ケロイドの治療を諦めない!
京都でおすすめのクリニックはここ

肌にできたケロイド。そのまま放っておいても基本的に症状がよくなることはありません。本格的にケロイドを治したいならケロイド治療を専門としているクリニックに通うべきでしょう。この記事ではケロイドの原因や、ケロイドを治療するクリニックの選び方をご紹介します。

ケロイドが発生する原因

いつの間にか肌に赤い膨らみができて、それがなかなか治らないのがケロイドの特徴。まずはケロイドの原因を探っていきましょう。

・基本的な原因は傷
ケロイドはニキビの跡、手術跡、ピアスの跡などの傷が原因となることが多いです。また、虫刺され、予防接種などによる小さな傷だとしても体質によりケロイドが発生してしまうため注意が必要です。

・体質や遺伝、肌の色も影響する
ケロイドは特に肌の色が濃い人に現れやすいほか、体質や遺伝が影響します。

・ケロイドは予防できる
ケロイドは傷が原因となり発生しますが、この傷を専用のテープで覆うことによりある程度の予防ができるようです。特に手術後にできた傷に効果があるようで、傷を摩擦・伸展刺激(皮膚が引っ張られることによる刺激)から守ることができます。細かな傷はなかなか気が付かないので予防がしにくいのですが、明らかな傷から発生するケロイドはこのような方法で予防できるのです。

ケロイドはどうやって治療する?

ケロイド治療にはさまざまな方法が用いられます。この項目ではその一部をご紹介します。

・手術
ケロイド部分を切り取り、周辺の皮膚を縫うことにより再発を予防する方法です。手術後は内服薬を用いるほか、放射線を照射することにより症状の改善を目指します。ただし、放射線による治療は比較的新しくできたケロイドには効果がありますが、前からあるケロイドには効果が薄いようです。

・ステロイドによる治療
一般的にステロイドは炎症を抑えるものですが、ケロイドにも効果が認められています。ステロイド剤には塗り薬をはじめとして、テープ剤、注射などがありますが、この中では特に注射による治療が選択されることが多いようです。

ケロイド治療にかかる費用

ケロイドの治療費については症状によって異なるので一概には言えないのですが、とある患者さんは外科手術と放射線治療を組み合わせておよそ5万円程度かかったそうです。治療を進める上で注意してもらいたいのが、健康保険を適用できるかどうかという点。健康保険が適用されないと治療費は全て自己負担となってしまうので、かなりの高額に。健康保険を適用できる治療を行ってほしい場合は、治療を行う前に医師に相談するといいでしょう。

また、高い医療費を支払った場合は確定申告をすることによりその一部が控除されます。制度の利用には条件があるので、詳しくはお近くの税務署にお問い合わせください。

ケロイド治療のクリニックを選ぶポイント

勇気を出してケロイド治療を行ってもらおうと決めたものの、どんなクリニックを選んでいいのか分からないですよね。この項ではケロイド治療の際に通院するクリニックの選び方を簡単に紹介します。

・保険内で治療することができるか
自分の肌を少しでも綺麗にするならある程度の出費は仕方ないかもしれません。でも、ケロイド治療だけにお金をかけるわけには行きませんよね。そこでポイントとなるのが「保険内での治療」にクリニックが対応しているかです。保険内での治療を行ってくれるなら治療費をセーブすることができます。保険診療を行ってくれるかどうかはホームページに記載していることが多いので、事前に確認してください。

・カウンセリングを行ってくれる
ケロイド治療を行うのは初めてという方は、どのように治療を進めるのか不安に感じることもあるでしょう。そんなときはカウンセリングを行っているクリニックがおすすめ。専門家から直接アドバイスを受けることができれば、治療に対する不安を払拭することができるでしょう。また、カウンセリングに対応しているということは、患者が抱えている不安を丁寧に解消していくという意思表示でもあるのです。

・症状に対する治療実績は豊富か
ケロイド治療と一言に言っても、その内容は多岐にわたります。そのため、どれだけの症例数に対応しているかというのもクリニックを選ぶ上での重要なポイント。対応症例数はアピールポイントとしてクリニックのウェブサイトに掲載されていることがあるのでチェックしてみてください。
以下に京都でおすすめしたいケロイド治療を行うクリニックの情報をまとめました。
お近くにお住まいでケロイドに悩まされている方は参考にするといいでしょう。

見出し

今回は、ケロイドの原因やケロイド治療を行ってもらうクリニックの選び方について
簡単にご紹介しました。
ケロイドの規模によっては長期間の通院が必要となるので、
クリニック選びは慎重に行うべきでしょう。