ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

ぶっちゃけダイエット体験談 こんなダイエットに挑戦しました

  1. 私がダイエットに興味を持ったのが、おそらく13歳ぐらいでした。

    もともとやせ形ですが、同世代の子たちが体系を気にし始めて大人ぶって「私も〇〇ダイエットやってる」という会話に入りたかったのがきっかけだったと思います。


    私の母は、私がわかる限りではずっと肥満体系です。

    本人は出産前まではやせていたといいます。親戚に聞くと確かに、子供のころは私のようにガリガリだったとのこと。


    当時やせていた私ですが、食欲は大人以上あり、貧乏な為間食はできませんがご飯の時間になると父・弟と取り合うようにおかずを食べ、それでは足りないのでお米はお茶碗の4配分は食べていたと思います。

    今はいいけど、このまま大人になると母のように巨漢になってしまうと思っていました。


    ご飯を減らそうと思っても空腹にはまけてしまいます。

    運動をと考えましたが、家から学校までの距離がかなりあるし、帰ってからはまた遠くの友達の家まで遊びに行ったりと体は動かしていたのでそれ以上やることがありませんでした。


    しばらくは「どうしたらいいのだろう?」と興味があるだけのダイエットでした。

    高校生になるとさすがに外で遊ぶことが少なくなり、部活もやっていなかったので運動量がだいぶ減りました。まだ?せていたので周りからはダイエット必要ないねとうらやましがられていました。

    でも、私は胸とても小さかったので、これで今後ぶくぶく太っていったら 最悪な体系になる。

    巨乳の子は太りやすい体質だから少し太めでもしょうがない、女性らしい体系だからいいと思うけど、胸ぺちゃは太ったらダメでしょと心配していました。


    なので、高校生の頃は朝と昼の食事をコンビニのおにぎり1個とか、カロリーメイト2本だけとかにしてました。

    大食いなのも恥ずかしかったので、人前では小食ぶることにしていました。


    夕食は変わらず大食いしてましたので、摂取カロリーはプラスマイナス0だったはず。

    この時期まだ痩せていたのは小学~中学の時によく動いていた為まだ基礎代謝が高かったからだと思います。




    高校を卒業するとさすがに太ってきました。

    もともと45キロを超えたことがなかった体重が、気づけば48キロに。

    この時にドラックストアに売っている”脂肪を燃やす”って書かれているサプリメントを初めて試しました。「そんなの効くわけないでしょ」と言う母に対し、「初めてだから意外と速攻で体重落ちるかもよ」とウキウキしながら飲んでいたのですが、一瓶飲み切っても体重が減ることはありませんでした。


    お金もないので簡単なダイエットはこれであきらめました。

    誰からか「食べたもので体は作られる」と聞き「そりゃそうだ」と思い、食事を見直すことにしました。

    自分にとっていいものは口にするけど、悪いものは勧められても一切食べない。

    すると、自然と食べれるものが少なくなり量が減りました。


    面倒くさがりなので1日一食の時もありましたが、暴飲暴食をすることもなく、「自分の体を作る」と考えると空腹も苦じゃなくなっていました。

    即効ではないですが、自然と少しずつ体重が落ち、3か月では元の体重に戻っていたと思います。

    また、体をつかう仕事に就いたためさらに体重は落ち42キロをしばらくキープしていました。

    このダイエットは成功だったと思いますが、このダイエットにもデメリットがあります。

    人に嫌がられます。高校時代から付き合っている彼氏のお母さんには「昔は何でも食べてかわいかったのにね」と言われてしまってます。

    仕事場でもおやつを配る人の対応に困ります

    「あれも、これもいらないって!じゃあなにを食べるの!?」と切れ気味に言われたこともあります。

    自分との闘いより周囲との戦いが大変です。


    やせるのも楽じゃない!

    また、体重を落とすだけでなくキレイに痩せなくくは意味がない。









ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

野菜ジュースダイエットで一週間で10キロ痩せたことがありました!

毎日野菜ジュースを飲んで10日で10キロ痩せたことがあります!
その時は、自分の顔立ちがまるで別人のようになれて見事に変身出来たのでとても嬉しかったです。
そして、同時にスッキリ綺麗になれたのでとても感動しました。
あの頃ほど無理なダイエットはもうしていませんが、それでも日々あまりガツガツと食べないようにしており、
余分なお肉が体のあちこちにつかないようにはきちんと努力はしています。

野菜ジュースダイエットの時は、最初の日から5日ほど立つと座ったポーズから立ち上がる時
体が思わずフラッとしたりしていましたが、それでもあの頃は、まだ今よりもっと若かったので、
気力と体力で頑張っていました。

