日本キリスト教会米子伝道所
(米子東教会)
TEL 0859-34-9683
お気軽にお問い合わせください

新着情報

〇新型コロナウイルス感染症の流行で、各種の集会などが中止となって
 いますが、主日礼拝(こどもと大人の合同礼拝)は、玄関前で消毒液
 による手洗いを行い、部屋の換気をよくして、マスクを着用するなど
 して、平常どおり行っています。ただし、体調に不安な方、高齢で
 持病をお持ちの方は、集会への参加をお控えください。

〇主日礼拝の音声と画像の配信を検討中です。

〇水曜日に行っている聖書と祈り(祈祷会)、聖書研究会、読書会は
 当分の間、休会といたします。

主日礼拝
 毎週日曜日 午前10:30~11:40

次の礼拝
 主日礼拝(日曜学校日)5月17日(日) 午前10:30~12:00              
 <こどもお話し>サムエル記上18章1節ー9節   「心と心は結びつく」 お話し:諏訪 創
 < 大人の説教  >サムエル記上18章1節ー30節 
         ヨハネの手紙14章7節ー12節「主はともにおられる」説 教:山本 清 牧師

どんな教会?

米子伝道所は日本キリスト教会に属しています
宗教改革の伝統に立つ改革派・長老制のプロテスタント教会です
(統一教会、モルモン教、ものみの塔とは一切関係がありません)
改革派教会とは
 改革派教会とは、16世紀のルターと並ぶもう一人の宗教改革者カルヴァンの伝統を継ぐ教会です。長老教会とも呼ばれます。その信条は「神の言葉(聖書)によって改革され、改革し続けていく教会」にあります。ですので「革命派」とか、「過激派」を意味するものではありません。
 日本キリスト教会の特色は【告白教会】【改革教会】【長老教会】です。
聖書をとおして語られる神の言(ことば)に対する信仰の告白を重んじ、絶えず神の言によって改革され続ける教会で、制度的には長老制をとっています。神の言葉として、また信仰と生活の唯一の規範として固く信じる人々により、1951年創立され、現在日本全国に136の教会・伝道所が日本キリスト教会を形成しています。
改革派教会とは
 改革派教会とは、16世紀のルターと並ぶもう一人の宗教改革者カルヴァンの伝統を継ぐ教会です。長老教会とも呼ばれます。その信条は「神の言葉(聖書)によって改革され、改革し続けていく教会」にあります。ですので「革命派」とか、「過激派」を意味するものではありません。
 日本キリスト教会の特色は【告白教会】【改革教会】【長老教会】です。
聖書をとおして語られる神の言(ことば)に対する信仰の告白を重んじ、絶えず神の言によって改革され続ける教会で、制度的には長老制をとっています。神の言葉として、また信仰と生活の唯一の規範として固く信じる人々により、1951年創立され、現在日本全国に136の教会・伝道所が日本キリスト教会を形成しています。

牧師紹介

牧師
山本 清(やまもと きよし)

1938年 兵庫県西宮市に生れる
1945年 大阪府堺市浜寺で育つ
1962年 大阪大学工学部構築工学科(建築コース)卒業
1962年 ㈱日建設計において建築設計、都市開発業務に従事
~1999年(一級建築士、技術士)
2000年~日本キリスト教会神学校に学ぶ。2003年修了
2003年4月  日本キリスト教会米子伝道所に赴任
2005年12月  同伝道所 牧師となり、現在に至る

【家族・趣味・関心】
小学・中学時代は鉄道マニアで鉄道模型に没頭。
高校時代は音楽部に属し、混声合唱を楽しむ。
大学時代は教会に入り浸るとともに、旅行を楽しむ。
1965年結婚。二男三女をもうける
現在、米子伝道所の牧師館に妻と二人で住む。

教会が初めての方へ
教会は、キリストとの出会いの場です。
人生にはさまざまの出会いがあります。それぞれは貴重な出会いです。
でも、キリストに出会わないまま一生を終るとしたら・・・・・
それは、どんなすばらしい人物や、どんな高邁な思想や、どんなにやりがいのある仕事や、どんなに豊な生活に出会ったとしても、何のために生きていたのか、ということになりかねません。

「わたしの主キリスト・イエスを知ることのあまりのすばらしさに、今では他の一切を損失とみています」
  (キリストに出会ったパウロの言葉―――聖書:フィリピの信徒への手紙3:8)

