空き家問題解決の新しい提案

ユーゴープランニング
代表 野村 均

地方創生から全国創世へ

今、日本国内での空き家問題は深刻化されています。
新築物件が増え続ける一方で、空き家は2033年には 2,166万戸と
予測されております。
空き家は地方だけではなく、都市部でもたくさんあり、深刻な問題です。
空き家のまま、家を放置すると、そこには「魂」が失われて行きます。
あなたの使っていない家を、ぜひ私たちに活用させてください。
その家に「魂」を吹き込まさせてください。
今回、私たちは日本国内における社会問題「空き家問題」を
解決する1つの新しいサービスを開始しました。

これからの空き家問題

増え続ける空き家

現在800万戸と言われている空き家は、

10年後には2100万戸超になります。

その時、3戸に1戸は「空き家」になります。

このように、増え続ける空き家があるのを理解してますが

日本ではまだまだ新築物件が増えていくという状況です

そもそも空き家とは

空き家の定義とは

居住世帯のない住宅(人が住んでいない)のこと

そして、空き家の活用方法としては

第3者に貸す(賃貸)

第3者に売る(売却)

その他で利用する(別荘や倉庫) となります

資料出所(国土交通省)
空き家の現状と論点 平成25年住宅・土地統計調査の分類

空き家はどんな時に発生するか

空き家が発生する原因として

「相続」による住宅取得時が多いことがわかります。

親が所有している住宅を相続する場合や

すでに受け取った家から新たに新築し引越しをしたときに

空き家として残ってしまうことになります

空き家の問題点は多岐にわたる

空き家をそのまま放置することで、

想定される問題は多岐にわたる

特に近年は火災発生の恐れや、

自然災害による近隣建物への加害など、

周辺環境への影響も大きい

また定期的な換気や掃除などの維持管理も必要となり

空き家の問題は、他人事ではなくなる

空き家問題を解決する方法

売却
リフォーム、またはリノベーションを行い売却する。いいタイミングで買い手が見つかるとよいが、価格によっては長期間の空室になり、空室期間中の管理維持が必要になる。
賃貸

リフォーム、またはリノベーションが必要になる。家賃相場の賃料設定が必要になるが、空室期間が長くなることもある。また、入退去都度に費用が必要になる。

シェアハウス
複数人との賃貸借契約が必要となる。シェア人数が少ないと難しい。入居者同士の管理も必要になり、シェアハウスオーナーとしての管理対応が必要になる。
民泊
民泊施設にするためにリフォームや家具、家電などの住設コストがある。立地がよければ利用率が高いが、観光地以外であれば苦戦する場合もある。また、市町村によっては禁止地域もある。
民泊
民泊施設にするためにリフォームや家具、家電などの住設コストがある。立地がよければ利用率が高いが、観光地以外であれば苦戦する場合もある。また、市町村によっては禁止地域もある。

空き家を活用した新しい取り組み

テクノロジーの変化でライフスタイルは変わった。

会社と自宅を往復する毎日から、働き方改革により
色々な場所で働くことが可能に。

テレワーク導入企業も増加し、通信環境さえあれば、
どこでも仕事をすることができる。
コワーキングスペースやカフェで仕事をする人も増加している。

もはや都心で住む必要がなくなり、UターンやIターンを
する若者も増えている。

しかし、地方への移住定住へのハードルは高い。

都心を離れローカル地域で住む移住者は増えているが、
まだまだハードルは高いのが事実。
長期間、都心を離れることが難しいことから
移住定住という選択には、至らないケースも多い。

私たちは、空き家を活用して地方創生をしていきます。

地方創世には、ヒト、モノ、カネが必要。
私たちは、都心と地方で人口をシェアすることで、ヒトを地方に呼び込みます。
そして、全国に分散型の共同体(コミュニティ)を作ります。

あなたの家を提供いただけませんか?

