YORIYOKU NET Meeting.

全ての人と福祉を
繋ぐネットワーク

みんなで「よりよく!」

2019年 8月22日(木)のテーマ!

『ソーシャル ストラテジー』
地域との関りと企業の”在り方”
役割を超え、地域資源としてしの
ソーシャル経営戦略

《 YORIYOKU NET Meeting. Ltd. VOL'13》

よりよくねっとミーティング 

【異業種セッションセミナー】
地域との関りと 企業の”在り方”
役割を超え、地域資源としてしの
ソーシャル経営戦略
 
今、急速に加速している「地域」との連携や協働、地元密着型の事業構築など、「社会」の捉え方が大きく変化しています。
  
デフレや少子高齢化、そしてスマホやインターネットが社会や地域の形を大きく変え、そしてビジネスの在り方を大きく変えています。そして、これからもその在り方は大きく変わり続けます。
 
自分が関わり合う小さな社会。
地域とは何か、自分たちの役割はどのように創っていくべきなのか、共に響き合い、役割を超えた先にある協働や連携とは、どのように考えていくべきなのか。
 
そしてそこから見える地域福祉。
地域包括ケアシステムとは、医療・介護・福祉分野だけが取り組むべきものではなく、様々な人々、業種が関わることで促進していくものと考え、仕組みや役割の理解を共有することと、ビジネスとしての地域包括システムへの介入を模索すること。
 
地域への関わりを通して考える企業戦略。
ソーシャル・ストラテジーをテーマに講話を頂きます。

 
【よりよくねっと】にしかできない、医療・介護・福祉職と異業種によるセッションセミナー。

講師:
 
調剤薬局を経営し、さらに地域とのかかわりを事業として取り組みを行っている

株式会社zelkova 取締役
一般社団法人 福祉よりよくねっと協会 理事
越川 慶子 氏
  
 
ブランディング・マーケティングを専門とし、さらに企業の強みや在り方におけるコンサルを得意とする

パートナー企業会員
株式会社Academia Links
庄司 誉幸 氏
 
が講師として登壇します。
 
そしてテーマの
「ソーシャル・ストラテジー」をもとに、

【アライアンスワーク】を実践します。

講師紹介

ブランディング&マーケティングコンサルタント
講師:庄司 誉幸

【株式会社 Academia Links 】
代表取締役社長 庄司 誉幸 様

現在は建設・建築業態の企業様を中心にウェブの制作・ホームページの制作、ITの導入支援などを行っている。

また、企業としてはどのような研修を行っていくべきか、どのような理念を掲げるべきなのかというような経営コンサルティングもしています。

時代や環境によるウェブの活用方法などはありますが、それがその企業にそぐうものになっているかどうかは別問題です。

これまで培った知識や経験をリソースとしてクライアント様に注ぎ込み、しっかりと企業やサービスの価値を世の中に伝えることが出来るように、地域への貢献を最大限に引き出すこと。

社長の想いや地域にどのように根差して貢献していけるかどうかという部分を大切にし、強い中小企業を、一緒に伴走し一緒に作っていくことが私の役割であり、私が地域に還元・貢献していくことができると考えております。


株式会社Zelkova
取締役 越川 慶子

薬局経営を通した役割

株式会社Zelkova(ゼルコバ)は、「患者様の笑顔・集い・繋がりを喜びとし、地域の皆様の心に寄り添う医療サービスの提供」を経営理念とし、2015年に設立されました。

現在仙台市と柴田町にて調剤薬局を経営しております。弊社は地域密着・貢献を第一としており、地域支援事業といたしまして、柴田町にて「パソコン&カルチャー教室 いこいば」を運営しております。

薬局内での医療サービスにとどまることなく、地域交流の場として2018年4月に開校いたしました。主にシニア世代に向けてのサービスとなっており、「生涯学習」「生きがいづくり」を提供することによって、健康寿命をのばすことを目的としております。今後は若い世代向けの地域交流の場も提供していきたいと考えております。

福祉業界は狭いと言われておりますが、薬局業界はもっと狭い!薬局薬剤師はもっと薬局の外に出て地域や他業種と関わるべきだと思っています。その私どもの想いが形になったのが、「いこいば」です。

よりよくねっと って?

よりよくねっとミーティングは

「全ての人と福祉を繋げるネットワークでよりよい社会福祉を創造する」

を目的に、福祉職と異業種が繋がるイベントです。


そして現場ですぐに役立ち、福祉の現場の課題を知ることが出来る、プロの講師による充実のセミナー。

更に毎回大盛り上がりの「福祉 × 異業種交流会」。多くの”きっかけ”を持ち帰って頂けますよ♪♪

よりよくねっとミーティングの魅力♪

《Meeting》とは「集う」という意味です。
「福祉は特別なもの」ではなく、「当たり前」であるという前提に立ち、「福祉職」だけじゃなく、みんなで考えることができる社会へ。
経営的観点から見ても、福祉は多業種を理解し、企業は福祉を理解することで、お互いの経営力の強化と超高齢社会への対応力をつけることが重要になっています。
「相互理解と相互利益」を通じて、共存共栄していける社会を実現することを目指します。

福祉と「繋がる!」

横の繋がりと異業種との出会い!

福祉の「学び場!」

充実のセミナー!学びが深まる!

職場をより良く!

現場ですぐに役立つ!社内改善に繋がる!

職場をより良く!

現場ですぐに役立つ!社内改善に繋がる!

