腰痛(坐骨神経痛)を一年で改善体験

その場しのぎの腰痛改善治療(対処療法)では無く
腰痛(坐骨神経痛)の根本原因(姿勢を正す)に気づいたからです。

腰痛を一年で改善した体験
誰でも出来る腰痛改善方法紹介

  腰痛改善は生活習慣と姿勢を正すことで改善できます。 


腰痛改善の理由に気づき、その改善方法は
生活習慣と姿勢を正すことだと気づかされました。

68歳の春、健康検診で先生からきつい一言を頂きました。

「坐骨神経痛」「脊柱管狭窄症」ですね。
加齢で見られる症状です。「68歳!お歳ですから?」
「症状はますます悪化しますよ!」
って言われましてね!
 
30年近く腰痛で苦しンできた坐骨神経痛ですが
何もしなかったわけではありません。少しでも腰痛改善したいと
運動・ジョギング・スクワット・ストレッチなどしていたんですが?
腰痛はいつも突然やってきます、ぎっくり腰です。
仕事を休めないので
いつもブロック注射で治療していました。

痺れがひどくなり、病めて歩行困難に?
そこまで腰痛の症状が悪化したら
整形外科へ行き、いつもの診断結果を聴き
腰を温める・牽引・マッサージ・湿布を貼る
そしてビタミン剤を飲む腰痛の治療を30年も続けて68歳ですよ!

「坐骨神経痛」が悪化「脊柱管狭窄症」で神経が通っている管が細くなり
症状が悪化し腰痛の症状は進むばかり。
いつもの診断結果でいつもの治療をうけていつもの湿布と薬をもらって・・・?


でも?今回は違っていました(@_@;)
先生の愛情いっぱいのきついお言葉がきつかけで「カチン!」ときたのです。


★★★何故か強い憤りを覚えたのです?★★★

「まだ68歳?」「もう68歳?」「もう後が無い?」

腰痛原因・腰痛改善・腰痛治療・徹底してインターネットで検索しまくりました。
そして出逢ったのが「腰痛革命プログラム」です。
 

お歳ですから後がありませんよね(@_@;)
今を逃したらいつやるの?今の体ならまだ間に合うのじゃないの?
「あの時ならまだやれた!」「腰痛は改善したかもしれない」
そんな後悔はしたく無い。自問自答の葛藤をしました。


腰痛を改善したり治療する方法はたくさんあって迷いますが・・・
「腰痛革命プログラム」の中にあった、「対処療法ではいつまでも治りません!」
腰痛になる根本を知って、根本を正さなければ?いつまでたってもよくなりませんよ!

気づいたその時から(年齢は関係なく)根本原因を正せば?
◆「必ず腰痛は改善されます」◆


何故かこの言葉が頭から離れなかったのです。


68歳の私でも、今ならまだやれる、実践出来るかも?って思ったのです。
紹介HPを隅から隅まで熟読し腰痛のイロハを学びましたね。
それで頭に残った言葉が三つありました。
 
◆一つ目の言葉は腰痛は「対処療法」では治らない。
今までは対処療法ばかりだった・・・
だから今でも治療の繰り返しなのか?
 
腰痛の対処療法とは?その場しのぎの治療のことを言うそうですが。
私は30年間も腰痛治療をしてきてよくならなかったのは
その場しのぎの治療で一時は良くなっても、
忘れて、また腰痛になりそれを繰り返していたのです。
これでは一生治るはずないですよね。
 
 
◆二つ目は腰痛は「生活習慣病」です。
生活習慣とは今までの生活での行動形式
(考え方や食生活・運動不足)の事です。

考え方や生き方、毎日の行動の繰り返しが
生活習慣になり、無意識のうちに考え行動している事ですね。

 
 