キリストとは、「救い主」という意味です。
何からの「救い」でしょうか。悩み、悲しみ、失意、不安・・・からの救い?
それらもあります。でも、もっと根源的で深い問題は、わたしたちが神様の方を向いていないことです。この状態を「罪」と呼んでいます。
イエス・キリストは、人類の罪の犠牲として、十字架に架かられることによって、わたしたちを罪から解放してくださいました。このキリストに出会い、この方の言葉と愛に触れるとき、わたしたちは「救い」を与えられるのです。
聖書は、キリストのことを記した書物です。イエス・キリストは2000年前に生きた人であるのに、どうして今、出会うことができるのかと言えば、この聖書があるからです。
「旧約聖書」は、神とイスラエルの民とのやりとりを通して、来るべき救い主=キリストを指し示しています。
「新約聖書」は、イエス・キリストの言葉と御業(みわざ)を弟子たちの証言によって語っています。
教会は、キリストとの出会いの場です。教会に行かなくても、聖書を読むことによって、キリストについての知識やイメージをもつことはできますが、それだけではキリストに出会ったとは言えません。教会の礼拝で、今、自分に向けて語りかけられるキリストの言葉を聴き、愛を受け、それに対して祈りと賛美で応えるとき、キリストに出会ったと言えるのです。

集会案内

主日礼拝
毎週日曜日 午前10:30~11:40

 神の招きにこたえてみ前に出て、聖書を通して神のみ言葉を聴き、賛美を捧げ、祈りをして、神にすべてを委ねて、一週間の歩みを始めます。
 初めての方は、受付でその旨お申し出ください。聖書・讃美歌をお持ちでない方はお申し出ください。備え付けのものをお貸しいたします。
日曜学校
午前10:30~11:40

 幼い時から神様を知り、神様の愛によって生かされるとき、人間は本当の意味で豊かな人生を歩むことができます。一般の学校教育によっては得られない聖書の教えをわかりやすく教えて、真の神様に従って神と人とに愛される子供を育てます。
 おとなと合同の礼拝をおこないます。その中で、子供向けのお話をします。大人向けのお話の間は、隣室で分級をします。

聖書と祈り 毎月第2、第4水曜日
午前10:30~12:00
午後07:30~09:00
 旧約聖書を学びつつ自由な話し合いを行い、皆で祈ります。祈りとは神との語り合いです。罪深い私たちは、神様と語り合うことなどできないものでありましたが、主イエス・キリストの執り成しによって、祈ることができるようにされました。まだ人前では祈れないと思われる方も、ぜひ祈りの群れに加わってください。「アーメン」と唱和するだけでも構いません。
読書会 
毎月第3水曜日
午後1:30~3:00(休会中)

 聖書はキリスト教信仰の唯一のよりどころです。聖書は神の言(ことば)です。
礼拝においても聖書を学びますが、聖書の真理を正しく、より深く学ぶために、健さんと語り合いの時を設けています。
 牧師が、聖書の中の一つの段落について、その位置づけ、構成、語句の釈義、筆者のメッセージなどを説明し、それを材料に、思いめぐらし、語り合います。
2012年 クリスマス礼拝・祝会の集合写真
2013年 イースター礼拝の集合写真
聖書と祈り 毎月第2、第4水曜日
午前10:30~12:00
午後07:30~09:00
 旧約聖書を学びつつ自由な話し合いを行い、皆で祈ります。祈りとは神との語り合いです。罪深い私たちは、神様と語り合うことなどできないものでありましたが、主イエス・キリストの執り成しによって、祈ることができるようにされました。まだ人前では祈れないと思われる方も、ぜひ祈りの群れに加わってください。「アーメン」と唱和するだけでも構いません。

日本キリスト教会信仰告白
(1953年10月第3回大会において制定)(1985年10月第35回大会において一部改正)(文語体)

