〜はじめに〜





はじめまして。

このサイトは




「FXを半年以上してるけど
全く勝てるようにならない」


「入金しては減らしてしまう」


というあなたに向けて



元証券会社ディーラーの僕が


「なぜあなたがFXで勝てないのか」を



証券会社で働いた経験から
お伝えしたいという思いで

このサイトを作成しました。




FXの業界は闇だらけです。

あなたが損をするのも無理はありません。



ここではその闇の実態を明らかにして

あなたにFXで勝てる本当の方法を

お伝えしたいと思います。



自己紹介


「ところであなたは誰ですか?」



申し遅れました。




宮本正行(みやもと まさゆき)と申します!



現在は旅行をしながら時間に縛られず

FXで月に100万~200万円の
利益を得ています。



不労所得としては

不動産や株も所有しています。




趣味は

・美味しいご飯を食べること

・国内、海外を旅行すること



月に一回は妻と子供を連れて

住んでいる大阪を離れて旅行をしています。


タワーマンションに暮らし
好きなものを食べ
好きなものを買うという



今では学生時代に想像もできなかった
ライフスタイルを実現して
人生を楽しんでいます。







人生の転機






2010年に関西の大学を卒業し

就活している時に
金融系で働きたいという気持ちから



銀行、証券会社をメインに就職活動をし

某証券会社に勤務することになりました。




自分には何の元手もなく

ただ大きなお金を動かしてみたいという



非常に単純な理由からでした。



リーマンショックから
不安の残る金融市場では


簡単に内定をゲットすることができました。



そして総合職の枠で就職し

早速大きなお金を動かせる!!!!

と息を巻いていた私に



最初に与えられた仕事は

”営業”  でした。



「まさかの営業、、」

「思ってたんと違う、、」



そんな気持ちを持ちながらも

営業で走り回りました。



業務内容は

「株や債券などの仲介」



言葉だけ聞くとシンプルに見えますが

はっきり言って”押し売り”です。(笑)



今でいう情報弱者と言われる
会社が持っている老人などの
顧客をターゲットに



数百万、数千万の
売り上げを上げていくんです。



自分が本当にいいものだと
思ってるものしか売れない僕は




売り上げを中々上げられず


ひたすら豪ドル、オーストラリアの
債券を販売していました。



営業順位はずっと最下位でした。



そして時は流れ

2013年

まさかの豪ドルが
とんでもない上昇を見せました。


75円だった豪ドルが
100円まで上がり、、



自分の持っていた

顧客に大きな利益をもたらすことになりました。



そこから多くの顧客から信頼を得て

晴れて営業売り上げ1位を達成しました。

憧れのトレーダーに





100人以上営業マンがいる組織で

営業1位を取ったことで注目を浴びた僕は


ディーラーの部署から声が掛かり
為替ディーラー兼営業マンという
立ち位置になりました。



為替で信用を勝ち取った僕は株ではなく
為替の世界にチャレンジさせて
もらうことになりました。






この時はFXの経験はなかったので
最初は少ない金額の運用しか
任せてもらえなかったんですが



徐々に運用実績を積み重ね
その金額は1億円規模になってきました。


現物での取引で
1日で100万、200万の利益は普通で


数千万の利益の利益を
もたらしたこともありました。


順調に仕事をこなしていましたが
ある日、大きな出来事が起こりました。


2015年の1月のスイスフランショックです。
スイスフランが急速に買われ


1スイスフランあたりの円換算が
126円から167円まで暴騰しました。


僕が持っていたポジションは
ギリギリ、ストップロス決済に


引っかかったものの
3000万円の損失です。



同僚や上司でスイスフランショックが原因で
会社をクビになる人もいました。



日々あげてきた利益からの
損失分を考えると



クビになることはありませんでしたが
かなり会社に居づらい状況となりました。






そこから毎日大きなお金を扱うことに
大きなストレスを抱えるようになりました。


「いつか会社をクビになるかもしれない」
「大きな損失を食らうかもしれない」



徐々に独立を考えるようになりました。



引退


毎日仕事を行くことに嫌気がさしてきて

吐き気が毎日止まりませんでした。



仕事中はずっと冷や汗をかき

椅子から立ち上がると立ちくらみ。



ディーラーとして大きな利益を

あげられなくなった僕は



営業で結果を出すしかないので

土日の休みも営業回りをして


とうとう

心も体もボロボロになっていました。




そんな日々を過ごす僕に

妻が言いました

「しんどかったら辞めたらいいからね。」




涙が止まらず

僕の中で何かが吹っ切れました。

そこから会社を辞めることを決意。




1000万円あった年収は

一旦ゼロになりました。

同級生との再会






仕事をやめ、退職金などは出なかったので

失業保険をもらいながら
当面の生活をしていこうとしてる時にふと



「昔の友達に会いたいなぁ」

そう思った僕は新しい発見も兼ねて


沢田くんという大学時代の同級生に
連絡をしてみました。




飲みにいこうという話になり

大阪駅で会うことになりました。



沢田くんは大手コンビニ会社に就職していて

かなりホワイトな働き方をしていました。



そして何の運命か

沢田くんはFXもしていました。



全然勝ててなかったけど(笑)




