ネット上に数多くの記載がありますように、吉澤ひとみ被告は創価学会員です。

本投稿の内容は陰謀論ではなく、ごく常識的な事実観測と考察に基づいているものであり、国民の皆さまが考えるヒントとしていただくべく、ここに記載を行うものであります。

吉澤ひとみ被告は創価学会員である。この観点からの投稿を精力的に行っていますが、それらのほとんどが削除されてしまいます。なぜでしょうか。

投稿の削除を行う人々はこの国の既存権力に従い、既得権益を守ることによって国家繁栄を目論む人々なのですが、その根底にある選民思想によって数多くの "劣等国民" が置き去りにされ、不当に弾圧され、言論を封鎖されています。

現代の日本国家は、民主主義とかけ離れたいびつな構造のシステムが作られている状態であると言ってよいのです。


それでは今回の飲酒ひき逃げ事件を整理してみましょう。

1."選ばれし者" が起こした "飲酒ひき逃げ事件"

創価学会は選民思想です。

選民思想とは "自分が選ばれた者であって他者より優れていると勘違いしている" 思想です。

吉澤ひとみ被告は創価学会の選民思想によって、自分よりも劣る人間をひき逃げしても許されるのだと考えていた可能性があります。これは許すべからざる身勝手極まりない思想でありますから、正しい刑法の適用によって厳しく処断しつつ、考えを改めて反省をしていただく必要があります。

2.創価学会は "鶴のタブー"

しかしながら、創価学会といえば鶴のタブーですから、創価学会絡みの事件はマスコミにも露出しておりません。今回の飲酒ひき逃げ事件においても、吉澤ひとみ被告が創価学会員であることは、あらゆるメディアにおいて一度も報じられることがありませんでした。

常識的見地からすれば、危険思想となりかねない部分を正し他の創価学会員に模範を示すためにも、創価学会は自ら会見を開催し説明をすべきなのですが、決してそうなることはなく、創価学会はマスコミからひたすらタブー扱いされて、国民の目から隠され続けるのです。つまり創価学会は、自らの選民思想を反省の材料とは考えていないということになります。

これが国民を取り巻く昨今の情勢ですから、創価学会員による凶悪な犯罪は次々に起こっています。創価学会員である限り、よほどの証拠が無ければ罪を犯しても見逃してもらえるということは、一般の国民の方々には衝撃的であるでしょう。しかしそれが現実なのです。

3.マスコミに売られた映像の行方

今回の吉澤ひとみ被告の飲酒ひき逃げ事件においては、確定的な証拠となる映像がドライブレコーダーから発掘されました。もしこれが公安警察に直接渡っていたとしたら、事件は都合の良いように改ざんされたかもしれません。事件当時の目撃者は多数おりましたが、目撃者の人々は物理的な証拠ではなく、後からいくらでも情報操作や買収や隠ぺいが可能なものなのです。情報操作においては、創価学会寄りのライターによって都合の良い印象を与える記事が多数作られ、ばらまかれています。

日本の公安警察は創価学会と密接に関係を持っております(特に生活安全課は創価学会の窓口として機能している)ので、創価学会員が犯罪者となる状況においては、たとえ明確なる犯罪であったとしても、証拠を隠滅するなどの隠ぺい操作が警察の手によって行われてしまうのです。

幸いなことに、今回の飲酒ひき逃げの映像はマスコミに売られ、公安警察による揉み消し工作の初期段階は遂行不能となりました。ただしそれでも公安警察や創価学会からマスコミに対して圧力が加われば、マスコミが映像の公開に踏み切らないことも往々にしてあり得ます。しかしこれも更に幸いなことに、マスコミはひき逃げ映像の公開を行うにいたりました。このあたりの背景としては、公安警察とマスコミの間の権力の拮抗があったと考えられます。

見方によっては、創価学会サイドとしても、この事故映像からして隠ぺいがもはや不可能なレベルであると判断したかも知れません。そのような場合は、犯人である創価学会員は国民の目に晒されることになります。これは十分にあり得ることです。創価学会は、学会員を脅しており、恐怖によって支配しておりますので、脱会者を出さないためにあえて犠牲者を晒すことがあるのです。こうなりたくなければ脱会してはいけないという、見せしめの意味なのです。

