吉川柔心会

吉川柔心会は、生き甲斐を持って、今を生き抜くために、「折れない心」と「ぶれない心」を育成する「人づくり」が大切と考え、必要とする人の受け皿として開かれた道場です。

吉川柔心会の規範と基本理念について

規範
精力善用
「心身の持つすべての力を最大限に生かして、社会のために善い方向に用いる」
自他共栄
「相手に対し敬い、感謝することで、信頼し合い、助け合う心を育み、自分だけでなく他人と共に栄えある世の中にしようとする」

基本理念
吉川柔心会は、
 礼節を重んじ、心身を鍛錬し、「折れない心」「ぶれない心」を育成します。
 柔道をやりたい人の受け皿となり、吉川の柔道の発展と、柔道を通じた人間形成並びに少年育成の場としていきます。
 柔道を通じて、強さ、優しさ、逞しさを培い、何事にも熱くなれる青年をつくりあげて社会に送り出すことを目指します。

日曜の朝稽古風景

正座して黙想

 姿勢を正し、静かに黙想する時間を大切にする。

自然体を学ぶ

 厳しい稽古だけではなく、時には楽しく学ぶ時間も必要。
 まずは、正しい自然体から。

休む時は休む

 一生懸命に汗を流した後の一杯は格別です。
 
 

受け皿への道

「育雄会館」幕開け~

 限られた予算の為、育雄会館の設営はセルフビルド。
 そして、次々と集まる熱い仲間達に支えられ物置から道場へ。
 真っ暗になるまで時間を忘れ、みんなで汗を流して作り上げました。本当に、感謝の言葉しか思いつきません。

道場開き

 平成26年3月11日の道場開きは、奇しくも東日本大震災から5年となる3月11日であったことから、身を引き締める意味からも、黙とうしてからの初稽古となりました。
 本当に多く方にお集まり頂きました。

感謝

 本当に多くの方々に、育雄会館にご来館頂いております。
 必要とする人の受け皿となると覚悟を決めて、一歩を踏み出し、本当に良かったと思います。

稽古風景

精力善用・自他共栄の規範を確かめながら、一つ一つを大切に稽古に励んでおります。

礼に始まり、礼に終わる。
相手がいて、初めて自分自身を高めることができる。

大切なのは感謝から始めること。

吉川柔心会は、必要とする人の受け皿となる道場です。

流した汗は嘘をつかない!

投げられて、投げられて、投げられないようになって
投げるようになる
投げられる痛みを知って強くなる
流した汗と涙は嘘をつかない!

 柔道の基本は受身

 受身とは投げ飛ばされる練習 人の前で叩きつけられる練習 人の前でころぶ練習 人の前で負ける練習です。

 つまり、人の前で失敗をしたり 恥をさらす練習です。
 自分のカッコの悪さを多くの人の前で ぶざまにさらけ出す練習 それが受身です。

 柔道の基本では
 カッコよく勝つことを教えない 素直にころぶことを教える いさぎよく負けることを教える
 長い人生には カッコよく勝つことよりも ぶざまに負けたり だらしなく恥をさらすことのほうが はるかに多いからです。

 だから柔道では 始めに負け方を教える
 しかも、本腰を入れて 負けることを教える
 その代り ころんでもすぐ起き上がる 負けてもすぐ立ち直る それが受身の極意 極意が身につけば達人だ

 若者よ 失敗を気にするな 負けるときにはさらりと負けるがいい
 口惜しいときには「こんちくしょう!!」
 と、正直に叫ぶがいい 弁解なんか一切するな 泣きたいときには 思いきり泣くがいい やせ我慢などすることはない
 その代り
 スカッーと泣いて ケロリと止めるんだ 早くから勝つことを覚えるな
 負けることをうんと学べ 恥をさらすことにうまくなれ
 そして下積みや下働きの 苦しみをたっぷり体験することだ
 体験したものは身につく 身についたものー それはほんものだ

 若者よ
 頭と体のやわらかいうちに 受身をうんと習っておけ 受身さえ身につけておけば 何回失敗しても
 すぐ立ち直ることができるから・・・・・・
 そして
 負け方や受身の ほんとうに身についた人間が 世の中の悲しみや苦しみに耐えて
 ひと(他人)の胸の痛みを 心の底から理解できる やさしい暖かい人間になれるんです。

 そういう悲しみに耐えた 暖かいこころの人間のことを 観音さま、仏さま、と呼ぶんです。
                                                     みつを 

門下生募集中

 必要とする人の受け皿となります。

 いつでも畳の上でお待ちしております。

道場情報


道場名 吉川柔心会
館 長 萩原 克則
代表者 萩原 亮
所在地 〒342-0011 
    埼玉県吉川市深井新田2029番地 育雄会館
問合せ sinnomagokoro@gmail.com

稽古の時間について
金曜日 21:30~23:00
日曜日  7:00~8:30(朝稽古)

  • いいね!
  • シェア