福岡で外壁塗装業者を選ぶポイント

新築してから年月が経過すると外壁がいたんできますが、再び塗装をすれば新築のようなきれいさがよみがえるでしょう。
ここでは福岡で外壁塗装を検討している方のために、業者の選び方や外壁塗装の流れなどをご紹介します。

外壁塗装業者の選び方

・信頼できる業者か

外壁塗装業者を選ぶには信頼して任せられるところかどうかを見極める必要があり、そのためには基本的な知識を自分もある程度学んでおき詳しい内容を相談できるかをチェックしましょう。具体的な質問をし、それに対して適切な内容で答えてくれた上に親身になって相談に乗ってくれる業者であれば信頼できるでしょう。

・詳細まで書かれた見積か

外壁塗装の金額は建物によって異なるため、一概にいくらと公式サイトなどへ載せることはできません。にもかかわらず一律の金額などが掲載されていれば、避けた方が安心でしょう。そして複数の業者から見積をだしてもらうと良く、その内容が詳しい項目ごとにいくら必要か書かれていれば正当な業者と言えます。

・アフターフォローが確かにあるか

塗装業者の多くはアフターフォローの保証を設けた施工になっていますが、中にはその保証を逃れようとする業者があります。そのため、保証があるだけで安心せずに前もってどのような場合にどう保証してもらえるかを確認しておきましょう。また保証を受けるには業者から渡された書類があることも必要なため、施工後に書類がそろっているかもチェックすることをおすすめします。

・福岡にある業者か

福岡にある外壁塗装業者はいくつもありますが、その中で福岡をメインにしているところを選びましょう。そうすることで地元の人による口コミを聞きやすく参考になります。

塗り替えはいつ頃必要?

外壁塗装をし直す時期は、家全体のリフォームをする時と思っている方が大半ではないでしょうか。しかし実は外壁塗装は塗装後7~10年ほどで行うと良いと言われています。数年の差が出るのは外壁の材質の違いによるためで、サイディングの外壁では10年、モルタルでは7年位でしょう。そのほか板張りの外壁を採用している建物ではさらに短く5年で手入れが必要とされますが、その時に正しくメンテナンスを受けておくとその後は7~8年間隔での塗り替えで良いと言われます。

ただしこの目安期間は建物の立地によっても短くなることがあるため、普段からメンテナンスを行い定期的に建築会社のチェックを受けておくと安心です。また例えば家の外壁に触れた時白い粉が手についたりひびを見つけたりした時は塗り替えの時期が近いと思って準備を進めましょう。

福岡で人気の色は?

・ベージュ系

あらゆるカラーの中でもベージュ系はあたたかみがあり優しいと感じやすい色で最も人気がを集めています。そしてベージュ系の他にクリーム系、アイボリー、オフホワイトと言った表現をする外壁塗装業者もあり、どちらも同じような色をさしています。なぜベージュ系が人気かと言うとやはり安心感で、帰りたくなるような家の雰囲気をつくり、周囲にも比較的ベージュ系の外壁を持つ家が多いことから景観を損なわないことも特徴です。また、ベージュ系はホワイトに比べて汚れが目立ちにくいメリットがあることも人気の理由でしょう。

・ブラウン系

ベージュ系に次いで人気の外壁カラーで、ベージュよりも大人っぽいという特徴があります。もちろんベージュ系との相性も良いためブラウン系を合わせる塗り方も良いでしょう。またベージュ系よりブラウン系の方が汚れが目立ちにくいことも特徴です。

・パステルカラー

優しい印象のパステルカラーを外壁塗装のカラーに選ぶ人も増えており、オレンジやピンクなどの暖色系、ブルーやグリーンの寒色系のどちらも選ばれています。もしこれらの色が原色であれば奇抜で周囲から浮いてしまいやすいですが、パステルカラーにすると柔らかい印象になるため、選びやすい色でしょう。

外壁塗装の流れ

福岡で外壁塗装を依頼したら1日目には臭いなどの影響を考えて近隣住民へあいさつ回りをできれば自分で行いましょう。そして1~2日間で足場ができあがり、その後1日で外壁などの汚れを落とします。塗装の作業は範囲にもよりますが6日程度で最終点検を1日かけて行えば塗装は終了で、別の1日で足場を解体して終了です。塗装工事が終わったら近隣住民に作業を終えたことを報告するあいさつ回りを行っておくと丁寧でしょう。

福岡で建物の外壁塗装業者へ塗り替えを依頼する時は、まず複数の業者を見比べてみましょう。
そのための詳しい情報は以下のサイトをご覧ください。

福岡での外壁塗装業者を選ぶポイントについてはこちら

まとめ

福岡で外壁塗装を考える時は、まず信用できる業者かを見極めて詳細な見積があるかやアフターフォローについてをチェックしましょう。もし外壁塗装の時期に迷っていれば、7~10年ほど経過しているか触った時に白い粉が付くことはないかを確認することです。また外観が周りに合うことも考えて外壁のカラーを選び、周囲へあいさつをした上で外壁塗装を始めると安心でしょう。