大嶋啓介出版記念講演会
~東京・八王子~

2018年11月27日(火)
八王子市芸術文化会館
いちょうホールにて
講演開始:19時

お申し込みはこちら

ひすいこたろう氏との共著「前祝いの法則」は、今年6月に発売、たった4日で3万部、1か月で5万部を記録したあたらしい夢のかなえ方の本です。

未来の姿を先に喜び、祝ってしまうことで現実を引き寄せることを「予祝(よしゅく)」と言います。

予祝とは、「未来をつくる、あたらしい夢の叶え方」です。
なぜ、前祝いをするだけで夢が叶ってしまうのか?

それは「未来」を変えるには、
「いまの心の状態」を変えること、それが予祝の本質だからです。

大嶋啓介氏による全国出版記念講演、
11月27日、八王子開催決定しました。

「いまの心」が喜びを感じ「新たな一歩」を踏み出すきっかけとなる講演会、是非お越し下さい。

予祝導入で名門・高知商12年ぶりに甲子園出場!

スポーツ紙での高知商快進撃の記事の中で予祝が紹介された他、Yahoo!ニュースでも下記の記事が掲載されました。
----------------------------
8/12(日) 20:46配信東スポWeb-Yahoo!ニュース
【高校野球】高知商・梶原部長「決勝で大阪桐蔭に6―5で勝ちます」

第100回全国高校野球選手権大会第8日(12日、甲子園)、高知商が慶応(北神奈川)を12―6で下し、3回戦に駒を進めた。

 イメージトレ通りの快勝劇だった。2回に打者一巡の猛攻で7点を奪い、4回にも4点を追加するなど慶応を圧倒したが、チームは5月から試合をプラス思考に考える「予祝」(よしゅく)トレを導入していた。

 試合前から「すでに勝利した」ことを前提に会話するもので、この日も前夜の夕食時に梶原部長が「2回戦突破おめでとう!」と全員で祝杯を挙げた。ナインの間でも「お前のファインプレーがよかった」「三振したけど、その後がよかった」「お立ち台に上がったぞ」などと勝利を喜び合ったという。

 梶原部長は「先にイメージできないことは実現できない。まずは目の前の試合のことだけで、生徒には先のことは考えさせませんよ」としたが、早くも「決勝で大阪桐蔭に6―5で勝ちます。打ち合いになる。8回に試合が動く」とこっそり“予言”した。

---------------------------
また、共著のひすいこたろう氏のブログでも高知商の予祝の取り組みについて紹介されていますので是非ご覧ください。
ひすいこたろう氏公式ブログ記事「本気の夏」(外部リンク)

「本気のじゃんけん」 札幌大谷高校 高校総体サッカー初勝利

2018年高校総体サッカー初勝利を飾った札幌大谷高校。

勝利につながるメンタル強化の1つ、大嶋氏の「本気のじゃんけん」が新聞で取り上げられました。

----------------------------

 男子サッカー2回戦が行われ、2年ぶり5回目の出場となる札幌大谷が作陽(岡山)を下し、創部10年目で高校総体初勝利を飾った。前、後半70分は互いにPKで決めた1点のみで決着がつかず、PK戦に突入。GK畠山諒介(3年)が相手の4人目を止め2-1とすると、札幌大谷5人目のキッカーとして相手ゴールネットを揺らし決着をつけた。

 PK戦で好セーブ、さらに勝利を決めるキッカーとなったGK畠山は「おいしい場面がきた。ここで止めて、自分が決めれば」と思い描いた展開通り、インターハイ初勝利の立役者となった。
全道大会では5試合無失点と絶対守護神ぶりを発揮したが、初の全国の舞台では自らの右足でチームを勝利に導いた。「駆け引きをして、だまし気味に外の方へ蹴った。自分がやられたらいやな蹴り方」。GK心理を冷静に読んだ会心のキックだった。

 大舞台のメンタルにも自信があった。チームは昨年の冬、社員の能力を引き出す”本気の朝礼”を行う事で有名な東京の「居酒屋てっぺん」の社長・大嶋啓介氏(44)を招き、「本気でじゃんけんをして、大喜びする」というモチベーションの上げ方を学んだ。じゃんけんに勝っても負けても喜ぶことでリラックスした雰囲気と一体感を作り出す”儀式”を今年の支部予選からPK戦前に取り入れ、全道決勝のPK戦勝利につなげた。
 この日も選手たちはPK戦前にベンチ前でじゃんけんを行い、笑顔でピッチに戻った。選手のメンタル改革に成功した田部学監督(44)は「選手は最後までハードワークしてくれた。同点に追いついたのも粘り強く攻撃を続けた結果」と満足そうな笑顔を見せた。

試合前日、予祝トレーニングを実践。優勝候補に勝利! 

