よしなが真真

再版応援プロジェクト

出産はたくさんの感動を与えてくれる貴重な経験
あなたが、
       おかあさんを“母”にさせて、
       おとうさんを“父”にさせて、
                                   くれたのです。

未来のママへ出産の喜びを♡
まずはこちらの3分動画をご覧ください。

ご紹介した動画は、よしなが真真 著書
『生ませてくれて、ありがとう~母より
生まれてきてくれて、ありがとう~父より』
からの抜粋を動画にしたものです。
再版を応援してくださる方を募集します。

この本は、子どもを妊娠してから、生まれるまでの気持ちを、540首余りの短歌で綴った詩集です。
また、新ママだけではなく、新パパの親になる自覚の芽生えも、綴ってあります。

子を持つ喜びを知っていただくために、多くの人に読んでいただきたいのですが、現在この本はもう世に出回っておりません。再版するには大きな費用がかかります。

再版を応援くださる方々のご援助をいただき、再版を実現させたいです‼️

動画を見て、再版を応援したいと思ってくださった方は、ご支援の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

はじめまして よしなが真真です

著者 よしなが真真 プロフィール
本名 金田豊実
昭和39年3月14日生(先の東京オリンピック年のホワイトデーの子)
平成8年2月結婚
旧姓も金田(かなだ)新姓も金田(かなだ)
非常に珍しいご縁で結ばれる。
100%「かねだ」と間違えられるので、どうせ間違えられるのなら、キンタと呼んで♡と言ってます。


未来のママ、必読!!
現在のママ、精読!!

540首余りの短歌で、つぶさに、リズミカルに綴った、斬新で感動的な妊娠出産ストーリー。
今まで誰も表現したことのない手法で、出版した本を是非ご覧あれ!!

仕出し弁当屋に骨をうずめるつもりで嫁ぎ、2児を出産。
その2回の妊娠で胎動に対して命の神秘さに大感動、大感激をする。

しかし、第3子を身ごもった時に「生むな」と言われ、長男長女を連れて、実家へ家出をし、第3子を出産。

その後、胎動の感動は絶対に忘れてはいけないと思い、何かのカタチで残したいと思っていた矢先、思いがけない出版のご縁に出会うことができ出版。

出版時は、子どもの記念になると思って出版したけれども、実際は、自分への応援本、つまり、自分自身のための出版だったことに気付く。
特に子育てでくじけそうになると、出産時の初心に戻って冷静さを取り戻し、
「キンタ、負けるな‼︎」と、自分を奮い立たせました。

現在、嫁いだ仕出し弁当屋が倒産、窮地に追い込まれながらも、子どもを社会に送り出すために、
「キンタ、負けるな!  キンタ、負けるな!」
と、心の中で連発して、必死に働いているよしなが真真です。

こうのとり様 ありがとう
命かけ "子"という宝 守ると誓う
という出産直後のこの一首に支えられ、毎日“キンタの大冒険”をやっています!!

私は、仕出し弁当屋時代には眠っていたこの本を、世の中に出して、特に子育てに行き詰まっているママたちを、励ましていきたいです。
吾子を生んだ時の初心に帰ろう‼️
思い出せば、すべて解決できますよ。
私と一緒に頑張りましょう!


ペンネーム:よしなが真真
本名:金田豊実

読者の声

渡辺敬幸
長男の誕生のとき…
24時間という難産に立ちあいをし、なぜか僕が気を失ってました…
16年経った今ですが、当時を思い出し神秘的な気持ちになり、女性の雄大さを改めて感じました!
全国のお父さんに、またこれからお父さんになる方に是非読んで欲しいですね(^^)
国枝英明
3人の子供の出産に立ち会えた 数十年前を思い出します。
男性の心にも 響くものがたくさん詰まった一冊です。
毛利理恵
子を授かった頃の自分を思い出し、胸が熱くなりました。
親への感謝、そして我が子への感謝を改めて感じることができ幸せを感じます。
すべての女性に読んでいただきたいです。
石榑寛和
妻の妊娠・出産時の気持ちを知ることができ、改めて妻には、子どもを生んでくれたことへの感謝で一杯です。
また、生まれてきてくれた子どもへの愛情を再確認しました。
山田千紘
結婚も出産も、まだ経験していない未来のママですが、父と母の子に選ばれて生まれてきたことにすごく感謝したいと思いました。
そして、将来出産する時のことをすごく考えさせられました。独身の方にも、是非読んでいただきたい本です。
小松健人
人間の温かみを感じる内容で、とても感動しましたし、離れて住む両親への感謝の気持ちが湧き起こりました。
僕は独身男性ですが、将来の家族未来像が描けられましたし、妻になる女性は、本当に大切にしないといけないな、と思いました。
是非、独身男も読む価値あり‼
藤木優顕
真っ先に思い浮かんだのは、離れて暮らしている僕のことを、気にしてくれている母のことでした。これからは、「生んでくれてありがとう」と感謝を伝えていきたいと思います。
そして僕には、将来を考えている女性がいます。この本で母の気持ちがわかりましたので、いずれ母になり得る彼女を本当に大切にします‼
毛利理恵
子を授かった頃の自分を思い出し、胸が熱くなりました。
親への感謝、そして我が子への感謝を改めて感じることができ幸せを感じます。
すべての女性に読んでいただきたいです。

支援内容

1口 1,500円

出版費用が集まり次第、本を再版いたします。

ご出資してくださった方には、1口につき1冊、本を贈呈いたします。

多くの方のご協力を、よろしくお願い申し上げます。

ありがとうございます。

目標額 2,000,000円


    

支援金振込口座

十六銀行 忠節支店
普通預金 1510657
ピカピカキンタ カナダ トヨミ
振込手数料はご負担いただきますよう
よろしくお願い申し上げます。