目に自信ありますか?


体験談
(体験談は、あくまでも
個人的なもので治療効果を
保証するものではありません)

例1) 60歳男性 
右0.5→0.7、
左0.6→0.7 

(左は、中心性漿液性脈絡網膜症)



例2) 70歳女性
右0.6→0.8、
左0.4→0.9
(左は、緑内障で治療中)

例3) 88歳女性
右0.15→0.2、
左0.15→0.3 
(右は白内障手術後失明したが、田七人参の服用で復活した)
1週間に1回の使用だが、最近では老眼鏡が合わなくなった

例4) 68歳女性
1日5回使用で、
右0.4→0.8、
左0.5→0.9となり、
老眼鏡が不要となる。

例4) 68歳女性
1日5回使用で、
右0.4→0.8、
左0.5→0.9となり、
老眼鏡が不要となる。


『朝起きた時、視力がUPしていたら?』

ここから先は会社員(サラリーマン、OL)を想定していますが、
学生さんならば学校行って勉強するイメージを思い浮かべながら読んでくださいね。

まずは、「朝起きた時、視力がUPしていた」
イメージをもう一回繰り返してみましょう!
ある朝、あなたは起きたら視力がUPしていました。
「やったーーー! ラッキーーー! 視力がUPしたーーーー!」
手をギュッと握ったり、大きく上に伸ばしてバンザイのポーズをしてみたり、
思い思いに喜びを表現します。
目をつぶって視力がUPした自分をまぶたの裏に写しながら、
思いっきり喜んでください。
さあスッキリした気分で次のステップに進みましょう!

Dear.視力がUPしたあなた
どんな生活を送りますか?
今までに書いた
・表情
・姿勢
・歩き方
・自信に満ち溢れた心
これらを具体的にイメージしてくださいね。

それでは、今回はいよいよ会社や学校へ出勤するところをイメージしてみましょう!
まずは、駅に着くまでの徒歩(ウォーキング)です。
家から出たあなたは、『よし!今日もいい天気だ!ツイてる!』
と言って家を出ます。
歩くステップも軽やかに、歩幅を大きく踏みだし颯爽と歩きます。
両手も元気良く振って、上半身の筋肉も動かします。
足首も使って後ろ足を蹴りだすときに足首を
軽くスナップしてつま先で地面を蹴るように踏みだすと
スピードも速くなり、足首やふくらはぎの筋肉も
活性化して足全体がポカポカと温かくなります。
そんな風にウォーキングでも体全体を使って
朝が来たことを体に教えてあげます。
そうすると体の細胞も
「あぁ、朝が来たんだ」
と起き出して活動を始めます。
これによって体全体の基礎代謝が上がり脂肪が活発に燃焼されるのです。
そして顔を上げ、視線を空へ移し
「あぁ、今日も空が青いな! いいことありそうだ!」
とお天道さまにも感謝しつつ駅へと歩きます。
また道路脇の花や樹にも目線を移し、
「もう桜のつぼみが膨らんでいる」
「新緑がまぶしい。もう夏が近いづいてきているんだ」
などと季節の移り変わりにも意識を向けます。
そしてそんな四季折々の豊かな日本に生まれてきたことを感謝します。

駅に着いたら長い列のエスカレーターは使わずに階段を昇ります。
軽やかにステップを踏みながら昇っていく自分が大好きになります。
時間も結局はエスカレーターを使う人より早く昇れます。
そして電車に乗り、ひとときの読書タイムです。
読書の最中も時々思いだしたように
人知れずつま先立ちになったり、
つり皮を使ってちょっとした筋トレも行なってみたりします。
こんなちょっとした筋トレはすぐには効果は無いものの、
長い間の癖になってしまえばバカにならない効果があります。
そして電車を降り、『よし!』
と一呼吸深呼吸して満員電車の疲れを吹き飛ばします。

