Yokkaichi Jazz Jornal

四日市のジャズシーンを発信するフリーペーパー

四日市ジャズジャーナルとは?

四日市から発信するジャズ文化

県外の方に「四日市ってジャズが盛んですね」とよく言われる。
確かにそうかもしれない。周辺にライブハウスが5軒もあり、ジャズの演奏を聴くことができる。セッションはいつも賑わい、ビッグバンドもいくもあり、プレイヤーの数も多い。四日市JAZZフェスティバルの規模も年々大きくなっている。人口約31万人の街でこれほどジャズが盛んなのは珍しいのではないだろうか。四日市にはこれだけのジャズ文化があるのでもっと多くの人に知ってもらいたいと思い出来たのが"Yokkachi Jazz Journal"です。

配布場所

ライブハウス
Jazz Spot VEEJAY
Salaam
Take Zero
SIXTY SIX
ジャズ道場Groove

お店
Cafe e musica nanan (バックナンバー有り)
Konoha cafe
喫茶 茶道
第一楽器 四日市店
ララスクエア4階広場(デルタスタジオ管轄)

公共施設
四日市市文化会館
三浜文化会館(カルチュール三浜)
すわ交流館
四日市市市役所文化振興課(5階)
市民窓口サービスセンター(近鉄四日市駅1階)

協賛のお願い

四日市ジャズジャーナルは会社ではなく、一個人が発行しています。

また、商業誌でもなく、ジャズプレイヤー・リスナーの皆様、市内のお店様の寄付により出版資金を頂いております。

YJJ継続のためにも協賛頂ければ幸いです。

ワンコイン協賛
1口500円~協賛いただいております。
ご希望の方は巻末にお名前・会社名等掲載させていただきます。

広告掲載で協賛
お店の広告、ライブのご案内などの掲載で協賛して頂く方法です。
ページ内コラム下と巻末下の2スペースがあり、場所のご希望は先着順です。
サイズは縦4.3cm×横14.0cm、料金は\2500頂いております。

お支払い方法

手渡し

「いつも読ませてもらっているから、協力するね」と一番多く協賛頂く方法です。

お会いした時に気軽に頂ければと思います。

服部陽介に会いに行って支援!

PayPal

PayPalアカウントをお持ちでしたら安全で簡単に送金出来る方法です。

クレジットカードがあれば新規登録も簡単です。
PayPalアカウント登録

PayPalで支援!

polca

小規模クラウドファンディングアプリ「polca」にて支援を募っています。

今回は8月号に向けて企画を立てたので、ぜひご支援ください。

polcaで支援!

編集者

服部 陽介

1986年三重県四日市生まれ。

四日市に在住し地域に根ざした活動をしながら、名古屋や関西のビッグバンドに所属し多方面で演奏する。

中学時代にトロンボーンをはじめ、高校時代にベーストロンボーンへ転向し、立命館大学在学中にジャズに出会い、数少ないジャズ・ベーストロンボーン奏者となった。

「京都コンポーザーズ・ジャズ・オーケストラ」「ムーンライト・スウィング・オーケストラ」「名古屋リハーサル・ジャズ・オーケストラ」など様々なビッグバンドに所属し、ライブやレコーディングを行う。

服部陽介ホームページはこちら