三重県四日市市の土地家屋調査士 岡本・打田事務所です。
土地・建物の調査、測量、各種登記のご相談はお任せ下さい。
※遠隔地は要相談。四日市市以外の地域も対応可能です。

~ 迅速かつ誠実に対応します ~
お客様のご要望に沿った
御満足頂ける
サービスを提供致します。
まずは、お気軽にお問い合わせください♪

土地や建物の悩み・・・

土地の一部を売りたい…


相続した土地を相続人で
分割したい…
境界線が不明だった?


もし、境界紛争なんてなったらどうすれば…
建物の新築・増築をした…


不動産の登記って必要なの… 
土地の利用状況が変わった…
三重県四日市市の土地家屋調査士 | 土地・建物の調査、測量、各種登記のご相談はお任せ下さい。
※四日市市以外のエリアも対応可

相続で土地家屋調査士が関与する主なケース

(1)土地の境界を明確にし、
   正確な面積が知りたい

(2)土地を複数に分割し、
   相続人がそれぞれ相続したい

(3)一棟のマンションを各階ごに
   相続人がそれぞれ相続したい

(4)未登記の建物を登記したい

1)土地の境界を明確にし、正確な面積が知りたい

相続に伴い土地を売却する必要が出てくる場合がありますが、通常は買主から売却土地の実測面積・境界を明確にする事を求められます。その際に、土地を測量して正確な面積を算出します。実測の結果、土地の面積に増減が発生して相続税に影響を与える場合もあります。測量の結果、登記面積と異なる場合は面積を訂正する登記を行います。これを地積更正登記といいます。

2)土地を複数に分割し、
相続人がそれぞれ相続したい

複数の相続人が、一つの土地をそれぞれ単独所有にするために土地を分割する必要がおきます。これは分筆(ぶんぴつ)登記と言い、土地の測量作業を伴います。
土地家屋調査士が土地の分筆をした後に、司法書士から相続の登記をします。
また公証人役場で遺言書を作成する際にも、正確な土地の面積や分割の方法を実測図面により意思表示をすることが望ましいです。

3)一棟のマンションを各階ごとに相続人がそれぞれ相続したい

相続財産として一棟のマンションしかないとします。土地と同様、そのマンションの各戸をそれぞれ独立した建物とし、それぞれ単独で相続することも出来ます。
一棟のマンションを分割する登記を区分登記といい、土地家屋調査士の作業になります。建物区分登記の後、各戸について司法書士から相続登記を行います。
親の所有する土地に、各階に親兄弟三世帯が分かれて住むようなマンション等は各階毎に区分する遺言書を作ったり、相続登記をすることも出来ます。

4)未登記の建物を登記したい

相続した建物の相続登記を行おうとしたら、失念により新築登記がされてなかったという場合があります。その時は先ず土地家屋調査士が建物表題登記を済ませてから司法書士から所有権保存登記を行います。
また取り壊したはずの建物の滅失登記をしないまま登記上残っていた場合も、土地家屋調査士の仕事です。

空き家問題で土地家屋調査士が関与する主なケース

(1)境界問題

(2)建物滅失登記

1)境界問題

隣接する土地同士の境界が不明であること、お互いが主張する境界線が異なること、お互いの所有物(建物やブロック塀など)が境界線を越えて敷地内に入っていること、等々を原因として発生します。
私たちは土地と土地の境である「筆界」を取り扱い、その専門的能力を有する専門家です。

2)建物滅失登記

建物滅失登記とは、法務局に記録されている登記簿に、その建物がなくなったことを登記することです。建物の解体が完了したら建物滅失登記申請書を作成し、1か月以内に管轄の法務局へ申請しなければなりません。建物滅失登記をしないと、「建て替えができない(建築許可がおりない)」、「存在しない建物に固定資産税がかかる」といった問題が起きてしまうからです。また、建物滅失登記は申請義務となっているため、登記申請を怠った場合、10万円以下の罰金が課されることもあります。

三重県四日市市の土地家屋調査士 | 土地・建物の調査、測量、各種登記のご相談はお任せ下さい。※四日市市以外のエリアも対応可

四日市市土地家屋調査士
岡本・打田事務所の主な対応業務

・土地や建物の調査や測量

・不動産の現状についての登記申請の代理

・不動産の現状の登記申請に関する
 不服申立ての代理


・筆界特定手続きを代理

・境界紛争の解決に特化した民間紛争解決期間(ADR)への手続きの代理

●境界線をはっきりさせたい方       ●土地を分割したい方

●土地の利用状況の変更を行いたい方    ●新築・増築を行った方
四日市市の土地家屋調査士 
岡本・打田事務所にお任せください!

ご相談は無料で行っております

  • お電話でのお問い合わせ・ご相談は 
    平日 09:00~19:00
    ※土曜・日曜・祝日、時間外でも事前に
     ご連絡頂ければ対応可能です。
    ※四日市市以外のエリアも対応可
  • 059-354-8588
メールでのお問い合わせはこちら

            そもそも土地家屋調査士とは?

土地家屋調査士は、お客様から依頼を受けて、不動産の物理的状況(土地や建物がどこにあって、どのような形状をしているのか、またどのような用途に使用されているのかなど)を調査・測量して、図面作成や登記申請手続きなどを行う測量及び表示に関する登記のプロフェッショナルです。

四日市市の土地家屋調査士 岡本・打田事務所について

  • 写真
  • はじめまして。四日市の土地家屋調査士をしております、岡本・打田事務所の岡本です。
    当事務所は、不動産に関する登記、測量を業としており、
    GPS測量器2機、トータルステーション2機、測量CADソフト5機を備え、愛知県西部から伊勢市ぐらいまでの範囲を中心に業務を行っております。

    土地家屋調査士は「土地や建物の調査と測量を行い、取引の安全確保や依頼者の財産を明確にする」ための業務を行っています。

    土地を一部売りたい、土地を個別で取得したい、土地の境界(面積)が分からない、相続する建物が登記されていない等、相続にまつわる土地・建物の問題、また不動産の表示に関する事や土地の境界問題に関する事などサポートいたします。
    お困りのことがございましたらお気軽にご相談下さい。

    わかりやすく、丁寧をモットーにご対応させて頂きます。

    三重県四日市市の土地家屋調査士 | 土地・建物の調査、測量、各種登記のご相談はお任せ下さい。※四日市市以外のエリアも対応可

ご相談は無料で行っております

  • お電話でのお問い合わせ・ご相談は 
    • 平日 09:00~19:00
    ※土曜・日曜・祝日、時間外でも事前に
     ご連絡頂ければ
    対応可能です。
    ※四日市市以外のエリアも対応可
  • 059-354-8588
メールでのお問い合わせはこちら
               ご相談は無料で行っております
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

事務所概要・アクセス

事務所名:土地家屋調査士・行政書士 
     岡本・打田・見並事務所

tel 059-354-8588

■電話受付
 09:00~19:00
※土曜・日曜・祝日、時間外でも事前にご連絡頂ければ対応可能です。
■アクセス
三重県四日市市久保田1-6-47
■代表
岡本 博人
三重県土地家屋調査士会
四日市支部 登録番号:767号
ADR認定番号:519010号

打田 重美
三重県土地家屋調査士会
四日市支部 登録番号:880号

見並 正生
三重県行政書士会
四日市支部 登録番号:90210145号
■対応業務
※詳しくはご相談ください
■対応エリア
愛知県西部から伊勢市ぐらいまで対応可能です。
※四日市市以外のエリアもお気軽にお問い合わせください。