結婚指輪で人気のあるジュエリーブランド

結婚指輪は長く身に着けるものなので、ふたりでこだわった選び方をしたいものです。そのため、どちらかに合わせたものではなくふたりで使いやすいデザインや素材にしましょう。今回は、結婚指輪でおすすめしたいジュエリーブランドについて紹介していきましょう。

ジュエリーブランドの選び方

ジュエリーブランドはかなりの数があるので、どんな選び方をすればいいか悩む人もいます。ずっと身に着ける物なので、納得した物を選びたいですよね。こちらでは、ジュエリーブランドの選び方について見ていきましょう。

 

・デザイン

ジュエリーブランドによって、指輪のデザインなどは大きく変わってきます。そのため、デザインのスタイルで選ぶのもひとつの方法です。ストレートやエタニティなどのデザインではなく、ジュエリーブランドが持つ独自のデザインに注目してください。

 

・費用

ジュエリーブランドによって、指輪にかかる費用が異なります。高価なものだけにこだわらず、安価でもお気に入りの指輪を提供しているジュエリーブランドを探してみてください。ジュエリーブランド選びの際は、ある程度目安となる費用を決めておきましょう。

 

・アフターケア

結婚指輪は毎日身に着けるので、劣化をすることも考えておきましょう。そのため、ジュエリーブランド選びは「アフターケアが万全か」という部分も考えるようにしてください。

結婚指輪でおすすめされているデザインについて

結婚指輪にはさまざまなデザインがあります。それぞれの好みに合わせやすいよう、デザイン自体が大きく異なるのでどんなタイプにするのかをある程度決めておくといいでしょう。

 

・ストレート

シンプルなタイプのデザインなので、男性でも抵抗なく身に着けられるタイプです。シンプルなだけと思われがちですが、指輪の幅や丸みを変えることで雰囲気にがらっと変わります。

 

・ウェーブ

優しい雰囲気を持つデザインです。特にひねりが入ったものは人気が高いです。ウェーブは優しい雰囲気を持っているせいか、女性人気が高い傾向があります。男性には抵抗があるかもしれませんが、実際に見に着けることでしっくりきたと言う人も多いようです。

 

・V字

スタイリッシュな雰囲気を持つデザインの指輪です。指が太い男性でも、細く見せることができることから人気を集めています。V字デザインがくっきり過ぎると言う人は、少し柔らかい雰囲気のU字もあるので検討してみましょう。

結婚指輪の選び方について

結婚指輪はさまざまなデザインがあり、素材なども多いので比較的頭を悩ませる人も多いです。こちらでは、結婚指輪の選び方について見ていきましょう。

 

・素材

金属アレルギーを持っている人は、結婚指輪の素材にも気を付けないといけません。人気が高い素材はプラチナですが、金属アレルギーの人におすすめのチタンなど、さまざまな素材があるので考えてみましょう。

 

・作り

結婚指輪の製造法には「鋳造製法」と「鍛造製法」のふたつがあります。それぞれで作れるデザインが異なってくるので、作り方で選ぶ人も増えています。優しいデザインか、スタイリッシュなデザインか、自分たちの好みを明確にしておきましょう。

 

・着け心地

どんなに良い素材で作ったとしても、着け心地が悪ければ意味がありません。そのため、デザインを決めた後は同じようなデザインの指輪を試しにつけさせてもらいましょう。実際の着け心地を確認しないまま作ってしまうと、後悔することになりかねないので気をつけましょう。

結婚指輪でおすすめされているジュエリーブランド

素敵なジュエリーブランドは数多くあります。こちらでは、多くの新婚家庭に選ばれている結婚指輪について見ていきましょう。

 

・4℃ブライダル

若い世代を中心に絶大な人気を集めているジュエリーブランドです。若い世代を中心としながらも、ある程度年齢を重ねた夫婦でも身に着けやすいシンプルなデザインが特徴的です。

 

・銀座ダイヤモンドシライシ

ブライダルジュエリー専門のブランドです。デザイン、素材、宝石の質、すべてにおいてハイクオリティの指輪が作れます。それでありながら、良心的な価格なので高い人気を誇っています。

 

・アイプリモ

若いカップルを中心に注目されているジュエリーブランドです。国内最大規模の専門店として知名度が高く、多くの愛用者がいます。

結婚指輪のジュエリーブランドについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

ジュエリーブランドは、しっかり複数店舗を巡ってみることをおすすめします。
妥協点を入れるにしても、しっかり比較した場合とそうではない場合では、
不満が出る可能性が全く違うからです。
お互いに納得した上で妥協点を決めましょう。
他にも、複数店舗を巡ることでそのジュエリーブランドが持つ魅力などを
より鮮明に感じることができるのではないでしょうか。