『自らが夢をかなえる力』をはぐくむ。
こどもだって大学生になってもいい。
地域のみなさんが教授です。
こどももおとなも『みんなで創る大学』です。

2015年8月、
高知県嶺北地域でスタート。

こども大学とは


こども大学は、2002年にドイツで始まり、欧州各国で100校近くが開校され、日本各地でも広がりつつあります。

社会の多様なリソースを活かして、こどもたちの好奇心を刺激し、将来の夢の選択肢を増やす活動を行い、学問や人との出会いによって、こどもたちが『自らが夢をかなえる力』を備える事ができるようになることを理念としています。


2015年、産官学民の有志メンバーにより嶺北地域で高知初のこども大学を立ち上げました。


分野ごとに「学部」設定されたプログラムでは、子どもの学ぶ力や生きる力を育むとともに、地域で地域の子どもを育てる仕組みを創り、大学教授や専門家、地域の方々等が講師となり、子どもの知的好奇心を刺激する講義や体験活動を行います。


私たちのビジョン

こども大学は、
今と未来を担うすべてのこどもにとって、
どのような環境下にあっても、
自らの可能性を信じ、夢を育むこと
ができる社会の実現を目指します。


私たちのミッション

こども大学は、
社会の地(知)の資源を活かして、
学問や人との出会い、
つながりによって、
こどもと地域によい変化と成長をもたらします。

こども大学地域学部プロジェクト
「ツリーハウスの森大作戦!!@れいほく」

2015年
8月21日(金)〜24 日(月)
開催決定!

ツリーハウス大作戦!!

関東のこどもたちと嶺北のこどもたちが一緒に体験や深い交流を通じて、地域理解、自然体験を通じて「環境との共生」を学び、「ツリーハウスのあるまち」を考えることでまちづくりのプロセスを体験します。

プログラムの特徴

◆小学生(3〜6年生)向けのスタディツアー!今年の夏休みは冒険の旅に出かけよう
◆ツリーハウスの森プロジェクトを通じて地域理解、まちづくりの参加&ともだちづくりをしよう
◆高知県嶺北地域の豊かな自然と触れ合い、学ぶプログラム
◆自分で考え・伝える力を育てる毎日のワークショップあり
◆事前学習会・事後学習会で「わくわく」がずっと続く取り組み
◆夏休みの宿題対策、本プログラムの記録が残せる「ワークシート」がもらえる

3泊4日の充実したプログラム

森林五感体験

 実際に山へ入り、地域の森林のプロに教えてもらいながら間伐体験や山の植物などの話を聞きます。そこで、ツリーハウスができる最初のステップを五感で感じてもらいます。

旧校舎での宿泊

 嶺北地域は人口減少により使われなくなった旧校舎を再利用して、宿泊施設としている場所があります。そのような場所でこどもたちが一緒に宿泊することにより、より密な4日間としてもらいます。

ツリーハウス
作戦会議

 ツリーハウスを創る前段階として、どんなツリーハウスがいいか。ツリーハウスがこの町にあったらどうかなど、こどもたちに考えてもらい、その意見の一つ一つを大切にします。

アウトドア体験

 嶺北の豊富な自然資源と食材を有効に使い、食の大切さを学ぶ機会とます。また、川遊びや星空観察など自然を使った遊びなども取り入れ、こどもたちのよき学びの場とします。

お申し込み・お問い合わせ先

こども大学れいほくスクール事務局 担当:梶、矢野
Email:kodomo.reihoku@gmail.com