YouTubeの継続的な投稿を阻む「怠け心」。
それを排除する1日コーヒー1杯分の
サービスです。

年商2800万円、利益ゼロという散々な業績を
YouTube戦略によって1年後に年商1億2000万円、
2年後に年商2億円にした
自動旋盤販売商社の(株)鈴喜の鈴木佳之さん。

彼の事務所の壁には、
「YouTube1日3本」
「継続は力なり」
という張り紙が貼られています。

鈴木さん夫妻が投稿したYouTube動画の背後に
それらの決意にあふれた貼り紙を見ることが出来ます。

YouTube戦略を社内に定着させ、大成功を収めている企業は、
その実践に対しての習慣化に真剣です。

人間は元来、怠け者です。
事情の許す限り自分を甘やかしてしまうものです。

私は25年前のボクサー時代に、体重管理が厳しく求められ、
2ヵ月後の試合日に向けて、計画的に体重を減量することを求められました。

試合の制限体重が60キロ以下のライト級で、
試合がないときの私の普段の体重が69キロです。
計量時に100グラムでもオーバーすれば失格になってしまいます。

私は、2ヶ月で9キロの減量をするために、
「試合一ヶ月前までに65キロ」、
「試合二週間前までに62.5キロ」
など目標設定し、計画的に減量をしていったのです。

なので、私は9キロの減量に毎試合取り組んでいましたが、
計量でリミットをオーバーすることは一度もありませんでした。

その実践管理がなければ、おそらく甘いものが好きな私は、
ギリギリまでアイスクリームやケーキなど甘いものを食べて、
体重を計画的に減らすことが出来ずに、
試合間近になって急激に無理な減量をしてコンディションを崩し、
満足のいく試合をすることなどできなかったでしょう。

そうした人間の習性を理解しているからこそ、
自然な実践の継続習慣を作るために私が考案したのが、
この「YouTube365日実践メール」なのです。

こうしたコツコツと継続することの威力は、
過去の「菅谷式YouTube」の成功者たちが
証明しています。

365日継続習慣化により大成功した
実践成功者の声

アトリエリブラ・高橋貴子さん/神奈川県
「78日連続で予約獲得。売上10倍のパン教室」

サービスの内容と3つ特徴

「YouTube365日実践メール配信サービス」は、
多くの方がつまずく継続実践の壁を乗り越えるためのサービスです。

毎朝4時に菅谷信一から届くメールに書かれた
「YouTube投稿・本日の撮影テーマ」に従って
動画の投稿を続けることで、
あなたの中に継続実践の習慣化が身に付くのです。

そんな貴重なサービスを、
一日一杯のコーヒー代程度でお届ける
システムを作りました。

ポイント

1

YouTube投稿の意識付けができる。

YouTube戦略実践成功者の最大の成功要因は、YouTube投稿に対する優先順位の高さです。多忙な日常業務の中でも、常に「YouTube撮影・投稿は優先順位の高い作業である」という意識を持ち、継続的な実践投稿をしているからこそ、ライバルに対して大きな差をつける大量投稿が実現できたのです。

ポイント

2

YouTube撮影のネタ切れを防止する。

YouTube戦略の肝であるタイトルキーワードと並び、多くの実践者が壁となり立ちはだかるのが撮影題材の壁、つまり「ネタ切れの壁」です。この「YouTube365日実践メール」では、具体的に経営者、ビジネスマンであれば誰でも話せるテーマをお送りしますので、そのテーマに従って一分間、カメラやスマホの前で話すだけで、1本のYouTube動画の題材が完成してしまうのです。

ポイント

3

YouTube撮影のアイデアが沸いてくる。

毎朝、菅谷信一から届くYouTube撮影題材のテーマを社員やスタッフにも取り組みさせることで、その実践力は2倍、3倍と力を増していきます。また、そのテーマから連想して、「自社であれば、このようなことも撮影できそうだ」という発送の展開も生まれます。その積み重ねが、YouTubeの大量投稿を築き、ライバルに対してネット上の露出の面で大きな差をつけることになるのです。