僕の経歴を話し

トレードのアドバイスをしているうちに

時間の経過を忘れ




2度としないと決めていた

トレードを熱く語っている自分がいました。



すると不意に

沢田くんが言いました。



「宮本くん、FX教えてくれない? 
 お金も払うから。」



予想だにしないことも言われて

びっくりしました。




でもお金を受け取るのもなんか申し訳ないし

なんせ、結果が出るかもわからなかったので




無料で教えてあげることにしました。

利益が出たら、ご飯おごってね。と。(笑)




こちらは仕事も辞めたてホヤホヤで

時間は腐るほどあったので




沢田くんの仕事終わりや

休みの日に徹底的にトレードを教えました。




そして証券会社に勤務していた頃は


業務内容から
証券口座を持つことができなかったので



自分の口座も作りました。


証券会社の闇



トレードを一般の人に教えることで

この金融の業界にいた人間と



いち個人トレーダーとの考えには

大きな違いがあることがわかりました。




自分がエントリーしたところから

いきなり逆行して損切り、ロスカット。



こんな経験ありませんか?



実はそれも証券会社、大口投資家の作戦です。





証券会社には個人には到底いかないような

情報がどんどん入ってきます。



基本的に証券会社は

小口、ようは個人のトレーダーの
ポジションが見れて


どこでロスカット損切りされるのかも
全て把握しています。



そこに大口が仕掛けるだけなので

まず池田くんはその情報に驚いていました。



それだけではありません。


証券会社には

Aブックと呼ばれるものと

Bブックと呼ばれるものがあります。


Aブックは
インターバンクと言われ銀行間取引を行い


顧客がエントリーする手数料が
利益になるのに対して



Bブックはインターバンクを介さず、

スプレッドが安い代わりに


顧客の負け分が
証券会社の利益になるというものです。





基本的に国内の証券会社は


Bブックで顧客の負け分が
会社の利益になるんです。



スプレッドを安くしていても

負けてくれれば
大きな利益を生み出してくれるからです。


稼いでいる顧客がいたとしても


適当に理由をつけて
口座を凍結したりするのもザラです。


実際に見てきました。


そもそも顧客に
負けて欲しいと考えている
証券会社で、



ポジションも
一般投資家の考えるようなところでしか
エントリーできない人間が



トレードで
稼いでいけるはずがないですよね。



それを具現化しているのが
沢田くんでした(笑)



沢田くんは2年以上
トレードしているにも関わらず

全く利益が上がらないどころか



年間でマイナス100万
なんてこともありました。



僕が教えるようになって



トレード手法も

根本の考え方も全て変化して


今では月に100万、200万と

僕と変わらないぐらい稼いで



コンビニの社員も
やめてしましました。(笑)



資金があるから稼げるんでしょ?





FXで月に数百万という利益を得ている人間は

数千万というお金を運用して

利益を上げているんでしょ?



そう思ったアナタ。

それは間違いではありません。



しかし僕が運用している額は

10万円、多くても20万円ほどです。



じゃあなぜそんな利益が出るの?
と思いますよね。



それがレバレッジです。


先ほど話した

顧客の負け分が利益になる国内の口座は

レバレッジが最大25倍




僕が使っている海外口座は

レバレッジがマックス1000倍という桁違いで

手数料が国内に比べると1.5pipsほど高いですが



少額を大きな額に増やせるのであれば

その方がいいですよね?



負けてもマックス10万円だし

それ以上のマイナスになったことはありません。



え、レバレッジが高いと

大損した時やばいんじゃないの??



そんなこともないんです。



実は国内口座では
口座に大きなマイナスが発生した時
口座残高はマイナスになり



損失補填、つまり
証券会社に対する借金を追うことになります。




しかし海外口座では

ゼロカットシステムを採用しているので


10万円の証拠金を入れていたとしたら

それ以上のマイナスはありません。




やばいですよね。

海外口座以外を使う意味がわかりません(笑)



とはいえきちんと

資金管理や相場にあった
トレード手法を使っていかないと

普通に負けちゃいます(笑)


そこで私からお願いがあります。。


勝てるトレーダーになってくれませんか?




今、沢田くんと2人でしていたトレードも
すでに規模感でいうと30人のトレーダー仲間がいる
大きなグループになりました。



相場観やトレード手法の情報共有などを
徹底的にやっていくグループです。


グループの実績

大阪 40歳 会社員
東京 30才 無職(リストラ)
東京 30才 無職(リストラ)

最後に




僕らには夢があります。


それが証券会社の設立です。

それもAブック、トレーダーの
手数料が利益になる会社です。




もし、アナタが
勝てるトレーダーになってくれたら


トレードで稼いでいくことができますよね?



こちらはトレード毎に
手数料が入ってくるという

完全にWIN-WINの関係になれます。



かと言って多くの人に
一気にトレードを教えるというのは


僕の体力が持たないし

正直やる気がない人に教えるのも嫌です。


なので限定で10名まで

トレードを教わりたい人を募集します。



経験者でもいいですし、未経験でもOKです。


希望者は下記をクリックして
ラインの追加をしてください。