秋季北海道大会制覇に挑む札幌日大高校は、7-2で優勝候補・北海高校に勝利しました。

「勝利の予行演習現実に!」の見出しで、試合前日の予祝トレーニングと結果についてスポーツ紙に掲載されました。

----------------------------
迷いはない。4回2死2塁。札幌日大・藤沢が初球の内角スライダーを振り抜く。ダイアモンドを一周し、ベンチに戻ると声がかかった。「予言通りだな」。公式戦初出場の7番打者から思わず笑みがこぼれた。
「完璧だった。打てると思っていた。ネクスト(次打者席)で監督に”おまえがヒーローになってこい”と言われた」。自信があった。前日の練習後のミーティング。事前に祝して現実を引き寄せる「予祝」を行った。勝利を思い描き、選ばれた3人がヒーローインタビューに臨む。藤沢は「インコースの球を4会に本塁打を打つ」と宣言。球種、イニングともに現実にした一発を「北海が相手で燃えていた」と振り返った。

----------------------------

札幌日大高校監督から喜びの声
「選手が、あんなに楽しい雰囲気で予祝をやるとは思わなかった。すごく盛り上がった。試合も今までにない空気だった。予祝通りのことが起きた。予祝ヤバいです。」

会場で一緒に予祝をしてみませんか?

★なかなか思い通りにならず、ネガティブになってしまっている
★叶えたい夢・目標はあるのに、壁にぶつかっている方
★新たな夢を見つけたい方
★仲間と一緒に夢を叶えていきたい方

お申し込みはこちら

大嶋啓介氏プロフィール

夢と希望を与える講演家、株式会社てっぺん代表取締役。
1974年1月19日(「いい空気」 をつくるために)、大好きな三重県桑名市で生まれる。「可能性に気づけば人生が変わる」をモットーに、人の可能性の伸ばし方を追求するなか、ひすいこたろう氏と出会い、てっぺんで行われる公開朝礼も「予祝」の力だと知り、一目惚れする。「居酒屋から日本を元気にしたい」という熱苦しい思いで、居酒屋「てっぺん」とNPO法人居酒屋甲子園を設立。てっぺんの『本気の朝礼』は日本中で話題となり、数々のメディアに取り上げられる。現在、この朝礼は企業だけではなく、修学旅行で朝礼体験に訪れている中学・高校の部活などでも取り入れられている。また、日本オリンピック代表のソフトポールのチーム に朝礼研修を行い、北京オリンピックでは金メダルに貢献。2015-2018年にかけて、高校野球の約50校に、チーム強化のためのメンタル研修を行い、そのうちの14校が甲子園出場を果たしている。現在では、人間力大學や一般社団法人日本朝礼協会を設立するなど、企業講演だけでなく、学校講演を中心に全国で活動している。座右の銘は「大人が輝けば子どもが輝く。子どもが輝けば日本の未来が輝く」


著書
『すごい朝礼 (たった15分の習慣で人生が変わる)』
『スタッフの夢とやる気に火をつける! てっぺん!の朝礼』
『夢が叶う日めくり』『夢が叶う日めくりPART2』
『夢が叶う! 夢札』
『前祝いの法則』(共著:ひすいこたろう)

講演会概要

日時

2018年11月27日火曜日
開場:18時30分
開始:19時00分

終了:21時30分予定

場所 八王子市芸術文化会館 大ホール
(いちょうホール)
主催 株式会社 日商平野
お問合せ info@nisshohirano.co.jp
料金

早割は9月30日まで!
早割    2,000円

10月1日以降は以下の料金となります。
当日    3,000円 
当日ペア  5,000円
特典付   4,900円
 ※DVD+当日講演映像+本

学校関係者・学生
教職員・PTA関係 1,000円
大学生、専門学生以下 無料

詳細はお申し込みフォームにてご確認下さい

場所 八王子市芸術文化会館 大ホール
(いちょうホール)

アクセス

八王子市芸術文化会館 いちょうホール
東京都八王子市本町24-1

▼お車でお越しの方
・八王子インター第2出口より国道16号線を八王子市街方面、横浜方面へ。
浅川橋を渡り大横交差点を通過後、いちょうホール西を左折。
インターより約15分。
▼公共交通機関をご利用の方
・JR八王子駅北口6-10番・京王線京王八王子駅2,3番のりば「横山三丁目」または「八日町一丁目」下車徒歩3分。

Tel:042-621-3001
http://www.hachiojibunka.or.jp/icho/
開館時間: 9:00~22:00 休館日:毎週月曜

私たち予祝をしています!

