知ると知らないとでは大違い!!?

遺言書を作るときに
してはいけないこと

クイズ

Q 遺言書をつくるときにしてはいけないのはどれ?


①自分で頑張ってつくる

②80歳を過ぎてつくる

③家族に相談してつくる


その答えは???


・・・・・・


・・・・


・・


正解は


・・・どれもしてはいけない!


なぜ?自分で遺言書を作ってはいけないのか?

自分で頑張って遺言書をつくる・・・ドラマなどで観たことがあるだろう

病に冒された男性が病室でひっそりと一人背中をすぼめて遺言書を書いている・・・あのシーンだ

自分で書く遺言書を,専門用語で「自筆証書遺言」という

ドラマの影響なのか,私たちはいつの間にか
「遺言書というものは
 いよいよ自分の死が近づいたときに
 ひっそりとしたためるものだ」
と刷り込まれてしまった

・・・しかし,現実は違う

行政書士のワタシは,これまでに1000件を超える相続や遺言の相談を受けてきた
そしてたくさんの自筆証書遺言を見てきた

残念なことにワタシが目にしてきた全体の6~7割の自筆証書遺言
使えない遺言書
だったのだ


先月のこと,とある四十代の男性が訪ねてきた
彼の手には自筆証書遺言が握られていた

それは亡くなる直前に彼のお父さんが,病室で全身にチューブを繋がれた状態で,最後の力を振り絞って震える手で一生懸命に書いた遺言書だった

すでに息子さんはその自筆証書遺言の「検認」を終えていた

それがワタシに持ち込まれたのだが・・・
残念なことに・・・この遺言書は使えなかったのだ

 

実はあまり知られていないのだが
自筆証書遺言は,本人の死後,家庭裁判所で「検認」という作業が必ず必要になる。
※2020年7月の法改正で多少変わります

ちなみに検認とは「遺言書の有効・無効を判断する手続きではありません」(裁判所ホームページから)と書いてある

・・・

難しいのでカンタンに説明すると

自筆証書遺言は,裁判所で「こんな遺言書があるよ~」と存在を認めてくれるのだが(それが検認の目的)・・・

検認はそもそも
この遺言書が,使えるか/使えないか
 そんなことは 裁判所は判断しないからね~

というチョットわかりにくい制度なのだ

残念ながらこのケースの遺言書は
・法務局に断られ(司法書士が頑張ったがムリだった)
・銀行にも断られ
結果,使えない遺言書となってしまったのだ

使えない遺言書はどうなってしまうのか?

使えない遺言書はどうなるって??

遺言書が使えないんだから
遺産分割協議書」という
別の書類をつくらないといけない

ところが遺産分割協議書をつくる場合,この息子さんのお姉さんのハンコが必要なのだ

息子さんは困り果ててワタシに言った

「実は・・・姉とは仲が悪いのです。父親の介護を巡って喧嘩したこともあります。」 

「父はそんな兄弟仲を知っていたので,ボクが困らないようにと遺言書を作ってくれたんです」

「それを使えないなんて・・・ボクはいったい どうしたらいいのでしょう・・・・」

このように遺言書は「思い込み」で書いてしまうと,思わぬトラブルに発展することもあるのだ




他にもある遺言書をめぐる問題点

いま見てきたのは決して珍しいケースではない

ちなみにクイズの他の選択肢についてだが・・・

クイズの選択肢②については,高齢者が遺言書を作るのは「あるリスク」があるため,ワタシはオススメしていない

クイズの選択肢③については,家族に相談するのは「とある条件」をクリアしないとかえってトラブルを招いてしまう

このように遺言書をつくるのは想像以上に大変なのだ

それに・・・考えてみてほしい

「思い込み」で作った遺言書,それが死後に「使えない遺言書」だと判明したらどうするのか?

棺桶から起き上がって書き直す?
コッソリと偽造する??(それは犯罪です)

では・・・どうすべきなのか??

解決できる方法があるんです!

これまでの事例を見て「遺言書は自力でつくってはいけない」と気づいたと思う

でも遺言書の正しい作り方を知るにはどうしたら良いのだろうか?

遺言書で家族にも迷惑をかけない方法を知るにはどうしたらよいのか?


<<<行政書士に無料で相談する>>>


これまで1000件以上相談実績のある行政書士が,トラブルを招かない遺言書について無料で相談に乗ってくれる

無料相談だからといって決して手抜きの内容ではない。
一人あたり平均2時間もの時間をかけて丁寧に相談に応じてくれるのだ
もちろん短い質問でも大歓迎!


ぜひ下のボタンをクリックして
  今スグ

ネットで相談を予約するか
  もしくは
無料予約ダイヤルにかけてほしい
※電話番号をスマホでクリックすると電話がかかります
※通話料は無料です

追伸。
新型コロナで外出自粛している人もご安心を!
スマホを使って,ご自宅から無料で相談できる

追追伸。
クイズの②と③のもっと詳しい答えを聞きたい人も電話して聞いてみて!

無料相談のご予約はココをクリック

予約する
0800−777−3039