そして会社(学校)に着いたら、同僚・同級生・上司・先生などの
知人に『おはよう!』と元気良く挨拶します。
こうして、自分の机に座ったあなたは仕事や勉強に取りかかる準備をします。
どうですか?
ここで書いたことは、なにも視力がUPしなくては
できないことは一つもありません。
しかも楽しそうですよね?
『まずは視力がUPした自分になる』
この効果は視力がUPすること以外にも毎日が
楽しくイキイキできる気分が味わえることです。

楽しくイキイキすることが目的ならばそれを先取りしてしまいましょう!
その方がより加速し、楽しく行なうことができます。

この効果は絶大です!ぜひぜひ、やってみてください。(*⌒-⌒*)







以下、http://www.cosmokk.co.jp/eye-training.htmlより引用

WOCで変わる。
1回3分間の新習慣瞳すっきり、
視界くっきり
【眼トレ】のすすめ

美しい景色や楽しい映像を
見るだけのトレーニング


■全国眼科で40年以上親しまれている「ワック」の技術を応用した
家庭用視力トレーニング健康機器です。
■パソコン、スマートフォン、眼を酷使する作業などによる調節緊張時に、
眼科医院と同じように、眼の筋肉トレーニングを手軽に行う事ができます。 
■勉強やゲームの後に3分間立体画像を見るだけで、
収縮・緊張して低下した目の筋肉にストレッチ効果を与え、
両目がまっすぐに平行に、かつ遠くを見ている
「無眼遠方視」の状態に戻されます。

現代社会において「目が疲れた」「ピントが合わない」「目が痛い」
…等の症状に対して、目薬などの一時的な方法では
根本的な回復を見ることはできません。

  目の疲れが慢性化して起こる眼精疲労は、近年問題視される「VDT症候群」とも深い因果関係があり、放っておくと身体の病気や精神的なストレスなどを誘発し、
日常生活に支障をきたすことも懸念されています。
こうした過酷な環境下で、私たちはどのようにして目を守ればいいのでしょうか
―その答えが【WOCトレーニング】にあります。  

  今まで医療機器として眼科でしか施せなかったことが、
いつでも・どこでも手軽にできるように、
医療機器ワックの原理を基に小型化したのが【WOC-iPRO】。
  パソコンやゲーム、スマートフォンの急速な普及により
現代人の「目」が酷使される中、
オフィスやご家庭でも手軽に取り組んでもらえる健康機器として
2012年秋に発売されました。
  疲れ目対策、ピント調節機能の向上といった目を回復させるほか、
正しい瞳孔運動により脳に刺激を与えることで
痴呆防止にもなるなど、さまざまな良い作用がみられます。

  1回わずか3分間の使用でも「視界がクリアになる」と感じられる人が多く、健康機器でありながら、視力の向上に多くの方々が体感結果を得ています。


最も画期的な目のリフレッシュ法
 「近視」や「老眼」にも作用
  目は水晶体でピント合わせをしていますが、
この調節をしているのが水晶体の周囲にある
毛様体筋という筋肉で、近くを見る時にはこの毛様体筋が
ギュッと縮まった緊張状態となって水晶体を
分厚くしますが遠くを見る時には毛様体筋を弛緩し、
水晶体を薄くしてピントを合わせるのです。
しかし、近くばかりを見ている生活が日常化すると、
この毛様体筋が懲り固まった状態(調節緊張)となり
水晶体は膨らんだまま元の状態(厚さ)に戻りにくくなります。
さらに、この「調節力」は年齢とともに低下します。
 こうした状態を放置しておくと、屈折力と目の長さ(眼軸)のバランスが
崩れて近視化が進行します。
つまり、調節力が衰えるということは、
視力の低下を意味するのです。
勿論、眼鏡などの対処療法もありますが、
毛様体筋を活発にすることで、節力を維持することは可能です。
今や、子どもは近視化が進み、大人は眼精疲労を訴え、
また老眼も若年齢化する中、【WOCトレーニング】では、
1回3分間で遠くの緑を1時間眺めるのに相当する無限遠方視が行えます。
視界がすっきり明るくなるということは、
同時に脳への情報伝達を正確に行えることにも通じます。
毛様体筋の動きを活発にして本来持つ
ピント合わせの調節力を取り戻し、
維持することで「近視」や「老眼」の進行を抑制します。