我らが主と崇むる神の独子(ひとりご)イエス・キリストは、真の神にして真の人・永遠なる神の経綸に従ひ、人となりて人類の罪のため十字架にかかり・全き犠牲をささげて購(あがない)いを成就し、復活して永遠の生命の保証をあたへ、救ひの完(まっと)うせらるる日まで我らのために執成し給ふ。おほよそ神の選びを受け、この救ひの御業を信ずる者は、キリストに在りて義と認められ、功なくして罪の赦しを得、神の子とせらる。また父と子とともに崇められ礼拝せらるる聖霊は、信ずる者を聖化し、御意(みこころ)を行はしむ。この三位一体なる神の恩恵によるにあらざれば、罪に死にたる人、神の国に入ることを得ず。新旧約聖書は神の言にして、そのうちに語り給ふ聖霊は、主イエス・キリストを顕示し、信仰と生活との誤りなき審判者なり。教会はキリストの体、神に召されたる世々の聖徒の交りにして、主の委託により、正しく御言を宣べ伝へ、聖礼典を行ひ、信徒を訓練し、終りの日に備へつつ主の来り給ふを待ち望む。いにしへの教会は聖書に拠りて左の告白文を作れり。我らもまた使徒的信仰の伝統に従ひ、讃美と感謝とを以てこれを共に告白す。

我は、天地の創造主(つくりぬし)、全能の父なる神を信ず。我は、その独子、我らの主イエス・キリストを信ず。主は、聖霊によりてみごもられ、処女(おとめ)マリヤより生れ、ポンテオ・ピラトのもとに苦難(くるしみ)を受け、十字架につけられ、死にて葬られ、陰府(よみ)にくだり、三日目に死者のうちより復活し、天にのぼりて全能の父なる神の右に坐し給ふ、かしこより来りて、生ける者と死にたる者とを審き給はん。我は、聖霊を信ず、聖なる公同の教会、聖徒の交り、罪の赦し、体の復活、永遠の生命を信ず。
                                              アーメン

教会の歩み(歴史)

【米子伝道所の歩み】

1977年 笹森修牧師により、米子集会を開始。以来、12年間にわたって集会を続ける。
1989年 現在地に八幡みねが集会所を新築して提供
1990年 出雲今市教会を辞した浅井永牧師が牧会伝道を開始
1992年 日本キリスト教会近畿中会の米子伝道所として開設式
1995年 浅井牧師辞任
1996年 松下勤牧師就職
2003年 松下牧師辞任。山本清伝道師就職
2005年 山本牧師就職 会堂増築
2006年 隣接土地建物取得
2007年 伝道所開設15周年記念誌発行

【日本キリスト教会の歩み】

 1872年 日本基督横浜公会設立(日本で最初のプロテスタント教会)
 1877年 日本基督公会と日本長老公会とが合同して、日本基督一致教会が誕生。
 1890年 信仰告白を制定して、日本基督教会と改称。
 1941年 国家統制が強まる中、日本基督教団が設立され、これに参加。
 1951年 (新)日本基督教会の創立大会が行われる(39教会が参加)。
 1969年 靖国神社問題特別委員会設置。神学校改革。
 1995年 日本キリスト教会憲法改正




【左写真 日本で最初のプロテスタント教会】      

アクセス

日本キリスト教会米子伝道所
TEL 0859-34-9683
お気軽にお問合せください


教会名 日本キリスト教会 米子伝道所
牧師  山本 清
所在地 〒683-0006 鳥取県米子市車尾3-7-7
TEL   0859-34-9683


【鉄道】
〇JR(伯備線、山陰線)米子駅下車 
 日交バス車尾小学校北口下車 徒歩3分


〇大阪・神戸・広島方面からは、
 山陽新幹線(または在来線)岡山で伯備線に乗り
 換え。「特急やくも」で岡山・米子間約2時間。



【航空】
東京(羽田)ー米子 所要時間1時間10分
米子空港から米子伝道所まで車で約30分
【高速バス】
〇大阪梅田、大阪難波(O-CAT)、神戸、京都、広島
 岡山の各都市と米子の間に高速バスの便あり。


〇大阪からは約3時間半、  4,700円
 神戸からは約3時間20分、4,500円
 京都からは約4時間20分、4,980円 
(問合せ)
 日交バス 大阪:06-6576-1181
      神戸(三宮):078-241-2212
      京都:075-661-8200 
      米子:0859-35-0811

広島からは3時間30分~4時間3,300円
岡山からは約2時間             3,000円

(問合せ)
[広島ー米子] 広島:082-231-5173
        米子:0859-22-9911
[岡山ー米子] 岡山:086-232-6688
        米子:0859-31-8844