170人交流会の様子

第8回 よりよくねっとの様子

第7回 よりよくねっとミーティングの様子


会場へのアクセス


イベント詳細

詳細

日時 : 2019月 8月22日(木)
時間 : ・18:00~ 
     フリー開放タイム
     「よりよくねっと広場」
     来れる方は来てください♪
 
     ・18:30~21:15
     「よりよくねっとミーティング」
定員 : 60名
料金 :  個人会員    1,000円
               法人会員  無料 (3名まで)
      一般参加(会員希望)2,000円
      

会場 : 中小企業活性化センターB1(ARE 6F)
     〒980-0021 宮城県仙台市
           青葉区中央1丁目3−1

お申込みフォーム

下記フォームより必要事項を入力し、お申込みください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
参加する!

一般社団法人 
福祉よりよくねっと協会
理事紹介

代表理事

株式会社 シエンズ 
代表取締役
小野 弘樹

老人保健施設の介護職員としてスタートし、有料老人ホーム等で生活相談員・サービス提供責任者・管理者・施設長として
現場経験を積む。約100施設を全国に展開する大手有料老人ホームにて、施設の業務オペレーション改革を行い、3か月で
約2倍の介護報酬の増収を達成し、過去最高額の介護報酬へと導く。この実績から27歳の時に過去最年少で施設長に抜擢さ
れ介護施設の運営管理、入居営業促進、介護施設マネジメントなどを学ぶ
理事

株式会社 ミツイ
ゼネラルマネジャー
佐久間 司

医療機器の営業を経て、大手訪問マッサージ事業の相談員として長年勤務。介護分野の仕事に携わる。現在は介護施設への入居相談センターとして、病院から退院後に自宅に戻ることができない高齢者、そのご家族へ、状態や希望に応じて最も適した介護施設の紹介を行い、病院、施設、本人や家族とのパイプ役となり退院支援を行っている。病院の医療連携室や居宅介護支援事業所との関わりを強く持ち、施設入居する高齢者や家族の「想い」を大切にしながら退院支援を行っている。
「自宅に住み続けることが出来なくなったら」「介護施設の選択肢」等、各方面に講師実績多数
監事

株式会社はぁとふる
サービス提供責任者
菊地 敏文

デイサービス相談員・管理者、有料老人ホームの現場主任や施設長を経験。特にデイサービスでは職員マネジメントや利用率向上、利用キャンセルの防止等に実績あり。「介護職員が行う機能訓練」を導入し、誰でも簡単に実施と評価ができるスケールを開発し現場に導入。本人のやる気を引き出すノウハウと機能訓練メニューでどこにも負けないデイサービス運営でデイサービスの収益向上に大きく貢献。デイサービス運営や介護施設マネジメントで、スタッフ教育に力を入れた運営手法による講演実績多数。
特別会員

薬剤師
高橋 康晃

「患者さんにまごころを」をモットーに、薬剤師として在宅の患者を訪問し、薬を正しく安全に医師の処方通りきちんと服用できるよう薬剤管理を行う在宅医療に長年携わっている。大好きだった祖父が末期がんになり「自宅に帰りたい」と言い
ながら叶わなかったことから在宅医療に興味を持ち、そこで活躍できる薬剤師を志した。仙台の医療と介護の架け橋を担えるよう、日々奮闘している。「薬剤師の視点を連携に生かす在宅アセスメント虎の巻(共著)」や日本薬剤師会学術大会
等参加実績多数。
理事

株式会社 zelkova
取締役 越川 慶子

大学卒業後、調剤薬局の会社に約5年間勤め、その間に薬局経営のノウハウを学ぶ。27歳の時に独立。フリーランスにて薬剤師業務を行い、その2年後に現在の会社を設立。現在は経営者及び薬剤師として、さらには地域のコミュニティビルダーとしても活動している。 「薬局が担う介護予防とは?」をテーマに奮闘中。
理事

株式会社 ひばり
取締役専務 米山 卓哉

理学療法士として回復期リハビリ、自費診療、訪問看護ステーションと経験し、25歳で現法人の共同経営者と独立し訪問看護事業を開設。 現在は別事業や法人を立ち上げ、より多くの方に喜んでいただけるサービスを展開することで、従業員や法人と共に繁栄できるよう精進している。
理事

株式会社 ZORRO company
執行役員 加藤 健人

印刷業界を退社後、株式会社ZORRO Companyへ入社。通所介護と訪問介護を通して利用者・家族の思いに触れる。かねてより建設予定であった「サービス付き高齢者向け住宅」のハード/ソフト面の構築に携わり、同住宅の助成金申請・管理等も行う。
総務を中心に業務改善を日々行いながら、地域による地域のための「セーフエリア」を作るべく現在奮闘中。
理事

株式会社 ミツイ
ゼネラルマネジャー
佐久間 司

医療機器の営業を経て、大手訪問マッサージ事業の相談員として長年勤務。介護分野の仕事に携わる。現在は介護施設への入居相談センターとして、病院から退院後に自宅に戻ることができない高齢者、そのご家族へ、状態や希望に応じて最も適した介護施設の紹介を行い、病院、施設、本人や家族とのパイプ役となり退院支援を行っている。病院の医療連携室や居宅介護支援事業所との関わりを強く持ち、施設入居する高齢者や家族の「想い」を大切にしながら退院支援を行っている。
「自宅に住み続けることが出来なくなったら」「介護施設の選択肢」等、各方面に講師実績多数

パートナー企業会員