「脳」に伝達する情報の約8割は「視覚」から
「認知症」にも役目を果たす

 私たち人間は、「見る・聞く・嗅ぐ・触る・味わう」といった五感を駆使してあらゆる情報を集め、
「脳」へ伝達するといった作業を瞬時のうちに繰り返し行っていますがそうした情報の約8割は「見る」ことで得ています。
モノを捉え、それを情報として脳に伝達するには、
ただ見れば良いのではなく、しっかり意識して
「見る」ことが大切なのです。
 米国の眼科臨床学会はもとより、近年では「目の悪い人すべてが認知症」という訳ではないが、
「認知症患者の100%が目が悪い」とされ視線(視点)が定まらず、視力も著しく低下したケースが
報告されています。
そこで、WOCトレーニングでは
3分間眺める風景を点滅させることで、より効果的な瞳孔運動を促し、毛様体筋をストレッチするのと同時に脳への刺激を行います。
 その結果、トレーニング後の使用感として、視界が晴れ、物がクリアに見える、輪郭がハッキリする……などの爽快感が得られるのです。


水晶体と毛様体筋のはたらき

ワックの理論①

 無限遠方の立体スライドで遠方に順応


凸レンズでスライドを無限遠方に設定することで、
遠くの風景よりもさらに遠方を眺めているのと
同様の状態になります



 凸レンズによって無限遠方にします

 水晶体が大きく膨らみピントを調節します


瞳孔の生理的な動きに合わせて、
立体風景を点滅させることで瞳孔を運動させ、
ピント調節機能をリフレッシュさせます。



業種別実績




1.物流業界様

ドライバー様は目が命 
早くから目のトレーニングを行う事で老化を遅くして、
正常な目の状態を維持しながら、事故防止とご自身の健康維持に


2.VDT(コンピュータ)関係従事者様

社会問題にもなりつつある 
眼精疲労からくるうつ病や頭痛、肩こりなどの体調不良の予防と健康維持に

3.精密作業従事者様
朝から目を酷使される作業内容の方、
午後になると眼精疲労によるミスや見落としによる
作業効率低下予防とご自身の健康維持に

4.非破壊検査従事者様
目視による微細な欠陥検出の見落とし防止とご自身の健康維持に

5.スポーツ選手(アスリート)
深視力、動体視力維持のためのトレーニング機として

こんな方にもおすすめです

ゴルフのスコアを伸ばしたい方

学生や研究者などの目を酷使される方

仮性近視のお子さんには早くからトレーニングする事で、
視力回復の可能性が高くなります


引用はここまで

※リラクゼーション音楽や
モーツァルトを聴きながら行うと
更に効果的です!

これは、「クスリ絵」です!
薬のように効く、場合によっては、
薬以上の効果を示す絵の存在が明らかになりました。
その絵とは、「クスリ絵」です。
このクスリ絵を考案・開発したのは、
日々患者さんの治療に当たっている丸山修寛医師です。
20年以上にわたって研究・試作・検証を繰り返して開発し、
効能・効果ごとに体系化されました。
 クスリ絵は、見たり、触れたりすることで、
潜在意識に働きかけて生命エネルギーを補い、
不調を引き起こす原因となる負の記憶を一掃します。
その結果、私たち本来持つ自然治癒力が上がり、
不調や問題が次々と解決していく効果が期待できます。

左上:飛蚊症、疲れ目、視力回復
右上:かすみ目、眼精疲労、視力向上
左下:老眼、目の病気全般
右下:結膜炎、角膜炎、リラックス

只今、ワックアイプロお買い上げの方には、
パウチ版クスリ絵4枚(上記)進呈中です!
ご利用下さいね。

お問い合わせ先
a.happy.success@gmail.com