ポイント

1

YouTube投稿の意識付けができる。

YouTube戦略実践成功者の最大の成功要因は、YouTube投稿に対する優先順位の高さです。多忙な日常業務の中でも、常に「YouTube撮影・投稿は優先順位の高い作業である」という意識を持ち、継続的な実践投稿をしているからこそ、ライバルに対して大きな差をつける大量投稿が実現できたのです。

特別に7万円の特典を差し上げます。

菅谷信一・シークレット会員限定YouTube最新セミナーDVD+特別テキスト(定価70,000円)

【メール会員限定特典】 
菅谷信一が年額210万円で個別顧問契約を結ぶ企業に提供している希少価値の高い「シークレット会員限定セミナー」を収録したDVDとテキストを特別にプレゼントします。国内外の先端事例で学ぶ門外不出の動画マーケティングが収録されています。

「YouTube365日実践メール」のお申込はこちらから。

お申込フォーム

月額3,500円×12ヶ月 クレジットカード(PayPal)お支払い(金利・手数料込)
年額一括お支払い (39,800円) 銀行振込またはクレジットカード(PayPal)払い


お問合せ先:
(株)アームズ・エディション東京本社
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6
りそな九段ビル5F

E-mail info@arms-edition.com


監修コンサルタント紹介

一般社団法人日本動画マーケティング協会 代表理事
一般社団法人竹田ランチェスターアカデミー 代表理事
株式会社アームズ・エディション 代表取締役

菅谷 信一

YouTube動画だけで総額50億円の売上アップを全国の中小零細企業に提供してきた「日本一のYouTube動画マーケティングコンサルタント」。

一般社団法人日本動画マーケティング協会 代表理事
一般社団法人竹田ランチェスターアカデミー 代表理事
株式会社アームズ・エディション 代表取締役

業界キャリア20年で480件の支援実績を持つ。支援実績は、ノーベル賞を輩出する国の研究機関、一部上場企業から個人商店、農家まで多岐に及ぶ。

1969年生まれの46歳。茨城県出身。獨協大学外国語学部卒。

大学卒業後、(株)日立製作所関連会社に勤務後、1996年より2001年まで、福祉施設「社会福祉法人茨城福祉工場」にて社内起業家として障害者のためのビジネス企画を行う。1996年に「障害者が教えるパソコンスクール」を事業化。年商1500万円のビジネスへと育てる。そのドキュメントはNHK「首都圏ネットワーク」でも放映されたほか、新聞各紙で話題に。福祉分野ではその他に、「車椅子利用者のためのプリクラ・スロープ」を企画。玩具メーカー「(株)SNK」で企画が採用される。

1998年、ホームページ企画制作を独学で学び事業化。観光財産に乏しい地方の山村などを独自の企画手法でコンテンツ化し、11市町村の自治体公式サイトをプロデュースする。

2001年4月、コンサルティング会社「アームズ・エディション」創業。現在、帝国データバンク「週刊帝国ニュース」にて「超アナログ発想で診断する企業ホームページ向上講座」を連載するほか、コンサルティング、講演会・セミナー講師など精力的に活動中。マスコミ取材歴として日経、朝日、毎日新聞、茨城新聞など多数。

著書に、「あなたが先に儲けなさい」(経済界・amazon総合1位を記録)、 「ネット経営逆転の法則」(ごま書房)、 「問い合わせ数が4.7倍になる超戦略型ホームページ企画術」(ソシム)。

■一般社団法人日本動画マーケティング協会 www.jvma.biz
■一般社団法人竹田ランチェスターアカデミー www.lanchester-academy.jp
■(株)アームズ・エディション www.arms-edition.com


YouTubeコンサルタント・菅谷信一の著書・監修本は、日本国内、アジアの経営者に累計5万部読まれています。

「YouTube365日実践メール」のお申込はこちらから。

お申込フォーム

月額3,500円×12ヶ月 クレジットカード(PayPal)お支払い(金利・手数料込)
年額一括お支払い (39,800円) 銀行振込またはクレジットカード(PayPal)払い


お問合せ先:
(株)アームズ・エディション東京本社
〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22高輪カネオビル8F

E-mail info@arms-edition.com