はじめに

 2017年度から八王子市でのがん検診率向上、神戸市での糖尿病重症化予防のSIB事業が始まりました。また、未来投資戦略2018では成果連動型民間委託契約の推進が盛り込まれ、今後政府主導で評価指標の標準化、契約条件等に関する分野別のガイドライン策定などが実施される見込みです。

 2018年度も経済産業省、厚生労働省、複数の自治体がプロジェクトの立ち上げを準備している中、国内の成果連動型事業の更なる質・案件数を向上する必要性が更に高まっています。そこで、中間支援団体として米国で最多の成果連動型事業組成に携わっているサードセクターキャピタルに、FS調査、事業構築、社会的インパクト評価、財務分析、ファイナンス、契約手続き等、成果連動型事業の案件組成プロセスに関する知見、ノウハウを共有していただく研修を以下の通り開催致します。

 是非ご参加ください。

開催概要

日時

<大阪>2018年7月30日(月)、31日(火) 10:00~17:30、2日目終了後懇親会
<東京>2018年8月2日(木)、3日(金)   10:00~17:30、2日目終了後懇親会

場所

<大阪>グロービス経営大学院 大阪校
    〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-1-1 新大阪阪急ビル4F
    https://mba.globis.ac.jp/osaka/access.html

<東京>笹川平和財団ビル 国際会議場
    〒105-8524 東京都港区虎ノ門1-15-16 笹川平和財団ビル
    https://www.spf.org/profile/access.html

対象

・既に成果連動型事業やソーシャルインパクボンドに取り組んでいる、又は検討に着手している方
・主に中間支援組織や事業者等、案件組成の主体の方を対象とした内容ですが、自治体、投資家の立場の方も参加可能です。
・参加申し込みの際に取り組んでいる or 検討中の案件概要を提出頂き、主催者で参加の適性を判断させて頂きます。
・定員30名/箇所
・同時通訳がつきます

参加費

・お一人様あたり2万円
(お振込み先等詳細は申し込み頂いた後に個別にご案内させて頂きます)

内容

・成果連動型事業の案件組成プロセスに関する研修
 ※FS調査、事業構築、社会的インパクト評価、財務分析、ファイナンス、契約手続き等
・詳しくはこちらから。
サードセクターキャピタルパートナーズと講演者の紹介

 Third Sector Capital Partners

サードセクターキャピタルパートナーズは2011年に米国で設立された非営利のアドバイザ
リー会社。SIB を始めとする契約上及び財政上のインセンティブを用いて公共サービスの質の向上を図る成果連動の公共事業を中心として公的資金をより効果的な課題解決に繋げる為の様々な活動を行っている。ボストン、サンフランシスコ、ワシントン DC にオフィスを構え、約 40 人のスタッフが業務に当たっている。

Kevin Tan氏

サードセクター・アジア 創業者

 2015年にサードセクターキャピタルパートナーズに入社。ヘルスケア、若年者就労、幼児教育、ホームレス問題、刑法犯領域などの複数のSIBに関与し、初のSIB投資先となったソルトレイク群のプロジェクトにも携わった。サードセクター入社以前はイスラエルやシンガポールなどにおいてSIBのフィージビリティ調査のアドバイスを行っていた。SIBのアジア地域への導入についてハーバード・ビジネススクール、シンガポールのスラッシュアジア、中国の国際フィランソロピー基金などにおいて招待講演者を務めた経験を持つ。
 ハーバード大学ケネディースクールの MPP、オックスフォード大学の哲学、政治、経済専攻修了。

東京会場
会場住所
東京都港区虎ノ門1-15-16 笹川平和財団ビル

東京会場

大阪会場
会場住所
〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-1-1 新大阪阪急ビル4F

大阪会場



大阪会場