~オペラ歌手・小野寺光一について~


小野寺光一のおいたち
生まれは東京都荒川区です。幼いころに家族でイタリアに旅行した時にオペラに出会いました。
高校までは日本の学校に通ってました。
大学に進学するか就職するか迷っている時期に自分が何者になりたいのかを考えた結果、失敗してもいいから自分の好きなことにチャレンジしてみようと思いました。
それからオペラの本場であるイタリアに3か月ほど留学しました。
オペラ歌手の活動
基本的に公演がない日はジムに行ったり練習をしていることが多いです。もちろんダラダラ毎日を過ごしているわけではありません。何よりオーディションに受かって自分で公演の席を勝ち取らなければならないので日々の体調管理やモチベーションの維持は欠かせません。
そして公演のある日に関しては、集中力を高めないといけないのでオペラに関することをするよりも、ジムに行って体を動かしたり瞑想をして夜の本番に向けて集中力を高めていきます。本番終了後はパーティーに参加してその日は終わります。


どうやってオペラになるの?

はじめに
まずオペラの第一線の活動期間は他の楽器などに比べ短いです。それは声という楽器を使うからです。声帯は年齢を重ねるごとに変化していくので常に同じクオリティを保つのが難しいです。
スタートが遅い
本格的な声楽の訓練が始められるのは、変声期が完全に終わってからになります。また女性の場合出産の前後で声帯が変化するといわます。さらにそのあといわゆる更年期の年代に差し掛かるタイミングで声帯の柔軟性が失われていくのでそれをカバーするために工夫が必要になります。

オペラ歌手になるときの注意点

まず初めにオペラの技術には関係ないところになるのですが、オペラはもともと海外の文化のため東洋人が舞台に立つと違和感を覚えてしまう人が海外にはいます。それを頭に入れたうえでどうすればよいかを説明していきます。
そして日本でオペラ歌手を目指す場合気を付けなければならないのが、日本と海外ではオペラの教育がまるで違うところです。もし本気でオペラ歌手を目指したいのならば早めに海外に行き高いレベルのオペラを学んだほうが効率がいいです。