◆三つ目は腰痛改善は「背骨の姿勢を正す」です。
背骨の構造を学び、習慣から来る背骨への影響を知り、
きちんと背骨の姿勢を正すことです。
 
背骨やそれを支える筋肉に一番負担がかからないのは
きちんと背骨の姿勢を正すことなのですね。


 プログラムの説明でこの3つに共感し納得し
すぐにこのプログラムを購入を決めたのです。


腰痛改善や治療法はたくさんありますが、
自分が共感し納得してこそ
内容を実践できるのだと思います。

そうでないとただの知識に終わり実践出来ず
せっかくの効果を体験できません。
 
 
★もっとも大事なことは腰痛になる根本を知ること★


背骨の構造や腰痛になる原因、
そして自分の日常の生活スタイルや考え方まで
目先の治療「対処療法」でなく、
腰痛の根本を知りそこに目を向けて姿勢を正す事が
一番大事な事だと思いました。
 

考えてみれば私の中には悪しき生活習慣が
山ほど蓄積されています。
その生活習慣を正す、姿勢を正す事が
本当の意味で生活習慣を正すことだと気づいたのです。
 

 
よく言われるマインドとか意識改革の部分です!
 
このマインドをしっかり持てたことで
結果を出せたと思っています。
 
 
 
私が「カチン!」ときて気づいたのは腰痛改善の根本の治療法
背骨をまっすぐに姿勢を正す事、身につい生活習慣
姿勢を正す事はもちろん、しいては生き方や人生の考え方までの
根本姿勢を正すことだと思いました。

 
このマインドの部分をきちっとリセット出来た事が
一年で結果を出せた最重要部分です。
 

◆実行するに当たり一番問題だったことは?
 

最初は気持ちも高まっているので実行しますが
大体三日坊主でやらなくなるケースが
今までの私のパターンでした(@_@;)

でも今回は違っていました。
★理由は?「カチン!」と来たからです。

 
意識改革とマインドセットにスイッチが入ったのですね?
 
 
普段友人と話しをしていて思うのですが
誰でも分かっていても行動に移せない理由は
スイッチが入っていないからでは?と感じます。
 
 
腰痛で悩んでいる人はとても多いようですがどこまで真剣に
覚悟を決めて実行しているのか?ではないでしょうか?
 
だから、腰痛で悩む人が減らないのは?
「対処療法」でその場しのぎをし、
腰痛原因の根本原因を直さないからではないでしょうか?
 
 
私が気づかされた三つの言葉、
「対処療法」「生活習慣」「姿勢を正す」

これが腰痛になる根本原因でここに視点を移し実行しようと決め
何故やるのか?やった後にどんな自分になりたいのか?
これをきちんとイメージ出来れば、たとえ治らなくても、
腰痛改善につなぐことが出来ます。
 
 
68歳の5月にプログラムを購入し11月頃から結果が出始め
この三つの言葉をいつも頭において
マインドセットがきちんと出来ていたので
プログラムを実践し、年明け4月の健康検診までに
結果を出せたと思ってます。
 
 
誰でもその気になれば出来ます。
こんな私(三日坊主)でも出来たのですから。
 
なぜなら誰でも今より良くなりたい、改善したいと思っています。
明日からやるか、今日からやるかですよね?
 
やれることは誰でも出来る簡単なことたくさんあります。
ジムへ行かないと出来ないとか
することが難しいとか、時間がかかるとか
専用の道具が無いと出来ないとか
会費がかかるとか
歳だから無理だとか?
 
そんな難しいことは一つもありません。
大きなリスクは無いのです。
ここが最大のメリットですよね。


★ただ、何かを得るために何かを失う覚悟が必要です★
意識改革とマインドセットの準備が出来ればOKですよ。
 
 
 
68歳で三日坊主の私でも腰痛改善の結果を出せたからこそ、
あえてこれらの事を胸を張って言う事が出来ます。

「腰痛改善」するにはたくさんの治療法がありますが
私が体験をして言えることは?
自分が共感し納得出来て、自分にスイッチが入ってこそ
継続しやり遂げることが出来ます。

腰痛改善をすることは誰でも出来ます。
腰痛になる根本原因、生活習慣と姿勢を正す事で
腰痛改善が出来るのです。

あなたにも腰痛改善する日が訪れることを願っています。


69歳一年目で成果、結果が出ました。


一年で成果を出すため大事なこととは?



