こんなお悩みありませんか?

  • 特典動画をみたけど早くてわからない
  • 浴衣の着付けに興味はあるけど、基本的なことから知りたい
  • 一応着れるけど、時間がかかってしょうがない
  • 帯が落ちてこないか心配
  • 浴衣が着崩れしない補正のやり方が知りたい
  • 当日時間がない中、ちゃんと着れるのかが心配
  • 浴衣の着付けに興味はあるけど、基本的なことから知りたい

こんなお悩みを解決する正しい浴衣着付けを教えます

動画の一部をご覧ください

浴衣がカンタンに着られるようになると、夏を2倍楽しめる!

花火大会の当日はゆっくりとお祭りを楽しめる

慣れない浴衣の着付けは前日に、YouTubeで着付け動画を探してもどれを見ればいいかわからなくなってしまい、慌てるだけ。

当日はヘアセット・メイク・浴衣着付けをヘアサロンで予約しても、時間通りに終わらないというデメリットもあり、花火の打ち上げに間に合わない方もいらっしゃいます。
事前に動画で学習することで、時間に余裕が生まれます。
早めにお出かけして、屋台や売店も楽しみましょう。

友達同士で浴衣でお出かけ、サービスを受けることも

浴衣でお店に入ると割引があったり、サービスを多めに貰えたりします。
夏だけに限らず、浴衣割引、着物割引をして、和服を重んじている地域もあります。
お出かけ前に商業施設や街のサービスをチェックしておくと良いですね。
浴衣を着ているだけで、特別扱いしてくれる飲食店もあり、さっと紙エプロンがでてきたりしますよ。

彼と花火デートする娘さんも、ちゃんと着られるようになる

「当日浴衣を着せて欲しい」と言われても仕事もあるし、時間が合わない。
お母様は娘さんのことが心配ですね。
彼と長い時間一緒にいて、「浴衣がハダケてこないかしら?」「帯が落ちてこないかしら?」「右と左を間違えないかしら?」とあれこれ考えてしまいます。
事前にこの動画を見せてあげれば、親子で学べて楽しい会話になること間違いなし!

動画で浴衣の着付けを学ぶ3つのメリット

メリット1
スマホで動画を見ながら手軽に学べる
メリット2
手元や足元をズームした画面でわかりやすい
メリット3
いつでも、繰り返し見てマイペースで学べる
メリット1
スマホで動画を見ながら手軽に学べる
さらに


テロップ入りでわかりやすい

初心者でもひとりでできる浴衣着付け動画 

動画をパーツごとに学べる!
第一章
浴衣着付け 準備
浴衣の着付けをするための準備するもの 1:42
事前に準備をすることで当日慌てないで着付けが終わります。忘れ物がないか前日までにこの動画を見て確認をしてください。
第二章
浴衣着付け 肌着と補正
浴衣の時の肌着の着方と着崩れしないような補正方法 7:24
下着が透けないように気を付けるための浴衣下肌着の着方 補正は帯がぐらつかないように、胸元がはだけないように安定させるための正しいやり方です。
第三章
浴衣着付け 正しい浴衣の着方
浴衣の着方をゆっくりと解説 13:37
浴衣を着る部分が一番重要です。ゆっくりと解説しながら文字入りで進みますので同時進行ができます。
第四章
浴衣着付け 帯結びリボン返し
帯結びの基本編 10:20
リボン返しは一番人気がある帯の結び方です。帯の長さは3.9メートルを利用しています。帯に飾りをつける時も結び目を後ろに隠すことができる結び方です。
第五章
浴衣着付け 帯結び花文庫
帯結びの基本編2 8:51
花文庫は大人っぽい長めの帯結びです。帯の長さは4メートルを利用しています。しっかりと安定するためのコツを説明しています。
第二章
浴衣着付け 肌着と補正
浴衣の時の肌着の着方と着崩れしないような補正方法 7:24
下着が透けないように気を付けるための浴衣下肌着の着方 補正は帯がぐらつかないように、胸元がはだけないように安定させるための正しいやり方です。

令和元年の夏限定価格 8/31まで

42分の浴衣着付け動画9,800円4,900円

動画お申し込みフォーム

こちらのフォームにご入力ください。キモノサリー着付け教室より返信が来るまで少々お待ちください。
お支払いを完了していただきましたら、動画が見れるURLとパスワードをお送りいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

着付け講師 福田早苗

キモノサリー着付け教室 代表
実家の和ダンスに母はずっと着物を眠らせたままだったので、いつか母の着物を着たいと思っていました。
日本料理屋で着物を着てアルバイトをしたのがきっかけで、着付け教室に通いました。

その後は20年ほど着物から離れていましたが、やっぱり着物が好き。
その理由は、
女性は着物や浴衣を着ると一段と魅力的になります。
女性らしい凛とした姿でおしとやかになれる。

ここ3年間で160人の生徒さんに
着付けを教えてきました。

どんなに不器用な方でも最後まで着付けができるように、根気よくお伝えするのがわたしの使命です。

今年の夏こそ、カンタンに浴衣を着てお出かけしませんか?