。

「何か自分でやってみたい」という思いから、転売ビジネスや投資に挑戦するも、大きな違和感を感じ、目的も目標もなく生き方に迷う。 そんなとき、トラストコーチングスクールに出会い、初めてコーチングという学問を知る。

目標・夢を持ち、実現していくためには、コミュケーションが大切だということに気付く。
自分がやりたいと思うことを発見し、TCS認定コーチの資格を取得。

その後、会社員の傍ら、過去の私のように自分を見失い「やりたいことが分からない」、でも「今よりさらに活躍・成長したい」と思っている方を応援するためにコーチとしてトラストコーチングスクール(TCS)、忙しいママのためのコミュニケーション講座「マザーズコーチングスクール」を開講。

今後は、「大切な人を “もっと大切にしたい” と思う人を増やして、未来で出会うであろう自分の子供や大切な人の子供に今よりさらに素敵な未来つくりたい」という思いから、その実現のため、トラストコーチングスクール(TCS)の医療プロジェクトや学生プロジェクトなどに参加・活動。超難関ともいえるトラストコーチングスクール(TCS)プロフェッショナルコーチの資格取得を目指し 、コーチとして活動を広げている。

追伸

ここまで、長いメッセージを読んで下さり、ありがとうございました。
最後にマザーズコーチングスクールの特徴をまとめてお伝えさせていただきます。


●マザーズコーチングスクールは、こどもの将来のコミュニケーション能力の土台となる、重要な4つの要素(自己肯定感・自分で考える力・折れない心・思いやりの気持ち)を育てることを目的とした講座

●お母さんに(自分)とっての子育ての軸を見える化

●こどもに愛情が伝わる信頼関係を築く、コミュニケーションを学べる

●スキルだけではない、コミュニケーションをとる前の段階の
お母さんの心と思考のバランスを整える方法を学べる


自分とこどもとの信頼関係を築くコミュニケーションを身に付けて、
あなたらしく、さらに子育てを楽しんでいってください。

あなたにお会いできるのを楽しみにしております。

よくあるお問合せ

Q

こどもが小さいのですが、一緒に受講しても大丈夫ですか?

A

はい、大丈夫です!
その場合は、オンラインのZOOMというWEB会議を使用していきますので、ご自宅で受講することが可能です。授乳やおむつ替えの時間も取れますので、お気軽にご相談ください。

Q

こどもの用事でキャンセルになりそうな場合はどうしたらいいですか?

A

日にちの変更が可能となっております。
出来るだけ早めのご連絡いただく事をお願いしております。

Q

男性も受けることが可能ですか?

A

はい可能です。
こどもとの関り方を学べる講座なので、パートナーの方とご一緒に受講することも可能です。

Q

どんなことが期待できますか?

A

□子育てを無理せず、より楽しめる

□自分の子育てに自信を持つことができる

□子育てに迷いにくくなる

□自分にとっての子育ての軸がわかる

□罪悪感にとらわれることが少なくなる

□子供と信頼関係を築くコミュニケーションが身につく

・・・etc

Q

こどもが小さいのですが、一緒に受講しても大丈夫ですか?

A

はい、大丈夫です!
その場合は、オンラインのZOOMというWEB会議を使用していきますので、ご自宅で受講することが可能です。授乳やおむつ替えの時間も取れますので、お気軽にご相談ください。