答えは「その気になれば」誰でも簡単に出来ますよ!
毎日出来ることを少しずつやればいいんです。
あきらめなければ必ず結果はついてきますから!


「継続は力です」


何か新しいことを始め出来るようになる方法
次の4つのことを覚えておいて下さいね。

1)知る 2)やる 3)出来る 4)習慣にする

この4つが誰でも出来るようになる方法です。


例えば初めて自転車に乗る時

・乗り方を知る
・実際にやってみる
・何度もやっているうちに出来るようになる
・自然に乗れるようになる

こんな体験ありませんか?



このプログラムで最初に取り組む重要だった事は?
姿勢を正す事でした。

腰痛の根本原因は習慣病からくる姿勢の悪さが
腰痛の原因になっている事が多いそうですね。

だから背骨の姿勢を正すことから始めるのす。

やり方は頭が天井から吊り下げられているような気持ちで
背骨をまっすぐたてて姿勢を正します。

正しい姿勢をとるときには腹式呼吸をします。

腹式呼吸になれる正しいやり方は?
息を吸うときはお腹を膨らませながら息を吸い
息を吐くときはお腹をいっぱいへこませて息を吐く事です。

感覚をつかむためには
お腹に手を当ててやるとやりやすいですよ!


基本で重要な事は
背骨を立てて姿勢を正すことと
きちんとした腹式呼吸が自然に出来ることです。


ここからがスタートです。




「坐骨神経痛」


坐骨神経痛とは?

 


坐骨神経痛の種類

・根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛

坐骨神経の付け根が圧迫されて、
痛みがおこるタイプの神経痛。
椎間板ヘルニアが原因となっているケースが多い。

 

・梨状筋性坐骨神経痛

梨状筋による神経圧迫によって起こるもの。


・症候性坐骨神経痛

神経の圧迫が原因ではないため、
まだ原因が詳しく解明されておらず、治療が困難。 

「出典 坐骨神経痛 – Wikipedia」

 

 

坐骨神経痛の原因

原因はさまざまで坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、
梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、
腰椎すべり症などが原因とされている。

 

特に腰椎椎間板ヘルニアから発症する場合が多く、高齢者になると
ほとんどが腰部脊柱管狭窄を原因として発症します。

腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアとも
腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって
坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれを引き起こします。 

「出展 腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン」

 

坐骨神経痛の症状

お尻~足への放散痛が主だった症状。

お尻、太もも後面、腿の横、下腿外側や後ろ(ふくらはぎ)、
踵、足の甲、足先あたりまでが痺れや疼痛をきたします。 

「出展 坐骨神経痛の症状と治療法。その原因について:腰痛ナビ」




あなたはこんな症状で悩んだことありませんか?


  • いままでに経験した事のない腰の痛みがある。
  • 夜に激痛、ゆっくり熟睡ができません。
  • 首や肩、あちこち痛みが出てきました。
  • 痛みがあるとき湿布を貼っている。
  • 机の前でパソコン、時間がたつ腰に痛みが?
  • 腰痛改善法、いい方法を探している。
  • 立ち仕事が多いので症状が出る。
  • 腰痛で抱っこやおんぶが大変。
  • 整体・鍼灸に通ってますが、痛みがなくなるのはその日だけです。
  • 自己流で柔軟体操やストレッチしてますがよくならない。
  • ストレスで腰痛になると聞きましたが?
  • すぐよくなる神経ブロック注射は怖いのでなるべく避けたいのですが?
  • レントゲン検査で、椎間板や腰椎に異常があると言われました。
  • 一度よくなったのですが、再発しよくならない。
  • これをやればよくなるという治療法はないですか?


