~ストック型ビジネスを構築~
新事業コンセプトを創出する
『ビジネスモデル設計の基礎』

2020/6/27(土)
【開始時間】15:00 〜

※WEB会議システム(ZOOM)を
使用したオンラインセミナーです。

PC・スマホなどオンライン環境で
職場・ご自宅から気軽に参加できる内容です。
オンライン
セミナー

コロナショックをうけ
お悩みありませんか?

  • 現状のビジネスモデルに
    【危機感】を感じている。
  • 急激な減収【ダメージ】
    受けている。
  • アフターコロナを見据えた
    新しいビジネス展開を考えている【変化への対応】
  • 新しい取り組みを行いたいが、
    何から取り組んで良いのかわからない...。
  • 長期的【継続性・安定性】な
    ビジネスモデル再構築をしたい。
  • 新しい収益事業【収益の柱】を
    創りたい
  • 新しい収益事業【収益の柱】を
    創りたい

90分で
お悩みを解決する
セミナーです!

このセミナーは
受講者参加型ワークが中心の内容です。
参加者同士の情報交換やシェアタイムなど
是非ご期待ください。

セミナー終了後には講師の直接セッションを
(公開コンサルティング)
受けることができます。

お気軽にご参加ください。

受講後の効果

  • ビジネスモデル設計の【基礎】が学べる
  • 自社コンテンツを活用し【ストック型ビジネス】を構築できる
  • 長期的に継続・安定の【収益事業を展開】できる
  • アフターコロナを見据え【ビジネスモデル再構築】ができる
  • 90分で新しい事業コンセプトが創出できる
  • アフターコロナを見据え【ビジネスモデル再構築】ができる

こんな方が対象です

  • 中小企業の
    経営者及び 経営幹部

  • コロナ特例融資・助成金制度を活用し、
    当面の資金繰りの目途はついてはいる。


    しかし、アフターコロナを見据えた新しい取り組みを検討したいが、
    何から取り組んで良いのか分からない方
  • コロナ特例融資・助成金制度を活用し、
    当面の資金繰りの目途はついてはいる。


    しかし、アフターコロナを見据えた新しい取り組みを検討したいが、
    何から取り組んで良いのか分からない方

現状のビジネスモデルに
危機感を感じている...。

コロナショックの影響を受け
「現状のビジネスモデルに危機感を感じている...。」

これこそ、中小企業の経営者の方が抱える不安ではないでしょうか。

この様な不安を抱える方に、
お役立ちになる事例があります。


私が、独立する以前に勤務していた会社での出来事です。

今から10年程前、携帯電話のトレンドはスマートフォンへと変わりました。

この「トレンドの変化」が原因となり、経営するWEB広告事業が撤退に追い込まれ。他には「法律・法令改正」など、自社ではコントロール出来ない外部からの影響で、

グループ企業全体のうち約32.5%もの主軸事業が撤退に追い込まれる経験をしました。


・スタッフはいるが仕事がない。
・請求書が届くが支払う資金がない。


こんな状況を過去に経験しました。


グループのメインコンテンツは介護事業です。この「自社コンテンツ」を活用し新事業の展開し、「ストック型ビジネスモデル」へ再構築することにより、その危機的な状況を乗り切りました。

この当時の状況が、今回のコロナショックの状況に非常に似ていると感じます。

まさしく、コロナショックも自社ではコントロールが出来ない外部からの影響です。

カリキュラム

  • ビジネスモデル設計の基礎
  • ストック型とフロー型
    2種類のビジネスモデル
  • 長期に安定的な収益を生む
    ストック型ビジネスモデル
  • 継続的に安定した収益
    得るための考え方
  • ターゲットと提供方法の切り口を変える
  • 自社コンテンツを活用し、
    新事業コンセプト創出の方法(ワークタイム)
  • 【事例】介護の自社コンテンツを活用した、ストック型ビジネスの展開 etc..
  • 継続的に安定した収益
    得るための考え方

開催概要

ストック型ビジネスモデルモデル構築セミナー
開催日時 2020年6月27日(土)

15時から16時30分まで
※終了後、質疑応答を受け付けます。
(30分程度)
参加方法 WEB会議システム(ZOOM)を
使用したオンライン参加

※参加用URLについては、
お申込み後ご連絡致します。
参加費用 2,970円(税込み)
(受講料:2,750円
+決済手数料:220円)
定員 先着8名程度
申込方法 こちらの申込フォームより
お申込みください
主催・お問合せ 株式会社G&Cパートナーズ
info@gcpa-inc.com
主催・お問合せ 株式会社G&Cパートナーズ
info@gcpa-inc.com

講師紹介

加納 裕晃
(かのう ひろあき)


多角化戦略コンサルタント
株式会社G&Cパートナーズ代表取締役

講師プロフィール

1985年北海道生まれ。
札幌を中心に老人ホーム運営を手掛ける株式会社ライフドリーム(札幌市)に入社。
経理担当を経て、グループ全体8業種14社の統括管理(経理・総務・法務・財務など)を行う。
社長の直轄プロジェクトにおいて、
100件以上の新規事業を創出することに成功。

当時、ガラケーからスマートフォンへの「トレンドの変化」や「法律・法令の改正」などの外部要因(時代の変化)が影響し、グループ全体の32.5%を占める
主軸事業が撤退に追い込まれる経験をする。

しかしながら、自社コンテンツを活用し、長期的に継続・安定的な収益を得る「ストック型ビジネスモデル」への再構築によって経営の危機的状況を脱する

30歳で独立。中小企業に向け、事業の多角化を通じ、
経営者の描くビジョンを「カタチ」にするコンサルタント会社を設立。

現在、札幌を中心に介護・障がい者支援・建設業など7社の社外顧問を務める。
既存事業の成長戦略に加え、新規事業の展開を支援し、
事業規模の拡大を通じて10年先の「時代の変化」を生き残る事業体づくりをミッションとした取り組みを行っている。

過去、100案件以上の新規事業の創出

これまで、約10年間で通算し、100案件以上の新規事業の創出に携わり、過去、類似の経営危機を乗り切った
多角化戦略コンサルタントの加納裕晃が、

本セミナーでは、コロナショックを乗り切り
さらには10年先の「時代の変化」までを生き残るため。

「ストック型ビジネスモデル」への
再構築に必要なビジネスモデル設計の基礎を学び。

自社コンテンツを活用した新事業のコンセプトを90分で創出する内容です。

コロナショックの被害を受けている中小企業の経営者はもちろんのこと、
アフターコロナを見据えた新しい取り組み検討する方にも、幅広く役立つ内容です。

ぜひこの機会をお見逃しなく。

最後に...

「生き残ることが出来るのは、 変化できるものである」

 この言葉は、 進化論で有名なダーウィンの言葉です。

​時代は変化します。 変化する時代の中で、生き残ること。

​それは、経営者自身、会社自身もまた、 変化する必要がある。

それを象徴する言葉ではないでしょうか。