全国の家(空き家)を賃貸借契約をします。

契約内容はサブリース契約となり、特定会員向けの専用シェアハウスとして運営致します。サブリース契約は法人契約となりますので、シェア利用の状況による家賃変動はありません。賃貸料については周辺環境相場、ならびに物件状況によって異なります。
普通賃貸借契約となりますので、民泊などの旅館業法等や住宅宿泊事業法(ゲストハウス)とは異なります。

室内は改装工事を必要とします。大規模なリノベーション工事までは不要ですが、利用できる状態へのリフォームは必要になります。
家具など利用可能なものがあれば、そのまま利用させていただき活用いたします。
水回り、給排水設備、空調設備など作動できる状態であれば、そのまま利用させていただきます。状態が悪くなっているものや修繕が必要なものは修理、または交換をしていただくことになります。
コンセプトをもった家つくりも可能です。

24時間天然温泉に入れる拠点や、陶芸窯が併設しており陶芸体験ができる拠点開発もしております。
地域の特性などを活かした拠点は人気が高く、利用者も多くなります。
個性的な「家守(やもり)」が生活をサポート

各物件には個性溢れる地域住人が家守として担当に付き、地域との交流の機会やユニークなローカル体験、その地に暮らしているからこそ分かる情報をご提供します。
水回り、給排水設備、空調設備など作動できる状態であれば、そのまま利用させていただきます。状態が悪くなっているものや修繕が必要なものは修理、または交換をしていただくことになります。

ご提供いただきたい家

数年前(10年以内)まで居住
最寄り駅から徒歩圏内でアクセス可能
部屋数が4LDK以上、建物面積150㎡以上
築年数は不問です

ご相談の流れ

物件エントリー入力
専用のエントリーシートへの入力をお願いします。入力項目が多いですが、正確な情報をいただくことで早期に査定判断が可能になります。
エントリーに不明な点がありましたらサポート致しますので、お気軽にお問い合わせください。
現地調査

エントリー内容を確認の上、候補物件になれば現地調査(1時間から2時間)を行います。
現地調査では、その建物の歴史や想いもお伺い致します。また採寸や修繕箇所の確認も行います。

社内審査
拠点開発として、社内審査を行います。改修工事費用や修繕費、毎月の賃料査定、拠点稼働開始時期などを検討します。
また家守の存在有無についても判断されます。家守の存在有無は拠点開発の重要ポイントとして位置付けられています。
契約・工事・拠点オープン
査定状況をオーナー様へ説明し合意いただき契約開始になります。
契約開始後は、開発担当者へ担当部署が代わり、工事期間の確認や引き渡し時期の確認など、拠点オープンまでしっかりサポート致します。
契約・工事・拠点オープン
査定状況をオーナー様へ説明し合意いただき契約開始になります。
契約開始後は、開発担当者へ担当部署が代わり、工事期間の確認や引き渡し時期の確認など、拠点オープンまでしっかりサポート致します。

拠点開発担当者

拠点開発担当:野村 均
(通称:きんちゃん)

ご覧いただき、誠にありがとうございます。

地方創生から全国創世。日本を強くする!とビジョンに事業をしています。
空き家を活用することで、地域を元気する。
そんあアイデアを西日本で広げるために、色々な場所で説明会やご訪問をしています。

もし、空き家問題でお困りでしたら、私に一度相談してみてください。

【サービス提供会社】
株式会社アドレス
月額制で全国の家に自由に住める 多拠点コリビングサービスを提供しています。
短期的な観光ではなく、 定期的または中4長期的に滞在する関係人口を増加させる。
少子高齢化の人口減少時代において、移住ではなく 都市部と地方が人口をシェアリングすることを可能にする。 そんな多拠点居住のサービスを月額4万円~で提供。
メンバーは、豊かな自然環境の中で その土地に暮らすような生活と人の交流を、 
物件オーナーは、安定した家賃収入を 手にすることができます。
お問い合わせ
☎︎ 090−6240−7801

ユーゴープランニング
大阪市淀川区宮原1−19−23ー407