体験した腰痛革命プログラムです。


プログラムで紹介されていた方法は、
慢性的な腰痛だけではなく腰椎症・腰部筋筋膜症・椎間板症
椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・すべり症・分離症・腰椎変形症・脊柱管狭窄症・
急性腰痛(ぎっくり腰)など全て適応しています。
ただし、ホームページ上では分かりやすく表現するため、それら全てを総称して
【腰痛】と記載しています。

◆このプログラムは現在、販売が終了しています。


プログラムを開発した先生は?

うえだ整骨院 院長

・1972年生まれ、東京都在住

・高校時代にサッカーで膝の故障、大学時代の交通事故
 によるむち打ち治療をきっかけに治療家を志す。

・大学を卒業後、柔道整復師の養成機関である専門学校へ入学。
・専門学校在学中に、かつて自分自身の痛みを完治してもらった整骨院に弟子入りし
 6年間修業、その後1999年に国家資格である柔道整復師を取得。

・2002年、西東京市東伏見駅前に『うえだ整骨院』を開業。
・これまでの修行時代の教えや、治療経験、自身での研究を組み合わせて
 痛みの原因を根本から解決する、“上田式無痛整体法”を2006年に確立。

・今では、地元だけではなく関東一円に加えて、全国からも体の不調に悩む人が
 最後の砦として駆け込み、開業以来のべ10万人を超す患者の痛みを解決。

・その圧倒的な治療効果で、うえだ整骨院の評判はクチコミでまたたく間に広がり、
 来院者の中には医師や柔道整復師などの、医療従事者からプロ野球選手、Jリーガー
 なども含まれる。県外よりウィークリーマンションを借りて通院する方もいるという。

・書籍、雑誌の取材も相次ぎ、今では1日100人を超える患者が訪れ
 毎日予約がいっぱいの人気整骨院 として、確固たる地位を築く。
(今現在は、予約診療は平均3~6か月先まで埋まっている状態)


こんなデータ―があります。


腰痛になる原因はいろいろありますが、私の場合は職業病(イベント看板業)で
忙し時期、文字を書く姿勢が長時間同じ姿勢であった事が考えられます。
そんな日が毎日続く忙しい日々の連続、無理した結果でしょうね。

職業病ですが、それぞれの仕事の中で姿勢の問題や忙しさが重なり
過労になることはみなさん体験しているのではないでしょうか?


腰痛になる原因は?

★腰痛になった原因★



30代の頃ですがイベント看板業なので、春や秋に毎週イベントの仕事が重なり
忙しい週が続きました。当時は手描きで一日中同じ姿勢で書く訳ですが
量が多いのと納期が無いのとで長時間作業でしたね。

それが原因なのか、立ち上がるときに「グキッ!」「大腰」です。
仕事を休むわけにいかず整形外科での治療はいつも「ブロック注射」でした。
ブロック注射はすぐに症状が緩和されるのですぐに仕事に戻ることが出来のです。
毎年同じことの繰り返しをやってるものだからブロック注射も効かなくなるわけです。

腰痛の症状は度重ねるほど悪化しました。お尻から足にかけての痺れ。
坐骨神経痛ですね。レントゲンで確認すると骨と骨の間にあるクッション
椎間板がつぶれていました。つぶれて飛び出た椎間板が神経に触れて
痺れがひどく歩けなくなったりします。

症状は出たり出なかったりで、整形外科の治療は温め牽引や、
マッサージ湿布、ビタミンなど薬を飲む訳です。


その後、腰痛はますます悪化して脊柱管狭窄症にもなりました。


整形外科の治療ばかりに頼っていたわけではありません?
腰痛は生活習慣病ですと言われて、食生活の改善、運動不足から散歩も進められました。
バランスのいい食事を心がけて、散歩からスロージョギング、効果の確認は体重計で確認
それと毎年、健康診断で数値の確認もしていたわけですが?一進一退でしたね。



◆その気になってスイッチが入ったきっかけは?◆

68歳の春、健康検診で先生からきつい一言を頂きました。

「坐骨神経痛」「脊柱管狭窄症」ですね。
加齢で見られる症状です。「68歳!お歳ですから?」
「症状はますます悪化しますよ!」
って言われましてね!