施設概要

米子伝道所建物全景
静かで落ち着いた住宅街の中に所在しています
左の建物が会堂で、右が集会室と牧師館です。
礼拝堂
礼拝堂で礼拝を捧げています
礼拝堂
礼拝堂で礼拝を捧げています

はじめての方へ

  • Q
    教会は初めてですが、突然行ってもいいですか?
    A
    歓迎いたします。初めての方もぜひ一緒に礼拝にご出席ください。
    日曜の礼拝は、事前の連絡は必要ありません。受付を用意しておりますので、そこでお名前を書いてから礼拝堂にお入りください(今後、教会行事等のご連絡をお望みの方はご住所等のご記入もお願いしていますが、お断りくださってもかまいません)。
    受付には係の者がおりますので、分からないことがございましたらお気軽にお尋ねください。
    平日に、定められた集会以外で、教会堂の見学や牧師との面談等をご希望の場合は、お気軽にお問合せ先にご連絡ください。
  • Q
    入場料や会費などが必要ですか?
    A
    教会への入場料や会費は必要ありません。献金については次のQ&Aをご覧ください。
  • Q
    礼拝の中で献金がありますが、献金をしなければいけませんか?
    A
    私たちは、神様への感謝の思いを献金という形に表して行っています。信仰のあるなしに関わらず、まったく強制されるものではありませんので、パスしていただいて結構です。
    もし趣旨に賛同いただける場合はどうぞお捧げください。金額は自由です。小銭程度でかまいません。
  • Q
    どんな服装で行けばいいですか?
    A
    特別な服装をする必要はありません。日頃の装いでお気軽にお越しください。
  • Q
    必要な持ちものは何ですか?
    A
    特に必要な持ち物はありません。
    聖書(新共同訳)、讃美歌を礼拝で使用しますが、貸出用の備えがあります。
  • Q
    小さい子どもを連れて行けますか?
    A
    わたしたちの教会では、小さな子どもも大人と一緒に礼拝をささげています。どうぞご一緒にお越しください。礼拝中に多少騒がしくしても怒られることはありません。
  • Q
    若い世代の人はいますか?
    A
    若い世代の方は多くはありませんがいらっしゃいます。私どもの教会は、小さな子どもから大人まで各年代の方々が集っています。
  • Q
    駐車場はありますか?
    A
    教会堂の前に約4台分の駐車スペースがあります。ご利用ください。
    また、近隣に日曜日のみ第二駐車場をご用意しています。ご案内いたしますのでお声掛けください。
  • Q
    礼拝開始の時間に遅れたけど入ってもいいですか?
    A
    かまいません。「遅れてしまったから教会に入れない」ということはありません。遅れても、安心してお入りください。
  • Q
    礼拝堂ではどこに座ればいいですか?
    A
    着席場所は決まっていません。空いている席にどうぞお掛け下さい。
  • Q
    時間の都合で、礼拝の最後までいられません。途中で帰ってもいいですか?
    A
    礼拝の途中でも自由に退出してくださってかまいません。
  • Q
    携帯電話は使ってもいいですか?
    A
    礼拝中は、礼拝堂内での携帯電話・スマートフォンによる通話はご遠慮ください。電源をお切りくださるか、マナーモードにしていただくようお願いします。どうしても通話が必要な場合は、礼拝堂の外でお願いします。
  • Q
    教会は禁酒禁煙ですか?
    A
    わたしたちの教会では、信者の飲酒・喫煙に関しては特に禁じていません。ただし、教会堂内での飲酒・喫煙は基本的にお断りしています。建物外であれば、吸い殻・ゴミ等にご配慮いただければかまいません。
    また礼拝の中の聖餐式で配られる杯は、ぶどう液を使用しており、アルコールは入っていません。
  • Q
    しつこい勧誘はありませんか?
    A
    どうぞご安心ください。しつこいお誘いはいたしません。
  • Q
    牧師に悩みを聞いてもらえますか?
    A
    ご相談のある方には、牧師が時間を設けて個別にお話をうかがいます。
    お気軽にお声掛けください。
  • お気軽にお問い合わせください

    TEL 0859-34-9683

    日本キリスト教会米子伝道所 鳥取県米子市車尾3-7-7

  • Q
    入場料や会費などが必要ですか?
    A
    教会への入場料や会費は必要ありません。献金については次のQ&Aをご覧ください。