日本郵政が公表しているIR情報(企業情報)によると、営業中の郵便局は全国で24,024局(2018年8月時点)あります。

日本国内にある銀行が13,589店舗(銀行代理業者を除く)であることを考えると、多くの消費者にとって郵便局は身近な存在と言えます。

そのため、生活費に困っている人のなかには、銀行や消費者金融などの金融機関ではなく、「郵便局でお金を借りることはできないか?」と考えている方もいるのではないでしょうか。

実際、郵便局でお金を借りる方法はあります。

知る人は少ないですが、郵便局はお金に困っている方に対し、融資を行っているのです。

ただし、郵便局でお金を借りる場合、銀行や消費者金融などの無担保ローン(フリーローンやカードローン)とは勝手が違います。

なぜなら、郵便局でお金を借りるには、商品に合わせて担保が必要になるからです。

郵便局(ゆうちょ)でお金を借りる方法 郵便局でお金を借りる方法は、全部で3種類あります。

  • 財産形成貯金担保貸付け
  • 貯金担保自動貸付け
  • 国債等担保自動貸付け

郵便局には「財産形成貯金担保貸付け」「貯金担保自動貸付け」「国債等担保自動貸付け」という3種類の貸付制度があります。

銀行や消費者金融は無担保・保証人なしで貸付けを行っていますが、郵便局は貯金や国債を担保とした貸付けを行っているのです。

なお、銀行や消費者金融のカードローン商品(通称:銀行カードローン・消費者金融カードローン)は、無担保・保証人なしで貸付けを行っているので、申込者の返済能力を確かめるための審査を行っています。

一方、郵便局は貯金や国債といった担保をもとに貸付けを行っているため、申込者の返済能力を確かめる審査が行われません。

つまり、定期貯金や個人向け国債がある人であれば、未成年者や年収0円の無職の方でもお金を借りられます。

ただし、貯金や国債を担保とした貸付けを行っているのは、厳密には郵便局ではなく、日本郵政グループのひとつである「ゆうちょ銀行」です。

そのため、郵便局の窓口だけでなく、ゆうちょ銀行の窓口でも借入することが可能です。
郵便局(ゆうちょ)でお金を借りる方法①:財産形成貯金担保貸付け
郵便局・ゆうちょ銀行でお金を借りる方法には、「財産形成貯金担保貸付け」があります。

財産形成貯金担保貸付けでは、「財形定額貯金」「財形年金定額貯金」「財形住宅定額貯金」を担保とし、請求時の現在高の一定割合に相当する額の融資を受けられます。

「財形定額貯金」「財形年金定額貯金」「財形住宅定額貯金」といった財産形成貯金を利用できるのは、ゆうちょ銀行と財産形成貯金の取扱いに関する契約を締結している会社勤めの方です。

そのため、ゆうちょ銀行で財産形成貯金を行っていない方(または行えない方)は、財産形成貯金担保貸付けを利用できないので注意しましょう。

財産形成貯金担保貸付けは、郵便局・ゆうちょ銀行の総合口座に預け入れしている金額の90%相当額を限度とし、1冊の通帳につき最大300万円までのお金が借りられます。

たとえば、ゆうちょ銀行の定期預金に100万円の預け入れがある人は、最大90万円まで借入ができることになります。

そのため、財産形成貯金担保貸付けで借りられる金額は、郵便局の総合口座に預け入れしている金額によって異なります。
郵便局(ゆうちょ)でお金を借りる方法②:貯金担保自動貸付け
郵便局・ゆうちょ銀行でお金を借りる方法には、「貯金担保自動貸付け」があります。

貯金担保自動貸付けでは、総合口座で管理する担保定額貯金や担保定期貯金を担保とし、通常の貯金残高を超える払戻しの請求があったときに、その不足分が自動的に貸付けられます(自動貸付け)。

分かりやすく言えば、「口座から貯金以上の金額を下ろした場合、その不足分が自動的に貸付けられる」ということです。

担保定額貯金や担保定期貯金は、ゆうちょ銀行独自の貯金サービスです。

他の銀行が行っている定額預金や定期預金とは、サービス内容が違うことから区別されます。

そのため、先ほどの財産形成貯金担保貸付けと同様に、ゆうちょ銀行の担保定額貯金や担保定期貯金を行っていない人(または行えない人)は、貯金担保自動貸付けを利用できないので注意しましょう。

貯金担保自動貸付けは、郵便局・ゆうちょ銀行の総合口座に預け入れしている金額の90%相当額を限度とし、1冊の通帳につき最大300万円までのお金が借りられます。

たとえば、ゆうちょ銀行の定期預金に10万円の預け入れがある人は、最大9万円まで借入ができることになります。

そのため、貯金担保自動貸付けで借りられる金額は、郵便局の総合口座に預け入れしている金額によって異なるので覚えておきましょう。
郵便局(ゆうちょ)でお金を借りる方法③:国債等担保自動貸付け
郵便局でお金を借りる方法には、「国債等担保自動貸付け」があります。

国債等担保自動貸付けでは、総合口座で管理するゆうちょ銀行および郵便局の貯金窓口で購入した国債を担保とし、額面金額の一定割合に相当する額の融資を受けられます。

国債等担保自動貸付けは、貯金口座の残高を担保にするのではなく、ゆうちょ銀行や郵便局で購入した国債を担保に融資を受けることになります。

そのため、先ほどの貯金担保自動貸付けなどと同様に、ゆうちょ銀行や郵便局で利付国債や個人向け国債を購入していない人は、国債等担保自動貸付けを利用できないので注意しましょう。

国債等担保自動貸付けは、郵便局・ゆうちょ銀行の総合窓口で管理する国債を担保に、額面金額の80%相当額を限度とし、一人につき最大200万円までのお金が借りられます。

たとえば、ゆうちょ銀行で個人向け国債を購入し、額面金額が10万円だった人は、最大8万円まで借入ができることになります。

そのため、国債等担保自動貸付けで借りられる金額は、郵便局・ゆうちょ銀行の総合窓口で管理する国債の額面によって異なるので覚えておきましょう。