「カチン!」っとスイッチが入る音がしましたよ。(笑い)


先生のおっしゃる通り68歳お歳です(@_@;)もう後がありません。
後が無いから「あの時は出来たのに?」って後悔したくないし
やるなら今しか無いと決意!

治らないならせめて症状が出るのを極力抑えるしかないですよね。
人生後がないと「カチン!」とスイッチが入ると人間変るのですね(@_@;)。

目標は80歳で現役仕事が出来る身体づくり
笑顔で元気に毎日送れる身体づくりです。
食べても飲んでも太らない身体づくり、

言うは易し、行うは難しですが言うだけでは結果は出ません。
行動してこそ結果が出るというもの

時間が無いのでやるしかありません。(涙)






腰痛治療にかかる費用は?


あなたは大丈夫ですか?


対処療法の現実?


腰の痛みに悩まれている方はたくさんいますよね。
悩まれている人はTVの健康番組や雑誌や
書籍、インターネットなど様々な所から、
腰痛改善のための情報を探され試されています。

骨盤クッションや各種健康器具、体操やマッサージに始まり、
整形外科による、投薬治療、ブロック注射牽引療法
マッサージそして最終手段としての手術まで
色々の治療やストレッチなど体験されていますが

なぜ今でも治らないのか悩んでいませんか?
それは対処療法だからです。

その場しのぎの対処療法ではいつまでたっても治りません。

根本の原因に気づき生活習慣を正すことが
最善の腰痛改善方法だと思います。



腰痛改善する一番大事な事は?



腰痛改善で結果を出す方法は、知識やストレッチなどはもちろんですが
何故、腰痛改善しなければならないのか?
腰痛改善出来たら何をしたいのか?
目的とイメージが最重要です。

私見ですが、腰痛になる根本原因は
形は違えど同じではないか?

身体の構造はみんな一緒で、症状が出る前は同じなのです。
腰痛が出る引き金になる根本原因は同じ所にある
腰痛の形はいろいろありますが・・・

根本原因は生活習慣病なのです。

最近書店で見かける、腰痛は誰でも直せるの本を見かけますが
誰でもの意味は体の構造が一緒で腰痛が出るきっかけも同じ
だから、腰痛は誰でも直せると言っているのではないでしょうか?

腰痛を完治することはできませんが
腰痛を和らげる、腰痛改善することは可能です。

これは私が腰痛改善出来た、自分で体験したからこそ強く言えることです。

腰痛の症状はいろいろあるので専門的な事は整形外科、
または接骨院などで治療することをお勧めしますが

腰痛改善のための根本治療
生活習慣を見直して、背骨をたてて姿勢を正しくする
そして専門のアドバイスを受けて加齢からくる
筋肉の衰え、その部分の強化方法など実践すれば
誰でも腰痛改善出来ると思います。


知識やストレッチなど情報は数えきれないほどあります
腰痛の症状も人それぞれでしょうが

身体の構造は誰でも一緒、根本原因も同じところにあると思います。
根本原因の治療法は誰でも一緒です。

根本原因の治療と症状に応じた専門のアドバイスと一緒に実践できれば
腰痛改善が出来て、症状が出にくい身体になれます。

私が気づいて体験し腰痛改善出来たヒントは
誰でも出来る、根本原因(生活習慣病)の改善と
身体の姿勢を正すことです。

この情報がお役に立てれば幸いです。
腰痛改善され明るく楽しい人生を歩むことが出来ますように\(^o^)/






石野一男(団塊の世代69歳)