AGAを比較したい人向けの情報
【茨城】

AGAとは?

・男性型脱毛症のこと

男性特有の脱毛症状が見られているなら、AGAが薄毛の原因かもしれません。AGAとは別名男性型脱毛症といいます。額や頭頂部が薄くなるのが特徴で、両方が薄くなっている人もいます。成人男性がなる薄毛のタイプで、思春期以降から症状が見られます。

 

・遺伝や男性ホルモンの影響

AGAの原因は、遺伝や男性ホルモンの影響が考えられています。両親のどちらかが薄毛になりやすい体質なら、その子どもも遺伝している可能性があります。遺伝や男性ホルモンの影響を受けていても、治療により進行を抑えることは可能です。

 

・放置すると進行する

AGAは進行するため注意が必要です。何もケアをしなければ、生え際や頭頂部の薄毛は進行していくでしょう。早めに対策をしていくことで、薄毛になる進行を食い止めることができます。かなり進行してからだと治療の効果が薄くなってしまうでしょう。

AGAの進行パターン

・頭頂部だけが進行していく

頭頂部だけが薄毛になりやすい方は、頭頂部を中心に毛が減ります。最初は頭頂部のみの狭い範囲だったのが、時間の経過とともに範囲が広がるでしょう。最終的には側頭部の毛しか残りません。

 

・額が薄くなるタイプ

額の生え際だけが薄くなるAGAタイプもあります。最初は額の範囲が広まっていき、薄毛は頭頂部のほうへと徐々に進んでいきます。最終的には頭頂部タイプと同様に、側頭部しか髪が残りません。

 

・前頭部のみが薄くなる

人によっては、前頭部全体が薄くなるタイプもあります。額の生え際全体が薄くなっていき、最終的には側頭部の毛しか残りません。額の範囲が広くなってきたと感じたら、早めのケアが必要です。

クリニックによるAGAの治療

・毛を生やす治療

毛を生やすための治療は、ミノキシジルが用いられています。ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬でしたが、血管拡張作用により発毛効果も期待できることから、AGAの治療薬としても使われるようになりました。正式に認可されている薬で、医療機関で処方してもらえます。

 

・抜け毛を防ぐ薬

抜け毛を防ぐ薬としては、フィナステリドが用いられています。男性型脱毛症に使える薬で、女性は服用することができません。肝臓に問題がある方は、事前に医師に相談してください。勃起機能不全の副作用は1%以下で割合は少ないですが、症状が見られることがあります。

AGAにかかる治療費の目安

・薬代

AGAの治療は、毎月治療薬代がかかります。薬代の目安は、15,000円からです。クリニックによっても多少異なるため、事前に確認しておきましょう。少なくとも半年は薬を飲み続けなければならず、長期間の薬代を考慮してください。

 

・診察料

AGAクリニックの中には、薬代とは別に診察料を取るところがあります。目安は3,000円からで、それほど高額にはなりません。クリニックの中には無料診察のところもあるため、費用を抑えたい方は調べてから受診しましょう。

 

・検査代

AGAの治療は検査結果が出てから開始となります。初回の診察は検査が必要で、別途検査代を考慮しておきましょう。クリニックによっても異なりますが、初診料と検査費を合わせて10,000円からです。治療前に、AGAが原因で薄毛になっていることを調べる必要があります。

茨城のAGAクリニックの選び方

・副作用のリスクも説明してくれる

AGAの治療は薬を使うため、副作用もきちんと説明してくれるクリニックを選びましょう。持病を抱えている方は薬の服用に注意が必要な場合もあります。治療期間は6ヶ月~1年が目安のため、その間の副作用リスクを把握しておきましょう。

 

・AGA専門クリニックを選ぶ

AGAの治療薬は、皮膚科でも処方することは可能です。しかし、詳しい検査はAGA専門クリニックだとメリットが高いでしょう。専門クリニックなら、AGA治療以外の方法も利用できるため、幅広い施術が選べます。

 

・通いやすいクリニック

AGAはコンプレックスを抱えている方も少なくないため、通いやすいクリニックを選びましょう。AGAや薄毛の文字がデカデカとあるクリニックより、隠れ家的な存在のクリニックのほうが通いやすいです。プライバシーに配慮しているクリニックなら、周りの人にAGA治療をしていることが知られません。

茨城のAGAクリニックの比較は、下記リンクからご覧ください。

まとめ

AGAは治療法も確立しており、早めに対策することで進行を遅らせることができます。
数年で進行してしまう方もいるため、薄毛が気になる方はAGAも考慮しなければなりません。
気になる方は、茨城にあるAGA専門クリニックを受診して、検査を受けてみてはどうでしょうか。