N.Kさん
保育士/チャイルド・スマイル代表&私の心地よさ代表

毎朝、4行予祝日記を書いています♪

予祝日記を書くと、自分の人生を自分でつくっている手応えがっつりです!

例えば…社員の採用。
今日の何時頃、どんな人から応募が来るのかを予祝日記に書いたら、予祝の通り、ステキな方から応募のお電話をいただきました!
お会いしたらやはりステキな方で、即、採用決定です♪

カントクさん
自営業・少年野球チーム指導者

予祝ビデオレターで全国大会出場!

 全国大会出場まで毎年あと少しの所で敗退すること12回。今年は関東大会にも出場していないチームでした。
 就任4ヶ月で甲子園に出場した秋田の明桜高校の輿石監督が選手にビデオレターで予祝をしたのを大嶋さんの講演会で知りました。
 藁をもすがる思いで予祝ビデオレターを作り、大会初日から試合会場に行くバスの中で選手に見せました。全国大会出場記念ムービーと題して、選手1人1人に大会での活躍を讃えるコメントと感謝の気持ちを書きました。
 不思議な事に大会は強豪チームとの対戦ばかりでしたが、通算ホームランが1本のチームだったのに1試合に4本のホームランを打ったり、最終回に同点に追いついて延長戦でサヨナラ勝ちをしたり、と奇跡的な勝ち方の連続で勝ち進み、遂に夢にまで見た夏の全国大会出場を勝ち取りました!

M.Iさん 
株式会社Enfant's代表/4児の母

読み聞かせから始まった我が家の予祝

小学2年生の娘の夏休みの宿題で、読み聞かせをしました。せっかくなので、「前祝いの法則」を選びました!他の部屋にいる子どもたちにも聞こえるように大きな声で、予祝とはどういう事なのか、例をプラスしながら私なりの伝えたい事を盛り込みながら読み聞かせをしていました。中2の息子やお姉ちゃんたちも聞いてほしくて、3日ほど続けました。

本を読みながら、娘に、「お兄ちゃんは、サッカーをやってるでしょ?サッカーの試合をテレビで観ていて、今日のメンバーは.........お兄ちゃんの名前が出てきて、家族皆で「お兄ちゃ~ん!」って応援している姿がママには見えるんだけど」「どうする?外国で試合!ってなったら?」「皆で応援に行きたーい」と娘もノッてきて、2人で盛り上がりました。その後、娘が「お兄ちゃんが宿題終わらせますように!」とか、「100点とれますように!」なんて予祝するようになりました。そのたびに、娘と2人で「凄ーい!やったー!」とハイタッチして喜びました。

夏休み終了2日前に宿題がほとんど終わっていなかった事をコーチに指摘され、また息子は怒られるのかなと心配していましたが、なんと息子はきちんと新学期に宿題を間に合わせていました。また、白紙に近い状態のテストが多かったのに、新学期のテスト結果が良くて、別の子と間違っていないか疑うほどでした。後から、彼なりにノートをつくっていたのを知ってびっくりしました。

そして、突然「イングランドにサッカー留学したい」と息子が言い始めました。
「ひとつだけ心配事があるんだよねー。それは、母さんの死に目に会えないかもしれないという事!」と真剣に夏休み明けから、毎日毎日するのです。「すぐにでも行きたい!休学するとどうなるんだろう?誰にも言わないで行きたいんだよな」

今、イングランドのクラブチームに見学、体験が出来ないかイメージ膨らませています。
【8日から新人戦が始まる!16日の試合が終わり次第急いでそのまま空港へ!24日帰国!4日学校を休む事になるけど、そこで何か得られれば!】とワクワクが止まりません!

予祝!どこかのチームに見学や体験が決まりました!

家族で予祝、ホントにすごいです!毎日が楽しいです!

皆で予祝!会場で一緒にワクワクしましょう!

★なかなか思い通りにならず、ネガティブになってしまっている
★叶えたい夢・目標はあるのに、壁にぶつかっている方
★新たな夢を見つけたい方
★仲間と一緒に夢を叶えていきたい方
★ワクワクしたい人
★応援したい人・応援されたい人

お問合せ 株式会社 日商平野

電話 042-651-1000 (受付:平日10時~17時)
090-5756-8976 (担当:平野)
メール info@nisshohirano.co.jp
メール info@nisshohirano.co.jp