お風呂に入る時も、すぐ逆上せやすくなり、湯船のお湯の温度を気をつけないと
その場で気絶しそうになったこともよくあり、ちょっと怖い思いをしたこともありました。
何とかお湯の中に沈まないですみましたが、あれからもう何年も経っていますので、
今の年齢で同じダイエット方法で果たして、途中で一度も倒れたり病気にならないで
無事にダイエットができるのか?という心配は、正直言ってとても強いですね。

まず最初は顔と肩、腕、首といった部分がすぐに痩せて行き、
その次に足の脹脛の部分、その次に太腿、そして最後にお腹の出っ張りという順番で
綺麗に痩せて行った記憶が今でもハッキリと脳裏に浮かび上がって来ます。

現在もダイエットはやっています。
体力の消耗で貧血になり倒れたら困るのでさすがに現在は野菜ジュースだけのダイエットは、避けていますが、
おかずとパンだけにしてご飯抜きにしたり、ご飯を食べるとしたら一日に一杯だけ、と決めて、
あまり沢山の量のご飯を食べないようには努めています。

自分個人のダイエット食の内容の例を挙げてみると、ヨーグルトと野菜サラダだけ食べる日を作ったり、
カレーとかシチューの具の入っているルーだけを食べたりなど、色々と献立を工夫して日々、
ダイエットに励んでいます。

その結果、一気に急激にスリムにはなることはありませんが、徐々に顔や腕、足がホッソリして来て、
徐々に理想のプロポーションに近づいて行っているような感じがあり、
我ながらそれなりに満足をしています。

今後は、ご飯以外の、体にある程度エネルギーを送ってくれて、
あまり脂分が無い食事を極力沢山摂るようにして行きたいなと思っています。
そして、時間をかけてゆっくりと少しづつ痩せて行って、無理の無い健康的なダイエットを
し続けて行きたいなと思っています。

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

体重80キロオーバーな私が今までしてきたダイエット

現在私は164センチ85キロとゆうかなりわがままボディをしてます。

現在ダイエットしていますが増えたり減ったりの繰り返しで落ち込むこともありますが
自分に合ったダイエット法を探しながら頑張っています。
ダイエット方法についてですが学生時代に今と同じ身長で57キロの時がありました。
今思えば普通体系じゃんと思うのですが当時は周りの友達が40キロ台や50キロ前半が多く
クラスでも太っている方でした。

ですが当時1年で10キロの減量に成功したのです。
当時好きだったアイドルのお嫁さんに本気でなりたくて必死に努力してました。
周りからはやつれてるからちょっとはご飯食べなよと心配されるほどに。
当時の頑張りを今に生かしたいのですが歳ですかね全く体重が減ってくれません。とほほ。

当時していたダイエット法は1番最初に朝バナナダイエットでした。
そして登下校は必ず歩き。
学校まで距離がありまた実家が山の上の田舎にあるので夏なんか登山大変でしたね。
往復で5キロ程ですね。それプラス朝夕のウォーキング。腹筋。ダンス。半身浴。
この半身浴のおかげで私は痩せれたと思っています。
当時はより汗をかくために換気扇もつけずに3時間程
例の好きなアイドルのDVDを見ながら「待っててね」と呟き耐えていました。
懐かしいです。

ですが学生時代の有り余った体力だからできたことなので半身浴をするときは必ず換気扇をつけて
10分置きに休憩し水をたくさん飲んでください。
そんなこんな1年頑張り47キロまで痩せることができました。
ですが47キロの時は皆が暑いってゆってる時も私だけ震えていたし健康的ではなかったので
少しごはんを食べて52キロまで戻ししばらく52キロをキープしていました。

仕事もてきぱきこなせてたし好きなものもストレスなく食べることができたし
新陳代謝が半身浴のおかげでアップしてあまり体重が増えることがありませんでした。
が、しかし精神疾患を患ってしまい2年間ひきこもり寝たきりになってしまい
食べるものだけはしっかり食べていたので2年で85キロまで増えてしまいました。

好きな人ができ80まで一時は落とせたのですが振られてしまいリバウンド。
そして現在にいたります。
今また好きなアイドルができたので当時みたくこの人のお嫁さんになるんだと頑張っています。
方法は半身浴、ウォーキング1万歩、腹筋50回、レコーディングダイエットです。

効果はまちまちです。この記事が書き終わったら半身浴してきますね。
皆さんも自分に合った方法でダイエット頑張りましょう。半身浴お勧めですよ。


ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

【1週間食べて痩せる脂肪燃焼スープ】を試してみた。

数年前の話ではあるが、一人暮らしだった私はもらった給料を湯水のごとく使用し、
食べたいものは食べ、飲みたいものは飲んだ生活を繰り返した結果、
体重は110㎏、顔はまん丸に膨れ上がった。
そんな私に待っていたのはリストラ。再就職のあてもなく一度帰省。
再就職先を探す間、母親がダイエットの方法として毎食この「脂肪燃焼スープ」を食べさせられた。