4.twitter上における被害者の誹謗中傷

twitterは国家の色合いが濃いものです。利用者のツイート内容を参照し、国を良く思わない人々を "危険人物" としてマーキングしています。マークされた者は考えを改めるよう強要されます。強要を行う人々は工作員と呼ばれ、実質的には嫌がらせによる言論弾圧が行われています。

twitterにおける工作員の主体は創価学会員であると考えられます。多くの芸能人や有名人がtwitterに参加しておりますが、彼らは例外なく工作員として機能していますから、全員が創価学会配下にあると言えます。彼らもまた選民思想の持ち主であり、選ばれた者であり、だから "劣等国民" を弾圧して良いのだと考えています。

そんな折に今回の事件が起こり、たまたまtwitterを利用していた被害者が、"劣等国民" として扱われ、創価学会の工作員たちからの誹謗中傷を受けておりました。それが実際にtwitter上で起こっていた出来事です。

5.吉澤ひとみ被告のブログの正体

吉澤ひとみ被告のブログは削除されましたが、ブログ読者の投稿にて驚くべき言葉が語られたので紹介します。

 "あれは動物を轢いただけだった"

創価学会員は "吉澤ひとみ被告は動物を轢いただけだ" というような直接的な表現を避けて責任逃れをすることに長けていますし、またそうするように教育を受けています。しかしながらこの読者の投稿は明らかにこの主旨で行われたものです。

恐ろしいことに、創価学会員は選ばれた者であるから、創価学会員にとって一般歩行者は動物なのです。これが創価学会の選民思想なのです。この投稿を行った読者は、池田大作がよく引用する格言を用いて自己の選民思想をひけらかしておりましたから、明らかに創価学会員でありました。

吉澤ひとみ被告のブログの読者の多くは、創価学会員であったと考えられます。それはさながら武装集団のごとく振舞っておりました。近づく者があれば中傷して追い返す。そういった人道に外れる行為が横行している場所。それが吉澤ひとみ被告のブログの正体です。

6.創価学会の集団ストーカー

さまざまな場所において私が投稿を行う際に、常に意識しているのは、創価学会が集団ストーカーと呼ばれる国民への監視・付きまとい・嫌がらせ行為を行っている事実をセットで記載することでした。

このような抱き合わせ投稿の目的は、吉澤ひとみ被告の事件を起点に、創価学会による集団ストーカーという隠された国民への迫害行為を告知することであります。

集団ストーカーもまた、選民思想によるところが大きい行為です。ここでその詳細を記載せずとも、国民の皆さんが自ら検索していただければ、実態は十分にご理解頂けることでしょう。YouTube などにもおびただしい数の動画がアップロードされています。

大まかに言えば、選民思想を持った悪しき国家権力が、国民を騙して搾取するために、やくざのような恫喝行為を平然と行っているということです。集団ストーカーを取り仕切るのは公安警察であり、実行部隊のほとんどは創価学会員となっています。そこには昔から、有名人も芸能人も参加しております。

ネットに溢れかえる民意誘導の記事に騙されないでください。

それらは国家権力側が用意した、国民を騙す目的の記事なのです。日本の国民は、そうやって長い間騙され続け、家畜のような扱いを受けているのです。おとなしい国民であることをやめましょう。

7.あとがき

吉澤ひとみ被告の飲酒ひき逃げ事件は、創価学会の選民思想が原因となっています。説明をざっと行いましたが、いかがだったでしょうか。

twitterをはじめとするネット社会では、どんなに正しく生きている国民であっても、国家に不都合な言動を行えば危険分子の扱いとなり当局からマークされます。反対に、吉澤ひとみ被告のような本当に危険な思想の持ち主であっても、国益に叶う者であれば優遇され、例え凶悪な事件を起こしても量刑が軽減されてしまうのです。

選民思想を振りかざすこの国の権力は、今も多くの人々を洗脳服従させんがために活動しています。創価学会に肩入れすると仕事などの利権を与えられますので、特に芸能人などはこぞって創価学会に入会しています。また入会によってある種の武器を手にすることが出来、テレビでおなじみの顔ぶれがその武器を使用して、twitter上などで人道に外れる横暴を平気な顔をして働いています。特にお笑い系の芸能人(有吉弘行など)の工作には目に余る残虐性があります。

国民の皆さんが創価学会に入会してもそれは、底辺層を占める雑多な搾取対象者として騙され、搾取を受けることを意味します。まさに国が仕組んだねずみ講のようなことが、この国で実際に行われているのです。