この「脂肪燃焼スープ」は心臓またはその他の外科手術の前に短期間で脂肪を燃焼させるスープであると紹介され、
スープのみであれば何回でも食べる事が許されるものであった。

材料は、キャベツ、玉ねぎ、セロリ、ホールトマト、チキンスープ(我が家ではコンソメスープの素でした。)を
入れたもので、トマトが苦手だった私だが熱が通ったトマトであったため、
ミネストローネを飲むような感覚で飲んでいた。

作り方は野菜を一口大にそれぞれ切って、大きな鍋にチキンスープの素ホールトマトをいれ、
水をひたひたになるまで入れて煮込む。最後に塩コショウで味を調えたスープ。
そのスープはキャベツ、玉ねぎ、セロリが具として入っていたので、常に噛んでいた。

よくよく考えたら、繊維質の野菜がたっぷりなので、噛んですり潰すことが、
実はダイエットに最も効果的だったのではと思った。
このダイエットの注意点としては、パンや揚げ物、炭酸飲料、アルコールは禁止。
水、お茶、コーヒーはブラックならOK。
砂糖は摂取してはいけないなど、多々あるが、先程述べた通り
キャベツ・玉ねぎ、セロリが繊維を含んでいる野菜であり、結構な時間咀嚼をすることになるので、
自然と、満腹になってしまった。

私は次の就職先が決まるまでの数か月間、毎食スープを食した。
その結果は、110㎏あった体重は80kg位まで痩せることができた。
また、真ん丸だった顔が顎のあたりからすっきりになり、動きも軽やかになった。

このスープだけに限らず、今回思ったことは
1.暴飲暴食はいけない。
2.咀嚼をたくさん行う。
3.野菜をたくさんとる。
4.適度な運動を行う。

以上のことを常に行っていれば、太ることもなくなるんだなぁと思った。

110kgの頃の私にもどってしまったら、もうこの先平穏無事に生きることはないかもしれないと
今回のダイエットで痛感した。
今回紹介したダイエットはあくまでも一つの方法で、今回思ったことを常に実施していれば
健康的な人生を迎えることができるんだとも思った。

太りすぎは怖い。

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

1ヶ月我慢してすっきりした体になろう!!

本気で痩せたいと思ってる人に教えます。ダイエットは気合です。
僕は18歳で、中高とサッカーをやっていました。
ではそんな僕がなぜダイエットについて書いてるのかというと
受験のストレスによる暴飲暴食で体重が鬼のように増加してしまったからです笑

現役時代は身長167cm体重57kg体脂肪率5%でしたが、
終わった時には73kg32%になっていました笑
毎日コーラ500ml2本、一日5食の生活を続けていたらそうなりますよね笑
そんな僕が現在60kg10%にまで減量成功したダイエット方法は
たった1カ月食べること、飲むことをやめ、毎日筋トレすることです。
え!?めっちゃつらいやん!と思った方もたくさんいらっしゃると思いますが、
ダイエットに近道はありません。

まずは1日3食を徹底します。そして飲みものはお茶、水など砂糖を含まないものにします。
お菓子は禁止です。
どうしてもお菓子が食べたい・・・と考えてる方はお菓子の代替品を食べましょう。
ぼくがお勧めするのは煮干しです。
とてもかたいのでかまなければなりません。つまりは満腹中枢が刺激されるのです。
煮干しはいくら食べて太りません。お腹が満たされるまで存分に食べましょう。
ほんとにお勧めです。
そして筋トレですが、スクワットを毎日30回しましょう。きつい人は10回でも構わないです。
スクワットができないという人は腹筋を30回をノルマにしましょう。
スクワットは脚の筋肉が刺激され、脚痩せ効果になりますし、
さまざまな筋肉がある脚の筋肉が増えることによって代謝がよくなります。
代謝がよくなるということは立っているだけで脂肪燃焼される割合が多くなるということです。
わかりにくいと思いますが筋肉を維持するためにはカロリーが必要になります。
筋肉がつけばつくほど筋肉を維持しようと1日に筋肉維持のために使われるカロリーが大きくなるので
結果的に脂肪が燃焼されるのです。

あ、じゃー筋トレだけすればええやんかと思った方、それはちゃいます笑
一日三食を徹底し、余計なものを食べず飲まずに生活することが大前提です。
それはなぜなのか。余計なものを食べてしまうと
筋肉維持に使われるカロリーがプラスマイナス0になってしまうからです。
せっかく筋トレしてもその分より多くカロリーを摂取してしまっては意味がありません。
喉が乾いたら、お茶か水のような糖分が入っていないもの。小腹がすいたりお口が寂しくなったら
煮干しのようなもの、ガムもいいかもしれませんね!!
そのようなものを食べて我慢しましょう!

毎日努力すれば個人差はありますが僕は1ヶ月で変わることができました!
みなさんも参考にしてください!